大学病院のお給料は不当に安い

私も大学病院で勤務したことがありますが、大学病院の給料は恐ろしく低いです。

大学病院の時給は1000-2000円くらい

私が大学病院で働いた当時の時給は、わずか1,500円でした。

契約書にそう書いてあるんです。君の時給は1.500円って。

もはや海外だと、ブルーカラーでも時給2000-3000円くらいが当たり前ですから、日本の医師が1.500円て聞いたら卒倒しちゃうでしょうね。こっちが卒倒したいですが。

さて、大学病院の中にはコンビニエンスストアが入っていましたが、そこで夜間に働いているアルバイト店員の方が、責任は軽く時給があまり変わらないと言うありえない現象が起きていました。

レジ打ち間違えたら、申し訳ありませんで済みます。でも薬を間違えて患者が死んだら、1億円です。はぁ、時給1.500円だと支払うのに一生かかりそうですね。

医者として訴訟のリスクを抱えながら働くよりも、同僚と談笑しながら働くコンビニエンスストアの店員の方が、時給が高いなんてありえないですよね。

そりゃあみんな医局辞めたくなりますわ。

医者が医局を辞めたくなるとき

大学病院の給料は、新卒の初任給なみ

例えば大学病院で働き始めて初めての支給された給料が、手取りで月18万円でした。

同じだけ一般病院で働いたとすると、後期研修医ということを加味しても、月に60万円-80万円位もらえるはずなのに、たった18万円しかもらえませんでした。

これに時間外手当がつくことがあるので、普通に働いていれば手取りで20-30万円くらいといったところでしょうか。大学病院でも少しは幅があるようです。

この頃は週に1度のアルバイトもできないですから、ひたすら当直バイトに行くわけです。月の時間外労働は100時間なんて当たり前です。過労死レベルです。

大抵は年次が上がってくると、近くの病院にアルバイト・出張と称して、週に半日〜1日くらい出張にいくことができます。ここでの給料は1日5-10万円くらいなので、収入としてはこれを加味して月に60-80万円くらいまでは到達します。

なぜ大学病院の給料は安いのか

これは単純に大学病院が研究や教育と言う使命も請け負っており、その分医者の数が多くなっているからなんですかね。

一方で治療している患者さんの数は、医者の数に比べて圧倒的に少ないので、病院の収益を考慮すると、一人当たりの医者の収益はどうしても少なくなってしまいます。

ゆえに医者一人当たりに対して月20数万円しか支払えないと言うのは、決して医者をいじめているわけではなくて、病院の経営を維持する上では、ある仕方ないわけです。ただ、正当な対価ではありません。

そのことに気づいた医師は、医局に入らないか、医局の用が済めば、どんどん出て行きます。これは正しい選択です。

大学病院の抱える矛盾

しかしながら同じ分だけ仕事をしていても、街の中にある病院ではたくさんのお給料がもらえるのに、大学病院では少ししかもらえないと言うのは、なんともおかしな話です。

このような矛盾は多くの先生が口にしていますが、現実を変えることができずに、何十年も同じような状況が続いてきました。

もちろん医者の中にはこのような状況をおかしいと感じる医師もいて、大学病院には残らずに早々と一般病院に就職してしまう先生もおられます。

研究とか、教育は大学病院かそれに準ずる施設でしかできないので、それらの仕事がある、という点では大学病院は魅力的なのかもしれませんけれど・・・。

金銭的な面では大学病院は大きな矛盾を抱えているわけです。

今後の展望

このような矛盾を抱えている大学病院ですから、今後も医局離れは進んで行くでしょう。

矛盾を抱えた組織が、持続可能であるためには、その矛盾を乗り越えるだけりのメリットが必要ですが、そのメリットも年を追うごとに薄れつつあります。

先生、まだ医局辞めてないんですか?

ドクターズマガジンを無料で購読
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。