研修病院マッチング対策 – おすすめ教科書

志望する研修病院を決めたあとは、第一希望の研修病院とマッチするように対策をすすめるのみです。

大抵の研修病院はマッチングの試験や面接というのはあまり変わらないですし、なにより現在は医師不足から研修医にとって有利な売り手市場です。

すごく人気の研修病院を受験するのでなければ、わざわざマッチングの試験に向けて対策を練る必要はないかもしれません。

ここでは、マッチングの際に参考になる2冊の本についてご紹介したいと思います。

ハローマッチング

小論文の書き方、面接の受け方をメインに書かれています。

小論文の説明は、マッチングの際に与えられるであろうテーマを想定し、そのテーマについて学生が書いた小論文を筆者が添削するという構成で話が進みます。

ページ数はありますが、すらすらと読み進める事ができ、小論文を書く際の要点を効率よく知ることができるようになっています。

面接の説明では、頻出質問に対する模範解答はもちろん、マッチングという観点から面接を考察し、どのように振る舞えば良いか指針を示します。

例えば、10分の面接で受験者の人間を知る事はほぼ不可能ですが、面接時間に遅れてこないか、それなりの服装をしているか、常識的に会話ができるか、など社会的規範を備えていない人間を排除することは可能ですね。

マッチング対策(シリーズ まとめてみた)

おおよその医学生が認識していることを、まとめて書いた参考書といったテイストになています。

マッチングの直前対策というよりは、マッチングの概要を知りたい時に読むと、ためになる本かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。