教授に対する便宜で出世が決まった時代もあったそうです

飲み会の席などでは、先輩の先生方の時代の、お話を聞くこともあります。お金に関して驚くような風習があったことを思い知らされることもあります。

学位審査・取得における教授への便宜

例えば大学院の学位審査・取得においては、学位を取らせてくれてありがとうと言う名目で、所属している医局の教授にお金を包むこともあったようです。

有力大学で多くの関連病院を持っている医局などでは、包んだ金額によって、勤務する関連病院が決まったこともあったようです。

場は、おおよそ軽自動車1〜2台くらいだそうです。厳密に言うと、これらは不正な資金の流れであったかもしれません。

ただお金の移動が、組織の外から中や、中から外ではなく、組織の中で完結してしまうお金の移動であったので、表に出ることが少なかったのかもしれません。

今現在では、このようなお金を包むと言う習慣はほとんど聞きません。

もし裏切り者の医局員がいたとして、この事実をパワハラとして大学の部局や週刊誌などに訴えてしまえば、おそらく金銭に対する無言の強要ということで、相当な処分を受けるでしょう。

今の時代は、なかなかやりにくいのかもしれません。

結婚式における金銭の授受

医局が絡むような結婚式においても、金銭の授受が、その後出世に影響したと言われたこともありました。

よく言われるのは、結婚式でのスピーチをする教授に対して多額の金銭を支払い、その金銭のうちの一部をご祝儀として新郎新婦に渡すと言うやり方です。

このようなシステムを取ることで、忙しい教授が結婚式にやってくる口実になりますし、新郎新婦としても過大な気を使う必要がなくなります。お金で招待しているということですからね。

最近ではそのようなしきたりも下火に

10年位前に結婚した先輩の話を聞くと、そういうようなしきたりはもう既になかったようです。特に医局に対して金銭を支払ったという事実もないようですね。

ただこれが20世紀の、有力な大学病院の医局においては、ごく当たり前に行われていたようです。

この習慣も、お金の流れが組織の内側で完結してしまうので、あまり表に出てくることはないのかもしれません。

崇学位審査のときのお金の流れと同様に、パワハラだと言って本気になって訴えれば、辛くお金を受け取ったのは処分されてしまうでしょうね。

そういう意味では、若手医師にとっては良い時代になったと思います。

医局内の人間関係もゆるやかに

少し前までは、金銭の授受が公然と行われる位でありましたから。医局内の普段の仕事における上下関係というのは、相当なものであったことが想像されます。

勤務する病院や仕事の内容について、医局員が教授や医局長に逆らうことはできなかったでしょうし、治療方針についても同様でしょう。

自由闊達に意見を言えるような環境が求められる

ただ医学というのは、突き詰めるとサイエンスであり、誰もが自由に発言できる環境というのは非常に重要です。

経験があり、知識のある人間の発言というのが必ずしも真実でない事は、多くの歴史や証明してるところがあります。

徐々に変化する時代の圧力を受けて、徐々に変わってきた大学ではありますが、誰もが働きやすい環境を目指して、一段と変革してくれることを望んでいます。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医学部の基礎研究の現状と研究医の給料

昨今は、基礎研究を志す学生の減少が問題になっています。

各大学では、盛んに基礎研究のおもしろさをアピールしたり、MD-PhDコースと呼ばれるような、医学部卒業後すぐに基礎研究に入れるようなコースを開設している大学もあります。

また、基礎研究の道に進む学生にインセンティブを与えるために、これらの学生については、大学院での授業料を無償にするという方針の大学もあるようです。

なぜ基礎研究の従事者に、このような恵まれた環境を用意するのかは、日本の医学部における基礎研究が厳しい状況にあるからですね。

研究費の削減

少子高齢化に伴う財政規律の悪化に伴って、大学に支払われる政府の補助金、研究費と言うのは、年々減少傾向にあります。

いわゆる科研費と言うものですが、これらの金額が減らされることによって、研究を遂行するのに必要なスタッフを雇えなかったり、必要な研究物品を購入できないと言う事態も発生しています。

もはや日本の一部の実績ある研究室以外からは、インパクトのある研究を残せなくなっています。

研究を趣味として楽しむためなら良いかもしれませんが、実績を残して研究費を獲得しないと、研究は継続できないですからね。

基礎研究の高度化

現在の基礎研究は非常に高度化しており、一つの実験をするにも多額の資金が必要です。どれだけのお金をつぎ込んだか、どれだけの人を使ったかという、規模の効果がますます重要性を増しつつあるようです。

