放射線科・画像診断 – おすすめ教科書

★★★ 血管造影のABC

Interventional radiology (IVR) 領域の基本事項について、20のトピックに絞って解説してある。

研修医と指導医間の対話形式で書かれており、ストレスなく読み進めることができる。大腿動脈穿刺の基礎やシース抜去後の止血方法など、研修医向けというだけあって非常に基礎的な事項に重点をおいて書かれてある。

★★★ 腹部CT診断120ステップ

腹部・骨盤CTを読影する上でのエッセンスを詰め込んだ教科書といえる。

Helical CTの理論、嚢胞や腫瘤の定義、造影効果とは、などからはじまってDynamic CTでの肝病変の読み方、胃癌におけるリンパ節の読み方など、基本的な事項に的を絞って解説されている。

放射線診断科をローテートする際に読み込めばかなりの知識が身に付くだろう。

★★★ 腹部のCT

腹部、骨盤のCT読影にあたって、最も詳細で標準的な日本語の教科書。

本書の冒頭部分ではCTの基本原理や腹部領域におけるCTスライス上での解剖を示している。残りの部分では肝胆膵をはじめとして、腹部、骨盤内の臓器に関して、疾患ごとに各画像所見を含めて解説してある。

放射線専門医、またはそれ以上を目指す医師向けの教科書であるので、文章主体の構成で、肝細胞癌の項目だけで20ページくらいにわたって解説されている。

学生や消化器内科をローテーションするするくらいなら宝の持ち腐れになりそうだが、放射線科をローテーションするならば持っておいて損はないと言えよう。

★★★ 胸部のCT

上記の腹部のCTの胸部バージョンである。肺がんや肺炎など、胸部CTで異常を呈する疾患に絞って解説が加えられている。

4-5センチほどの分厚い教科書であり、辞書的に使うのが必須である。

放射線科をローテーションする際には、読影レポートを書く上で必要な情報が詰まっており、持っていて損は無いであろう。

 

★★★ 肝胆膵の画像診断―CT・MRIを中心に

肝胆膵領域は、CTだけでなくMRIも多く撮像される。

胆道系疾患ではMRCPが撮像されるし、肝腫瘍の診断のためには、EOB-MRIが撮像されるのが現在のスタンダードとなっている。

本書は肝胆膵領域の CT、MRIにおける診断においては最もスタンダードな教科書といえよう。

消化器内科医や消化器外科医にとっては持っていて損は無いであろう。また研修医でも放射線診断科をローテーションする際には、持っておいて損は無いと言える。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

心電図 – おすすめ教科書

★★★ 3秒で心電図を読む本

心電図の解説本だが、一般的な教科書とは切り口が異なる。

本書の構成は、症例を用いて心電図の知識を一通り解説した後、最終章で症例問題を提示するかたちになっている。

本書の一番の特徴としては、異常Q波は読まなくてよい、aVRの臨床的意義は少ないなど、臨床に携わる医師の視点から、大切な項目のみを解説していることである。

従って、より臨床の医師に近い視点を共有することが可能になり、心電図のすべてを順に追っていくのではなく、必ず見るべきポイントのみに絞って心電図を読んでいくことが可能になる。

また、心電図の生理学的成り立ちなども割愛されている。

以上より心電図初学者の学生にはあまり向かず、心電図生理などを一通り学習し終えた学生、研修医向けの教科書である。

★★★ 心電図の読み方パーフェクトマニュアル―理論と波形パターンで徹底トレーニング!

こちらも症例ベースに解説されている心電図の教科書である。

基本的な心電図異常についてレベル別にQ and A形式で掲載されており、問題を解く流れで読み進めていくことができる教科書である。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

 

検査 – おすすめ教科書

検査値の読み方・考え方―専門医からのアドバイス

医学生、医師向けに出版されているテキスト。内容量は300-400ページであり、医師国家試験を受験するにあたって知っておくべき程度の検査項目が説明されている。

検査値などは、総合内科学書をあたっても十分な説明がなされてないことがあるのだが、本書ではESRやCRPなどの項目では、それぞれ3ページ程度を割いて説明がなされており、研修医レベルの知識は網羅されているといえよう。

検査項目ごとに執筆者が異なるため一概には言えないが、テーブルやイラストは1ページあたり最低1つは配置されているようである。

国家試験を含め試験勉強をしていると、ふと検査項目の意義に疑問を持つ場合がある。そのような場合に本書を辞書的に使うと良い。臨床実習で使うには少し物足りない感はあるが、基本的な理解を得るには役立つだろう。

誰も教えてくれなかった血算の読み方・考え方

聖路加国際病院の先生が書いておられる教科書。内容はというと学生〜初期研修医を意識して書かれており、まずは各テーマ(白血球減少、血小板増加など)ごとに現病歴と血算を含む症例が示される。

この時点で読者に鑑別診断を考えさせ、続く文章で血算の読むべきポイントを示しながら鑑別診断を絞り込み、最終的な診断までたどり着くという構成になっている。血液像やテーマごとの鑑別診断一覧も掲載されている。

個人的に良いと感じたのは、学生〜初期研修医向けに書かれているためすらすら読める事、そして問題形式で書かれているので考えながら読み進められることである。200ページほどのテキストであるために集中して読めば1日で読み切る事ができる。

