研修医時代に辛かったことをいくつか列挙する。色々辛いことがある

研修医と言うのは、いつでも辛いものです。初期研修の間には、2年間かけて病院の中のいろんな診療科をローテーションしていきます。

内科や外科などはどこの研修病院にもありますし、扱う疾患も基本的なものなので、研修医の間は必ずローテーションすることになっています。

研修医は医者になって最初の2年ですから、勝手があまりわからないですし、そんな研修医の特殊な働き方は、結構つらいものでした。

4月から研修医になる医学生に贈る言葉。頑張らなくて良いよ

2018.03.23

数カ月ごとに人間関係がリセットされてしまう

辛いことの1つに、数カ月ごとに人間関係がリセットされると言うものがあります。

例えば内科から外科に移ったとすれば、内科で築き上げた先輩医師や看護師さんとの関係、もちろん患者さんとの関係も全てゼロにリセットされてしまいます。

これが1年間の間に何回も続くわけですから、研修医にとっては結構なストレスになっていきます。ちょうどクラス替えが1年に何回もあるようなものです。

看護師さんとの人間関係がつらい

他にも看護師さんとの人間関係が辛いと言うこともあります。

医師免許を持った医師とはいえども、研修医の間は自分の判断を持ってして患者さんの診療にあたることができません。

責任を持ってできる処置というのは、せいぜい採血ぐらいなものです。それぐらい研修医は未熟なのです。

したがって看護師さんからは見下された態度を取られることもしばしばです。そのような態度をとられたからといって、何もできない研修医は反抗することもできません。

私の同期は、おばさん看護師に「ほんと今の研修医は使えねぇな」と言われたらしいです。恐ろしい話です・・・・。

労働時間が長い・休みが少ない

研修医の間は文字通り医師として働く一方で、研修生の身分でもあります。したがって労働時間に関してあまり考慮されないことがよくあります。

今考えると恐ろしいことですが、私も研修医をしていた頃には時間外手当と言うものが全く出ませんでした。

当然17時に帰れると言う事は絶対ありませんので、以後はサービス残業と言う形になってしまいます。

当時は「研修医なんだから当然だ!」なんて言われてしまいそうですが、これだけ長時間労働が問題になっている今であれば、少しは考慮してくれるかもしれません・・・。

手術が長引いた場合には、日付が変わって家に帰ることもありました。

しかしそのような状況であったとしても、時間外手当は全く出ないわけです。そのような月は100時間残業したとしても、残業代は一円も出ません。

その他休日や年末年始大型連休などの際にも、患者さんの回診や処置をするために病院に来なければならないことも多々あります。

病院はキング・オブ・ブラック企業である。医者は長時間労働で休めない

2018.01.05

当直業務が多い

研修医の場合は当直業務も多いですから、慣れない中で夜間患者さんをの対応をして、朝を迎えるとそのまま通常業務をしなければなりません。

もしその時に外科をローテーションしていたとすれば、全く寝ないままに朝を迎え、そのまま何時間も手術場にいなければならないのです。

今考えると恐ろしいことですが、当直明けの手術に入らせてもらって、術者の視野を広げる器具持ちながらうとうとしていたこともありました。

研修医は若いとはいえども、肉体的には非常に大きな負担になってしまいます。

研修医時代の長時間労働が原因となり、自殺まで至ってしまった例はたくさんあります。

30代医師が自殺、時間外173時間で労災認定「医師も人間だ」と父母

2017.08.09

研修している身分とはいえども、労働基準法を無視した長時間労働と言うのは行うべきではありません。

上司である指導医は長時間労働を強制しては絶対にいけないと思います。

まとめ

研修医という身分であると、ついつい「見習いの身分なんだから長時間労働は当たり前」と、指導医も本人も考えてしまいがちです。

しかし、本来人間というのは仕事と余暇のバランスをうまい具合に保ちながら生活しているわけであって、仕事ばかりであれば精神のバランスを崩してしまいます。

ですから、負担のかかる研修医はより一層、その勤務体系について考えあげることが必要なのではないでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。