ですから、器材や試薬の発展、高額化にともなって、本来は年々研究費が全体で増えていかないといけないわけです。

いくら素晴らしい発想を持っていたとしても、ヒト・モノ・カネがないと成果が出なくなっているような状況があるのではないでしょうか。

これは製薬会社の新薬を作る状況と同じになりつつあるのではないかと思います。

医学部出身のアドバンテージが限られてくる

このような基礎研究の高度化に従って、医学部出身であることのアドバンテージも徐々に少なくなりつつあります。

理学部や農学部出身の理系の学生であれば、学部生時代20歳の頃から研究室に出入りすることによって、基礎研究に必要な様々な知識や技術を身に付けていきます。

それに、彼らはたくさん研究して、たくさん論文を書かなければ大学内でのポストを得られず、日々食べていくことができません。

一方で医学部の場合は、大学を卒業した日前で最短でも24歳、初期研修を終えた後であれば26歳ですから、基礎研究をスタートさせるには若干遅れがあります

一旦臨床経験してから、大学院に入って基礎研究を始めるとなると、研究のスタートは30歳前後になってしまいますから、あまりにも遅すぎます。

もちろん10人の研究医ということを考えると、そのうち何人かは素晴らしい業績を残して、基礎研究の世界で生きていくことができるのでしょう。

ただ、全員のことを考えた場合、夢破れて、研究の世界を後にしなければならない医師も出てくるはずです。

下に記すように、9-17時の区切りのない研究室で(これは病院の勤務医も同じですが)、薄給で基礎研究を続けるのも難しいでしょうね。

このような状況考えると、もはや医者が来基礎研究をする時代では無いのかもしれません。

研究医の給料が安すぎる

また研究医の給料があまりにも安いことも問題です。

基礎研究室の教授にでもなれば、年収は1000万円は超えてくるでしょうが、積み重ねた実績や業績に比べればあまりにも安すぎるのではないでしょうか。

医学部を卒業して、ひかれたレールに乗っている臨床医であれば、数年の経験さえ積めば年収1000万円には容易に到達してしまいます。

医師免許を持っていたとしても、教授以下の役職であれば、年収1000万円には届かないのが大半でしょうね。

以上のような日本の基礎研究を取り巻く状況を考えると、研究員のなり手を増やす事はそう容易ではないでしょう。

魅力を伝えることも大切かもしれませんが、大きな業績を残した研究者には、年俸数千万円を用意するなどの、インセンティブも必要かと思います。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医局に入る時に心得ておくべきこと

初期研修の2年間を過ごす間に、どこの大学病院に入力するかということを決定していくケースが多いかと思います。

ここでは大学病院の医局に入る際に、心得ておくべきことを書いておきたいと思います。

困ったときには誰も助けてくれない

いきなり失望させるような文言で申し訳ありません。医局とは共同体であるわけですが、残念ながらあなたが困っているときには、周囲の人間は助けてくれません。

例えば自分の仕事が忙しいときには、周りの人が助けてくれる事はありません。

また評判の悪い関連病院に異動になったとしても、「大変だね」と言ってくれるだけで、手を差し伸べてくれる事はありません。周囲の人間が冷たいと言うよりは、みんな自分自身のことでいっぱいなのです。