学生〜研修医1年目向けの教科書である。

臨床検査データブック

一線の臨床医向けの臨床検査解説書。

1074ページにも及ぶ本で、各臨床検査の項目が詳細に説明されている。各検査値の意味だけでなく、検査値の半減期や頻度別に考えられうる疾患など、より実践的な内容まで書かれている。本書の特徴はといういと、procalcitoninやIPF (immature platelet factor) などここ数年で使われるようになった検査値までもが詳細に説明されているところだろう。

病棟に常備しながら、分からない検査値をみたときに開いてみる、というような辞書的な使い方が適当だろう。

異常値の出るメカニズム

460ページに及ぶ少々分厚い本で、各検査値について詳細な説明がなされている。イラストなどを用いて生化学的な知識も用いながら説明してある。国家試験の勉強をしていると、検査値に関する疑問には必ず直面するので、検査値に関連したテキストは是非一冊は持っておきたいところである。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

X線画像診断 – おすすめ教科書

★★★ フェルソン読める胸部X線写真

文章中に複数存在する空欄を埋める形で、胸部X線の基礎が理解できるような体裁になっている。

フェルソン先生はシルエットサインを提唱された、たいへんお偉い先生のようである。

内容はというと、初学者にも理解できる内容から切り込んで、章末にあるレントゲン写真を用いて診断をつけさせるまでの流れになっている。

本書において秀逸だと思われる点は、X線写真の理論が単純明快に説明されている事であろう。

Air Bronchogramや胸水のことなど、何となく理解していることでも、本書に出会って読んでみると、さらに理解が深まる。X線の基礎は分かる、という方でも必ずや新しい発見があるに違いない。

★★☆ 見逃しなく読める!胸部X線画像診断QandA

20.8 x 14.8 x 1.4 cmの小さいサイズの教科書、問題集である。はじめの100ページで胸部X線の基本事項、読み方の解説があり、残りは症例問題として約20問掲載してある。胸部X線の基本はフェルソンにゆずるとして、問題について書いてみる。

現病歴、検査所見、Xp、CTなどが問題文に含まれており、診断、鑑別診断、治療などの問いが書いてある。

症例に関する情報は豊富であるが、いかんせん初学者には難しい症例が当てられているので、X線所見がよめたとしても、診断や治療を当てるのは難しいと考えられる。

フェルソンの章末に掲載してある問題よりも1段階難しい。解説は4ページ程度に渡って掲載してあり、親切である。

★★☆ 胸部X線診断に自信がつく本

カイ書林が発売しているジェネラリストシリーズのうちの1冊。

内容としては目次の通り、読影における基本から始まり、浸潤影、結節影など一般的な所見の成り立ちを説明した後、典型的な疾患のX線所見を解説する流れとなっている。

本書は200ページながら、掲載画像は1ページに2枚程度と、贅沢なページの使い方をしている印象を受ける。また、執筆者が1人のため、全体としてまとまりがあり読みやすい。

内容的には胸部X線の基礎を学ぶ学生向けであり、解説に終止している。まとまった確認問題は掲載されていないため、症例問題を自ら考え、実力をつけいたいと考えている学生にとっては物足りないと思われる。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

 

診察・手技の解説本 – おすすめ教科書

OSCEや病棟実習では、診察方法について学ぶ必要があります。

基本的な診察の手技というのは、研修医になってからは深く教えてもらうことは少ないように思います。

学生実習のうちに、侵襲を伴わない手技については、覚えてしまう必要がありますね。

一方で、研修医になってからは、採血、腰椎穿刺、CV確保等々、様々な手技を経験することになります。

ですから、学生実習、研修医を通して手技を解説する教科書は、1冊は持っておくべきかと思います。

★★★ 診察と手技がみえる〈1〉

メディックメディア出版の診察手技解説書。フルカラーでイラストは多く、文章量も豊富。レイアウトも見やすい。

OSCE対策という観点からすると、やや情報量が多いが、最も標準的な手技指南書といえよう。

★★☆ ねじ子のヒミツ手技(1st, 2nd Lesson)

ルート確保、動脈穿刺、CV穿刺など研修医が一度は経験するであろう手技について、かわいいイラストを用いて解説している。

実際の写真などは一切掲載されていないが、イラストのみで書いてある分余計な情報がなく、それぞれの手技のポイントを着実に理解できる。

各手技の説明は単純明快で申し分ない。

また1ページ程度のコラムがあり、それぞれの手技に関連したまめ知識が解説されている。

同じシリーズで2nd Lesssonまで発売されている。

★☆☆ 臨床研修イラストレイテッド (3)

羊土社の出版本で2011年6月に改訂されたようである。

診察と手技がみえる〈1〉との比較で書くと、実際の写真、画像は掲載されておらず、文章量も少ない印象。

しかし、OSCE対策という観点からすると、こちらの方が要点がまとまっていて使いやすいかもしれない。改訂されてレイアウト、イラスト、カラーなどは大きく向上した。

改訂のスピードがやや遅いのが難。基本的な手技はいつも時代も同じであるので、あまり気にかける必要はないのかもしれないが・・・。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?