研修医になって行われるオリエンテーション

4月からは、毎年新しい職員が病院にやってきます。

大学から派遣されてくる新しい医師病院に就職する新しい看護師、そして研修医の先生方です。

研修医の先生方としては、医者として、そして社会人としての第一歩を出すわけですから、ぜひ頑張ってもらいたいものです。

そんな新しく病院での一歩を踏み出す研修医に向けて、大抵の病院では、オリエンテーションが4月に行われることになりますね。

研修医向けオリエンテーションの概要

研修医としては、自分の勤務する研修病院の何もわかっていないことがほとんどだと思います。

電子カルテの使い方や、インフラの使い方、そして書類関係など、働く上で最低限こなすことを学ぶためにオリエンテーションの時間が設けられています。

また一緒に働く研修医と初めて顔を合わせるのも、4月1日に働き始めてですから、同期の研修医たちと顔合わせと言う意味合いもあるかと思います。

これらか一緒に働く病院の先生方と、円滑に働けるようにコミニケーションを図ることも大切ですね。

その他、私が初期研修を行った研修病院では、採血に慣れましょうということで、研修医同士で採血を行ったりしました。当然うまくできなかったわけですが・・・・。

と言うわけで、このオリエンテーションの期間には、病院で働くにおいて必要なことを学んだり、一緒に働く先生方との顔合わせをしたり、ごくごく基本的なことを学んだりということになります。

研修医向けオリエンテーションの期間

オリエンテーションの期間と言うのは、これは病院ごとに少々異なっているようです。

全体的には大学病院ほど長く、そして地方の病院ほど短くなっているように思います。

大学病院と言うのは、組織も大きいですし、研修医も多いですから、1週間ぐらいかけてオリエンテーションを行っていたかとおもいます。

一方で地方病院の場合には、新しく医者や職員が入ってくるといっても、その数は限られていますし、何より病院自体がかなりアットホームな雰囲気だったりします。

大学病院ではありえないことなのですが、例えば医者と事務職員が顔見知りだったりなど、職種を超えて人間関係が築かれていることもあります。

ですから、地方の病院ではオリエンテーションがわずか1日というところもあるようです。

すでに経験のある医者の場合は、いきなり勤務となることもあり

ちなみに既に何年か経験のある医者で、医局から派遣されて来る場合には、オリエンテーションというものがないこともあります。

新しい病院の使い慣れていない電子カルテとか、使い慣れていない外来ブースを目の前にして、いきなり外来を始めなければならないのです。

提供する医療自体は、病院が変わっても同じな訳ですが、システムが違う病院でいきなり勤務させられるのは、最初のついは戸惑うことばかりなわけです。

というわけで、研修医お先生にとっても、新しくやってくる先生にとっても、4月と言うのは結構大変なわけです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。