女性医師が早くに子供を産むべき理由を考える。出産のタイミングは難しい




女性医師がいつ子供を産むべきか、これは難しい問題です。

一般企業で働いているキャリアウーマンと同様に、キャリアをとるか家庭をとるか、という女性にとっては避けられない問題に直面するわけです。

ここでは女性医師が働き始めてから、なるべく早めに子供を持つべき理由について考えてみたいと思います。

年齢の問題を考えると出産は早い方が良い

出産には年齢のタイムリミットというものがあります。

20代よりは30代女性の方が妊娠しにくいことは広く知られていますし、40歳前後になれば自然妊娠をするのはかなり難しくなります。

日本生殖医学会のホームページを参照すると、40代前までは年齢の増加に伴う妊孕性の低下は緩やかですが、40歳を超えてくると妊孕性はガクッと下がります。

妊孕率は、女性1,000人あたりの出生数(17~20世紀のアメリカ、ヨーロッパ、イランなど10ヶ所のデータ:Henry, L. (1961). Some data on natural fertility. Eugenics Quarterly, 8(2), 81-91.)を元に、20~24歳を100%として計算した。年齢の増加に伴い(特に35歳以降)妊孕率の低下が認められる

自然妊娠ということを考えるのであれば、20代に妊娠・出産を考えるのが最も確率が高いといえます。

子持ち女医さんは面倒な仕事をしなくて良い

また、女性医師のうちでも小さな子供がいる医師の方が、労働環境では優遇されることが多いかと思います。

例えば小さい子供がいるときは、土日の当番や当直業務を免除されることが多いですし、日中の外来、検査に関しても負担が軽減され、夕方ぐらいには仕事が終了するように調整されます。

雇用形態に大きな違いがなければ、給料はほとんど変わらないですし、仮に非常勤の勤務であってもお給料は大差なく、時給の点では常勤医よりも上回っていることが多いかと思います。

負担が軽減された分の仕事は、残りの常勤医が負担することになるのであり、独身の女性医師や男性医師にとってはなんとも不満のでやすい現状なのです。

一方で女性側の視点に立てば、自らの労働時間を減らしなが、子育てに専念できると言う点で、非常に恵まれた環境であると言えるでしょう

問題の本質は、労働時間の差があるにもかかわらず、それを給与に反映させない病院側の姿勢であり、時間外の業務や休日労働などを、極めて安い賃金で強制的に行わせている病院側の姿勢に問題があるといえます。

常勤とアルバイトだと、アルバイトの方が稼げる医者の不思議

2018.02.21

早くに出産することは臨床能力の不利にはならない

医者になってすぐの間に結婚・妊娠・出産を経験することのデメリットは、医者としての経験を十分に詰めないのではないか、という懸念に由来しているものかと思います。

しかしながら長い目で見た時、一般病院で勤務医として働く分には、妊娠出産する時期はあまり関係ないとは思われます。

医者としての経験年数が1年か5年かでは、その臨床能力には大きな差があるでしょうが、10年と14年では、その差はほとんどないと言って良いでしょうね。

つまり40歳や50歳のお子さんがいる女性医師ということを考えると、子供の有無にかかわらずこの先生は仕事ができる、できないは、ほとんど意識されないわけです。

長い医師人生の中では、女性医師にとっていつ子供を産むべきかというのは、たいして大きな問題ではないというのが率直な感想です

業績を積んでの出世は難しいかも知れない

一方でキャリアを積んで、アカデミックセンターでの出世を目指すのであれば、子供をいつ産むか以前に、子供を持つべきかどうかを考える必要があるでしょう。

大学病院や医学部の研究室で業績を積んで、教授などへの出世を目指すのであれば、家のことは構わずに研究に専念できる体制が必要です。

医療業界は依然として旧態依然の男社会であり、妊娠・出産でブランクができてしまう女性医師にとっては、教授職への出世はかなり難しいのが現状と言えるでしょう。

まとめ

女性医師にとっていつ子供を産むべきか、というのは永遠に難しいテーマです。

迷ったら後先考えずに子供を産むというのが、良いかなと思っています。

女性医師における妊娠と出産の難しい問題。キャリア or 家庭のジレンマ

2017.08.24

Sponsored Link







関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。