看護師さんと円満な関係を築くために必要なこと

病院で働いていく中で、必ず心得ないければいけないことがあります。それは看護師さんと良好な関係を築く事ですね。

病院での仕事を進めるためには、看護師さんの仕事が不可欠

私たち医師の仕事は、看護師さんの手助けがなければ、仕事がすすまないといっても過言ではないでしょう。

採血やレントゲン、薬の処方等は電子カルテ上で行うことができますが、実際に血液を採取したり、病棟に配分された薬剤を患者さんにのみ間違いが内容に配薬するのは、看護師の仕事になります。

また日々患者さんとコミニケーションをとって必要な処置を行い、体調の変化などを観察するのも看護師さんの重要な仕事になります。

私は医者になってから常々思うんですが、患者さんにとって1番身近なのは間違いなく看護師さんと言う存在です。病棟の業務のうち、実際の大部分を行っているのは、看護師さんであると言うことが言えるのではないでしょうか。

逆に言うと、医者はただ椅子に座って、手や口を動かすだけでも務まってしまう職業なのです。

看護師さんに嫌われてしまうと、仕事がスムーズにすすまない

では上から目線で偉そうに看護師さんに指示だけを出していれば、それで病棟業務がうまく進むか、というとそうはいきません。

看護師さんに嫌われてしまっては、こちらの出した指示をスムーズに行ってもらえなくなってしまいますし、困った時に少々の無理も言えなくなってしまいます。

医者と看護師は、いわば指示する側と指示を受ける側の関係であるわけですが、決して上司と部下の関係ではありません。このことをわきまえておかなければ、痛い目を見ることになります。

時折医者の中には、看護師さんを下に見ている輩がいますが、私は本当にそういう考え方は間違っていると思っています。

明日から、採血をやって患者さんのケアをして、処方薬を振り分けてと言うことをやれと言われたら、残念ながらやれる自信はありません。それぐらい専門性があって、大変な仕事な訳です。

ですからチーム医療と言うのを意識することが非常に大切です。

常に看護師さんとは対等な立場で接することが重要である

ですから看護師さんに何かお願いするときには、決して上から目線ではいけません。あくまでも対等な立場でお願いすることが必要です。

そのためには病棟のルールを遵守することが必要です。よくあるのは翌日の分のレントゲンや採血オーダーは、前日の夕方までに入力するとか、処方についても前日までに入力するなどといった配慮が必要です。

このような日常の決まりを遵守することができて、初めてイレギュラーな事態にも対応してもらうことができるのです。

ドクターズマガジンを無料で購読
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。