トラブルがあったとき

病院内部でトラブルが起こった場合には、その傾向が顕著になります。

医局のブランドが汚れてしまう場合には、全力で守ろうとしてくれるかもしれません。

ただし個人を切り捨てることで問題が全て解決するような場合には、そのミスに関連する個人が容易に切り捨てられてしまいます。

つまりはトカゲの尻尾切りのような状況が生まれてしまうわけです。

働く場所を選べない

既にご存知の事ですが、医局に入ってしまっては、自ら勤務先を選ぶことができません。すべて教授や医局長の指示通りに動かなければならないのです。

私も医局に入る際に、妻の勤務地を考慮してもらえますか、と聞いたことがありました。もちろんその時の教授の答えはノーでした

このような事実を、医局の人事だから仕方ないと割り切るか、より良い待遇を求めて民間病院に勤務するかは、各個人の先生の判断によるところなのでしょう。

上にも書きましたが、医局は個人の希望よりもずっと、組織としての利益を追求します。ですから下っ端医局員の希望なんぞまったく考慮していません。

大学病院に勤務しなければならないと言う事実

医局に入ったからには、当然大学病院で何年かは勤務しなければなりません。大学病院で勤務することのデメリットについては、他の記事で書きましたのでここでは割愛します。

今ひしひしと感じるのは、わざわざ大学病院で働かなくても、一般的な臨床医になるということに関しては、医局に入る必要はほとんどないと言うことです。

今や医局の権力と言うのは衰え、医師の労働市場は非常に流動的になっています。

医師の転職を斡旋する企業も、大手から小さいところまで乱立状態です。

ですから、専門医をとって一般的な臨床能力を身に付けると言うことを目標にするのであれば、必ずしも医局に入る必要は無いかもしれません。

ひとつだけ思いつくメリット

もし1つメリットを挙げるとするならば、女性医師が産休や育休取得する際には、大学病院というのは良い場所であるかもしれません。

大学病院に勤務している医師と言うのは数が多いですから、誰かが休んだ場合には、容易に勤務を交代してもらえるというメリットがあります。

また、同時に周囲の人間の負担がそこまで大きくならないので、気を使わないこともメリットですね。

たとえば当直に関しても、多くの医師で分担して行なっているわけですから、残された医師たちの当直の回数が1.5倍とか2倍になるといった事態をさけることができるわけです。

まとめ

以上が医局に入る前に知っておくべきことでしょうか。

もし、医局で一生働き続ける自信がないのであれば、とりあえずのところ東京の病院で勤務することをおすすめします。

研修医が東京の病院で働くことのメリット

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医者が論文をいくら書いても給料は上がらない

大学病院やアカデミックな総合病院で勤務している場合には、論文を書くということが業務の1つになっていきます。

大学病院で働き続けるためには、論文を書くことが必要

大学病院で勤務し続けるためには、論文をたくさん書いて、科研費を獲得しなければなりません。

科研費を獲得して研究を進め、その成果を発表するというのが、あるべき大学病院の姿と考えられています。

弱小医局であれば、人材不足と言う点から、たいして研究をせず、論文を書かずに好きなことをしていても大学病院で勤務し続けることができるかもしれません。

ただメジャーな大学の主要診療科の医局になってくると、専門医を取得した10年目クラスの医者たちは、ほとんど臨床を行わずに、研究に没頭ということもあるようです。

ある大学のある診療科の医局では、臨床を行うのは大抵10年目以下の先生で、10年目以上の先生は臨床研究や基礎研究に精を出しているとの事でした。

確かに能力のある先生は研究に従事して業績を上げるということが、大学病院では正しい働きなど働き方なのかもしれませんね。

論文を書くことの辛さ

私も論文を書いたことがありますが、自分の書いた論文がアクセプトされ、他の論文に引用されていると言うのは、非常に栄誉なことです。

一方で、論文を書くのは非常に労力がいります。

論文を書くだけなら対して時間はかからないかもしれませんが、研究データを揃えて、となると膨大な時間が必要です。

時には臨床の時間を削りながら、時には土日も仕事をしながら、研究データを揃えていくことになるわけです。

基礎研究なら、土曜も日曜も年末年始も、マウスの世話をしながらになるかもしれません。

大学病院で勤務しながら、論文をたくさん書いて教授を目指すというのも1つの人生かもしれません。

ただもう少し視野を広げて考えてみる、論文を書くと言うのは、もはや名誉でしかありません。

論文を書いても給料は増えない

論文をたくさん書いたとしても、アカデミックなポストに残れるのはごく一部の医者だけです。

その一部の医者であっても、日本と言う医療制度の下で働く限りにおいては、決してたくさんの給料がもらえるわけではありません。

大学病院で教授と言う肩書きを持っていたとしても、講演会等含めてせいぜい年収で2000万円といったところでしょうか。

医者の中で学術的に最も成功した人間が2000万円・・・・かなり少ないですよね・・・。

時間の使い方

良質な論文をたくさん書くために、研究に没頭して論文を執筆するのであれば、その時間を自らの病院経営の時間に費やすとか、不動産投資の時間に費やすな事したほうが、費用対効果は圧倒的に高いでしょうね。

大学病院の中にいると、論文を書いて業績を上げることだけが唯一の価値観と考えてしまいがちなのですが、幸せな人生と言うことを考えると、それは必ずしも正しくないのかもしれません。

先生、まだ医局辞めてないんですか?

