性病の有無は毎年の健康診断ではわからない。専門の医療機関を受診する必要があり

社会人になって働くにあたり、企業に就職する際、また勤務している際には、健康診断を受ける必要があります。

法律に定められている以外にも、自分の身を守るためにも、年に一度の健康診断は必ず受診するべきです。

しかし、近年流行している性病に関しては、健康診断で発見されることはほとんどありません。

健康診断を受けなければならない根拠

なぜ労働者は健康診断を受ける必要があるのか。

それは労働安全衛生法に基づいて、事業者は労働者に健康診断を受けさせなければならないからです。

労働安全衛生法:第 六十六条
事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師による健康診断を行なわなければならない。

第 四十四条
事業者は、常時使用する労働者(第四十五条第一項に規定する労働者を除く。)に対し、一年以内ごとに一回、定期に、次の項目について医師による健康診断を行わなければならない。既往歴及び業務歴の調査自覚症状及び他覚症状の有無の検査身長、体重、視力及び聴力の検査胸部エックス線検査及び喀痰検査血圧の測定貧血検査肝機能検査血中脂質検査血糖検査尿検査心電図検査

厚生労働省

健康診断が病気を発見するための万能な検査、とまでは言えませんが、もっとも基本的かつもっとも必要な検査であることは確かでしょう。

神殿、胸部X線、尿検査などで引っかかる病気は自覚症状が乏しいことも多く、健康診断で発見されることもしばしばです。

外来に紹介されてくる患者さんの中には、健康診断が発端となって病気が疑われ、近くのクリニックで精密検査を行い、そこで病気が発覚するという患者さんもけっこうおられます。

ですから、実際に病院で働いていると、健康診断がいかに病気の早期発見に大切であるかということを実感するのです。

性病の有無は健康診断ではわからない

性病などの疾患に関しては、一般的な健康診断で見つかる事はまずないでしょう。

健康診断では基本的な検査しか行われませんから、重篤な症状でなければ性病であるかどうかはわかりません。

ですから、性病があるかどうかということに絞って、専門的な検査をする必要が出てきます。

本来は何か重篤な症状があったりとか、病気の心配がある場合には、まず病院に行って医師の診察を受け、必要な検査を行うことが大切です。

まずは病院に行くのだ第一番

自分は性病かも?と思ったら、まずは泌尿器科を受診することが最優先です。

泌尿器科の医師は男性器・女性器に関しては毎日の診療で気にかけている部分でしょうから、異常があればすぐにわかるはずです。

また性病は、肝炎ウイルスやHIVを除い、たクラミジア、梅毒などは皮膚感染症でもありますから、皮膚科を受診することでも正しい診断を得ることができるでしょう。

最近では郵送で性病を検査することもできるようになっている

しかしながら労働者にとって悩ましい問題なのは、病院に行く時間がない場合も多いことです。

今の世の中は便利になりました。性病の検査くらいであれば、病院に行かなくても検査を受けることができるようになっているのです。

STDチェッカーのサイトでは、自宅に送られてきた検査キットを用いて、自らが性病を有しているかどうかを検査することができるようになっています。

またこれは驚いたのですが、専用のキットを用いて指の先から少量の血液を採取し、肝炎ウイルスやエイズウイルスの有無まで検査できるようになっています。

自分で検体を採取するとなると、どうしても正しく取れているかどうかが不安なところでありますが、血液を採取するのであれば、間違いようがありません。

もし病院に行く時間がなかなかとれないとか、泌尿器を受診するのが恥ずかしいというような場合には、郵送での検査を是非おすすめしたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。