内科一般 – おすすめ教科書

このページでは内科一般の教科書を紹介しています。

学生や研修医レベルの一般内科の教科書ということに関しては、ある程度絞られています。

各内科の専門分野ごとの教科書となると、内容が深すぎて、学生や研修医レベルでは少々持て余してしまうと思います。

ですから学生の病棟実習や、研修医で内科をローテーションする際には、まず基本となる内科一般の教科書1冊持っておくことをお勧めします。

★★★ 臨床医マニュアル

1600ページにも及ぶ、臨床医学の総合的テキスト。内容としては、臨床現場で知っておくべきことが網羅されている。問診や在宅酸素療法などについても詳細に説明してある。

各疾患については、診断、身体所見、治療など臨床医学に重点をおいて説明されており、使用する具体的な薬剤とその用量までが書かれている。

各疾患の説明は文章で構成されており、一見して理解できるものではないため、病棟でじっくり読むのが適当。

★★★ 新臨床内科学

内科学の一般教科書・医学書。

縮刷版の最大の利点は扱いやすいことである。机においても、ページを探してもつらくない。文章、イラスト、写真のクオリティは高く、レイアウトもきっちりしている。

内容量は申し分なく、強皮症の項目では分類、イラスト、写真を交えて5ページに渡って説明があり、少し詳しすぎると思えるほどである。

小児科、産婦人科は掲載されていないが、内科系の分野はこの教科書で事足りる。

★★☆* ハリソン内科学

3000ページにも及ぶ内科学の名著で、現在まで原著は20版前後まで出版されている。間違いなく、内科学書の中では一番である。

ただし、冒頭にも書いた通り、学生や研修医レベルという点では内容が深すぎる。確実に持て余してしまうため、★は2つとした。もちろん内科学書一般という点では、★3つである。

内容は常に最新のものとなっており、臨床で役立つ実践的な内科学書である。

疾患の治療に関する説明は、薬剤の選択、薬理作用、副作用などが非常に詳細に書かれており、これらをまとめただけでも1冊の薬理本になりそうな勢いである。HIVや肝炎の治療に関しては読めたもんではない。

分冊になっているとは言え相当ボリュームがあるので、携帯には向かない。内容量、重量感から考えてもあくまで辞書的に使うべき教科書である。

★☆☆ 内科ハンドブック

コンパクトな内科マニュアル。530ページだが、教科書自体はB5サイズで1ページあたりの文字数も少ないので、情報をたくさん詰め込んだ印象は少ない。

ポケットサイズのレジデントマニュアルよりは情報を多く、それでいて一般的な臨床マニュアルよりはコンパクトに、文章量を少なくしてまとめられている。具体的な治療法、薬物選択なども掲載されており実際の臨床で役立つ。

教科書以上の内容は書かれていないので、少し物足りなく感じてしまうかもしれない。学生実習~初期研修の最初に役立つハンドブックだと思われる。

 

★☆☆ 内科診断学

各内科疾患を、診断に焦点を絞って解説している。

本書のはじめの方には症候について多くのページを割いて解説されている。各疾患については診断についての解説が8割程度であり、治療についての解説は基本方針を示すのみにとどまっている。

画像は少ないが、テーブルは多い。本書が診断学に焦点を絞っている所以だろう。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。