独身男性医師におくる医師専門婚活サービスのすすめ

結婚するお相手として女性に人気の医師ですが、独身の男性医師は結構多いですよね。

男性医師といえども、医師としての経験年数が多くなると病院内の出会いは限られきます。

男性医師の結婚事情や、男性医師の奥様に求められる条件について考え、おすすめの医師専門の婚活サービスについて解説していきます。

男性医師の結婚事情

医学生時代

学生時代に結婚するに医学部生、医師は、稀な存在といって良いでしょう。

医学部の男性がおつきあいするお相手は、たいてい同じ大学の医学部女子だったり、学年の違う医学部の女性だったり、そのほかクラブ活動で知り合った看護学部や薬学部の女性だったりするわけです。

積極的な男性の中には、異なる大学の医学部の女性とお付き合いしているとか、アルバイト先で知り合った女性と交際している方もおられるかもしれません。

そういえばアナウンサーの肩書きを持った女性とお付き合いしていた勝ち組の医学部生もいましたね。

しかし結婚となると、学生時代には仕送りを受けて生活を送っている医学部生が大半でしょうから、相当に勇気がいりますね。

また今後控えている医師国家試験、初期研修医、医局入局はビックイベントであり、医師としての進路も不透明な部分も多いところです。人生の一大決心をするにはそれなりのリスクを伴います。

女性の医学生のうち再受験生であって、年齢的に出産のリミットが迫っているような場合には、医学部を休学して出産に挑んでいる女性もおられました。

ただ男性医師の場合には出産のリミットは存在しないでしょうから、これは例外的なケースと捉えるべきでしょう。

したがって、結婚を前提におつきあいしている男女であっても、とりあえずは医学部を卒業してから、結婚について真剣に検討するカップルが多いのではないでしょうか。

初期研修医から後期研修医時代

男性医師のうち、結婚する割合が最も多い時期と言えるでしょうか。

上に述べたように、学生時代にお付き合いを開始したカップルであって、研修医になって結婚を決意するパターンは多くあります。

また初期研修医時代には各診療科をローテーションしますから、必然的に出会いが多くなります。特に初期研修医の出会いの中で主役となるのが、病棟にいる若い看護師さんです。

病棟の若手看護師さん。かわいいですよね。

2ヶ月とか3ヶ月ごとに診療科をローテーションし、その度に同年代の看護師さんと知り合っていくわけですから、毎月が婚活パーティーみたいなものです。

この出会いを悪用する困った研修医諸君もいるわけですが、逆に看護師さん側に巧みに利用されることもありますから注意が必要です。

男性研修医の中にはそんな看護師さんとお付き合いを始め、ストレートで結婚に至るケースが数多くあります。だいたいお付き合いを始めてから1-2年くらいで婚約しているカップルが多いでしょうか。

結婚に至るまでの過程でどのような圧力があったのか定かではありませんが、彼らは早ければ初期研修医時代、遅くとも後期研修医時代にはゴールインしているようです。

また数は多くありませんが、研修医時代に知り合った同年代の女性医師と結婚する男性医師もおられるでしょうか。10歳以上年下の女性医師にアプローチして結婚するなんていう、嘘のような話もぼちぼち聞きます。

このように初期研修医時代や、後期研修医時代に結婚する男女は非常に多く、医師が結婚する時期としては最もポピュラーな期間になるのではないでしょうか。

研修医も終わると、病院内の出会いは限られてくる

医師としての経験年数を積むに連れて、結婚する男性医師の絶対数は右肩下がりの傾向にあるかと思います。

特に後期研修にはいってからは、病院の異動に伴う新たな出会いはある一方で、初期研修医時代に比較すると女性との出会いはかなり限られてきます。

複数の診療科をローテーションすることはないですから、病院内において結婚を前提にお付き合いするような女性と出会うのも難しくなってきます。

体感的にも研修医時代には頻繁にお呼ばれしていた結婚式にも、なかなか招待されなくなってきます。

特に30代を超えるころになると、結婚した男性医師の話題を耳にする機会は随分と少なくなります。

出会いを求めて婚活サービスを利用する

医師としての経験を積むと、病院内での出会いは限られてきます。また病院内での職場恋愛はなるべく避けたい、というようなニーズもあるでしょう。

しかし医師は所詮病院の中で働く生き物ですから、病院外の出会いということになると、合コンに参加するとか、友達の紹介とか、出会いの手法はかなり限られてきます。

そんな中で是非おすすめしたいのが、婚活サービスを利用することです。

現在は婚活ブームとよばれるように、地域レベルから全国レベルまで、数多くの婚活サービスが玉石混合に展開されています。どのようなサービスを選択すれば良いのでしょうか。

