教授に対する便宜で出世が決まった時代もあったそうです

飲み会の席などでは、先輩の先生方の時代の、お話を聞くこともあります。お金に関して驚くような風習があったことを思い知らされることもあります。

学位審査・取得における教授への便宜

例えば大学院の学位審査・取得においては、学位を取らせてくれてありがとうと言う名目で、所属している医局の教授にお金を包むこともあったようです。

有力大学で多くの関連病院を持っている医局などでは、包んだ金額によって、勤務する関連病院が決まったこともあったようです。

場は、おおよそ軽自動車1〜2台くらいだそうです。厳密に言うと、これらは不正な資金の流れであったかもしれません。

ただお金の移動が、組織の外から中や、中から外ではなく、組織の中で完結してしまうお金の移動であったので、表に出ることが少なかったのかもしれません。

今現在では、このようなお金を包むと言う習慣はほとんど聞きません。

もし裏切り者の医局員がいたとして、この事実をパワハラとして大学の部局や週刊誌などに訴えてしまえば、おそらく金銭に対する無言の強要ということで、相当な処分を受けるでしょう。

今の時代は、なかなかやりにくいのかもしれません。

結婚式における金銭の授受

医局が絡むような結婚式においても、金銭の授受が、その後出世に影響したと言われたこともありました。

よく言われるのは、結婚式でのスピーチをする教授に対して多額の金銭を支払い、その金銭のうちの一部をご祝儀として新郎新婦に渡すと言うやり方です。

このようなシステムを取ることで、忙しい教授が結婚式にやってくる口実になりますし、新郎新婦としても過大な気を使う必要がなくなります。お金で招待しているということですからね。

最近ではそのようなしきたりも下火に

10年位前に結婚した先輩の話を聞くと、そういうようなしきたりはもう既になかったようです。特に医局に対して金銭を支払ったという事実もないようですね。

ただこれが20世紀の、有力な大学病院の医局においては、ごく当たり前に行われていたようです。

この習慣も、お金の流れが組織の内側で完結してしまうので、あまり表に出てくることはないのかもしれません。

崇学位審査のときのお金の流れと同様に、パワハラだと言って本気になって訴えれば、辛くお金を受け取ったのは処分されてしまうでしょうね。

そういう意味では、若手医師にとっては良い時代になったと思います。

医局内の人間関係もゆるやかに

少し前までは、金銭の授受が公然と行われる位でありましたから。医局内の普段の仕事における上下関係というのは、相当なものであったことが想像されます。

勤務する病院や仕事の内容について、医局員が教授や医局長に逆らうことはできなかったでしょうし、治療方針についても同様でしょう。

自由闊達に意見を言えるような環境が求められる

ただ医学というのは、突き詰めるとサイエンスであり、誰もが自由に発言できる環境というのは非常に重要です。

経験があり、知識のある人間の発言というのが必ずしも真実でない事は、多くの歴史や証明してるところがあります。

徐々に変化する時代の圧力を受けて、徐々に変わってきた大学ではありますが、誰もが働きやすい環境を目指して、一段と変革してくれることを望んでいます。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。