薬・処方 – おすすめ教科書

★★★ 研修医のためのステロイドの使い方のコツ

臨床で多用されるステロイド剤について、基礎レベルから解説しているテキスト。ステロイドパルスの具体的な処方例や、漸減していく際のスケジュールなど、経験的に行っていた治療の意味などについて改めて気づかされる部分がある。

他には感染対策をはじめとした副作用対策など、臨床で必要とされる知識がカバーされている。

 

★★★ 頻用薬の使い分け

制酸薬、便秘薬など頻繁に使用するような薬剤に関して、それぞれの薬剤の特徴や副作用などが解説してある。症例の項目では実際の処方例なども書かれており、役立つ。

外来に置きながらというには、やや内容が細かいので、日々読みながら実戦で使っていくという教科書になるかもしれない。

★★★ 類似薬の使い分け

「頻用薬の使い分け」と同じカテゴリーにある教科書と言える。

本書では狭心症、糖尿病、高脂質血症などに対する薬物や、抗菌薬の選択などやや専門的な疾患についての薬剤選択について解説がなされている。

高脂血症に対する薬物、降圧薬、鎮咳薬、睡眠薬など、どの科でも処方するような薬剤に付いても解説がなされているのはうれしい。

★★☆ 医学生の基本薬

病院実習をしていると知らない医薬品に数多く出会う。その原因は一般名称と商品名が異なる事、同じ作用を持つ薬でも製薬会社によって製品名が異なる事によるものだと思う。

本書はよく使われる基本薬を作用別に分類し、その作用や適応、副作用などを1ページ程度、箇条書きで解説している。索引が豊富で、商品名からでも知りたい医薬品にたどり着けるのが便利。ポケットサイズの解説書である。

★★☆ 当直医実戦くすりマニュアル

ポケットサイズのマニュアル本。各症状ごとに簡単な解説と実際の処方例が掲載されている。

腹痛、咳嗽などの症候のページではでは参考になる処方も多いが、胸痛に対する処方の例に何の前置きもなくプラビックスと書かれているなど、やや強引な記載がみられるところもあるが。。

(本来の当直医の仕事はAMIの除外と疑わしい症例を循環器内科にコンサルトすることである)。

本書の後半では各疾患に対する処方、抗菌薬、輸液などについて一般的な範囲で解説がなされており、当直で処方する薬剤はほぼ網羅されているといっても良いだろう。

おもに表中心で文章量は少なくなっているので、当直における処方について実戦向きの教科書と言える。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

感染症 – おすすめ教科書

絶対わかる抗菌薬はじめの一歩

抗生物質の入門書。内容は血中濃度や代謝などの薬理学的基礎からはじまって、各抗生物質の解説に至っている。解説は抗生物質ごとにおおまかに説明されており、臨床での実際の使い方を示しているというよりは、概念、位置付けを説明しているといったほうが適切だろう。

各抗生物質の章の最後には、症例問題もあり理解が深まる。さらにこの本の良い点は、米国で感染症を学んだ筆者が、わかりやすい文章ながらもエビデンスに基づいた最新の知見を提供していることだろう。

研修医の初期に読むべき本であろう。

レジデントのための感染症診療マニュアル

青木 眞が著者となっている、感染症テキストの定番。

レジデントのための、となっているが、1000ページ超の教科書であり、レジデントのうちにお世話になるページはせいぜい200ページくらいだろう。

各感染症について疫学、起炎菌、臨床、診断、治療、予防の流れで解説されており、治療の項目では実際の処方例、処方量なども解説が加えられている。また、感染症を診る上で必要な周辺知識(カテーテル関連感染、喀痰培養の見方、グラム染色・・・etc)等についても解説が加えられており、感染症についての知識は本書のみで事足りる内容量となっている。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?