男性医師の妻に求められる素養

ここでは少し見方をかえて、男性医師の妻に求められる、一般的な素養について考えていきましょう。

一番大切なのは、医師という職業の忙しさを理解してくれる女性であることです。

医療とは縁のない女性と結婚した男性医師の行動をみていると、いろいろと苦労されているようです。

休日くらいは家にいて欲しい、飲み会は早く帰ってきてほしいなど、医師として働いていると如何ともしがたい事情について注文をつけられることもあるようです。

医師は休日であっても病院に行く必要がありますし、飲み会だって断れる案件ばかりではありません。問いつめられてしまうと、困ってしまいますよね。

どうして家事を手伝ってくれないのか」とか「早く家に帰ってきて子育てを手伝って欲しい」といわれてしまうと、職場と家庭の間で板挟みになってしまいます。

男性医師の配偶者の職業は、女性医師から看護師、専業主婦まで様々なわけですが、医師としての不規則な働き方に理解があるのは、幸せな結婚生活を送る上で、もはや大前提であるといえるでしょう。

したがって結婚するにあたっては、多少なりとも医師という職業に理解のある女性の方が好ましいかもしれません。

そんな中、数ある婚活サービスの中で、是非ともおすすめしたいのは医師専門の婚活サービスです。

医師専門の婚活サービスというと、医師の肩書に惹かれて登録している女性がおおいかと思いきや、必ずしもそうではないようです。

このたび医師専門の婚活サービスにおいて有名な、フェリーチェの担当者の方にお話を聞く機会がありましたので、ご紹介いたします。

医師専門の婚活サービス:フェリーチェ

男女会員の概要

フェリーチェに登録されている男性会員は、歯科医師や研修医を含む医師のみです。

男性会員の年齢層は30代が全体の半分以上を占めていますが、担当者の方のお話によると、ここ数年は20代から30代前半の登録者の方も増えているとのことです。

若い世代の医師であっても婚活サービスを積極的に利用しようとする流れがあるのかもしれません。

登録している女性会員のうち、3割は女性医師であり、5-6割はご両親が医師など、ご家庭が医師と何らかの繋がりがある女性らしいのです。

これらの女性は経済的には恵まれているでしょうから、必ずしも医師に対して経済的なアドバンテージを求めているわけではないのでしょうか?

医師という職業が身近であるとか、人生の伴侶として頼りになるとか、医師に良いイメージを持っている女性ということなのでしょうか。

実際の婚活の流れ

フェリーチェに登録すると、まずはコーディネーターの方と面談することになります。

そこでは基本情報となる生い立ちや性格など、婚活にあたって必要になる情報を提供することになります。

なお登録している男性医師は基本、入会費・月額費などの費用は一切かからないとのことです。

作成されたプロフィールを元に、まずは女性会員に情報提供を行います。この際には名前、勤務先、大学名などは提供されず、個人を特定できるような個人情報は提供されないそうです。

このあたりの配慮は、医師専門の婚活サービスだからこそ配慮できる部分でしょうか。

もし女性会員がプロフィールに興味を持ったのであれば、女性のプロフィールが毎月1名以上届くようです。

そこで男性医師側も女性のプロフィールに興味があり、お会いすることになった場合に初めてお見合い費用として1-2万円がかかるようです(女性医師の場合は2万円とのこと)。

最初の顔合わせはホテルのラウンジやティールームなどをセッティングしていただけるようであり、まずはその場でお互いのフィーリングを確認していくかたちになるようです。

もしお会いした女性と意気投合し、交際に至った場合には女性の紹介はストップします。

幸運にもお二人の意思が固まり婚約に至った場合には、成婚料として20万円が必要になります。ちょうど成功報酬として婚活サービスに支払う最後の費用となるそうです。

フェリーチェを利用することのメリット

フェリーチェに登録することのメリットの一つは、より理想に近い形で女性との出会いを実現できる可能性があることでしょうか。

登録されている女性の8-9割は自らが医師だったり、医療職の方、または医師が身近な存在の家庭ご出身の女性だったりするわけですから、思わぬ時間外労働や休日の呼び出しに関しても大いに理解のある女性が多いのではないでしょうか。

それに男性会員は全員が医師ですから、医師という肩書きを外した上での婚活を行うことができるでしょう。性格や価値観の一致をより重視したマッチングを行うことが可能になるのではないでしょうか。

そのほかにも、医師という職業に最大限の配慮がされていることも、大きな魅力に感じました。

婚活サービスが女性会員に情報を提供するにあたって、個人を特定できるような情報が提供されることはありませんから、安心して婚活を行うことができますね。

また特定の女性会員に同じ医局の複数の男性医師を紹介することはないとのことであり、同僚の男性医師から「君はこの前あの女性と婚活したのか?」と言われる事態も避けられそうです。

出会いを求めておられる男性医師の方、ぜひフェリーチェに登録して婚活をはじめてみませんか?フェリーチェへの無料登録は下記より行えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。