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医局の弱体化と関連病院の自立

私が医者になってすぐの頃は、医局と関連病院というのは、まさに主従関係にあるものと思っていました。

ここでいう関連病院とは、つまり医局の関連病院ということになりますね。

これまでの医局と関連病院の関係

医局と言う人材派遣会社が、大学の内部と関連病院の人事権を全て掌握しており、医局の独断と偏見によって人材派遣が行われると言うものです。

その強い人事権に従って関連病院側は医局に様々な働きかけを行い、優秀で豊富な医師を派遣してもらうようにお願いすると言うのが慣例になっていました。

この制度にはもちろん問題点がたくさんありましたが、都道府県単位、地域単位の医療を安定的に支えるといった意味では有用であったかもしれません。

また様々な症例を医師に強制的に経験させることで、ある程度自立した医師を育てるということに関しては有意義であったと思います。

ただし状況はどうやら少しずつ変わってきているようなのです。

関連病院からの医局の撤退傾向

最近私がよく見聞きするのは、関連病院からの医局の撤退と、それに伴う関連病院の自前のでの医師確保です。

新現職研修制度が始まって長らく経過し、一部の大学病院を除いては、そもそも医局にはいる研修医がどんどんと減っているようなのです。

私の知っているある大学の内科系の医局は、関連病院に勤務する医師の数に比較して新人の入局員があまりにも少ないため、どんどん関連病院から手を引いていると言うことでした。

正確にいうと、関連病院を維持するだけのコマがないといったところなのでしょうか。

医局から関係を断ち切られるほどの優先度の低い関連病院の事ですから、当然フリーランスや他の大学病院から医師は集まるまでもなく、診療科の多くは、出張医師体制か、診療科の閉鎖の状態に追い込まれることが多いようです。

これは決して地方病院の問題だけではありません。

都市部に位置している病院で、毎年医局から人材の派遣を受けている病院にあっても、やはり医局全体の規模の縮小に伴って、満足のいくだけの医師の派遣を得られにくくなっているようです。

自前で医師をリクルートする病院もあると聞きます

そこで、病院の中には研修医を自前でリクルートする病院も現れてきました。

主従関係にある関連病院の中で、関連病院側が医局の人事とは全く関係のない人間を採用する事は、ご法度のように思えてしまいます。

ただ実際のところは、これは医局側も黙認しているようであり、私の知っているある都市部の総合病院では、すべての診療科が大学病院の医局の関連病院であるにもかかわらず、一方で自らリクルートした医師を雇用しています。

つまり、医局から派遣されている医師と、直接雇用されている医局と関係のない医師が一緒に勤務していることになります。

部長職をだれにするか

もちろん医局から派遣を受け続けるためには、各診療科の部長というのは、医局に所属する医師にする必要があるのでしょう。

そうでなければ、医局が関連病院に医師を派遣するメリットがなくなってしまいますからね。

このような病院の医局離れというのはどんどん進んでくるでしょうし、医局が病院に対して十分あ人材を派遣するのはもっとも難しくなってくることが予想されます。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

年があけると医局人事が発表される時期ですね

年が明けてから、1月いっぱいの間は、各診療科で4月からの人事が発表されるころであります。

悲喜こもごもの医局人事

この医局人事と言うのは、企業で言うところの人事移動に当たります。いろんなエピソードがあります。

嫌な思いをしながら働いていた大学病院を離れて、晴れて希望する民間病院に就職できる先生もいれば、入れ替わりで、働きたくないのみ大学病院に戻される先生もいます

若手の先生のあいだでは、泣く泣く地方の病院に飛ばされてしまったり、非常に付き合いにくい先輩の先生がいる関連病院に飛ばされてしまう先生もいます。

この辺りは、医局の上層部が決めた指示に従うしかないですから、まさに運命といったところです。若手医師にとっては、経験を積むためには医局に残るしかないですから、涙ながらに派遣先に向かっていかなければなりません。

医局人事の決まり方

私は医局人事を決めたことがありません。ですからすべて推測になります。

まずは前年度の秋頃から、各医局員に、アンケート用紙が配布されます。医局員はその紙に、来年度希望の勤務病院や、家庭の事情、そしておおまかには将来的にどのような医師のキャリアを考えているか、といことを書くようになっています。

これに必要事項を書いて医局に送り返します。これをみながら、人事を担当している上層部が、医局員の人事を決定していくわけです。

よく人事を決めているのは、医局長と呼ばれる医局を取り仕切る人間や、教授や准教授などの権力を持った人間になります。

もちろん大前提としてあるのは、大学病院や関連病院含めて、安定的に運営ができるような体制を目指すことです。

例えば関連病院に、10年目の先生の代わりに3年目の先生をよこす事はありません。10年目の先生と3年目の先生ににとって、自分自身でできる仕事の幅は違いますから、3年目の先生を送られた関連病院は残りの医師の負担が激増して、たまったもんではないでしょう。

ですから、ある病院から6年目の先生が異動になる場合には、代わりに同じ経験年数位の医者がどこか違うところに赴任するものです。そういう風に、人事というのは案外計算されていたりもしますね。

ただし常にどこの病院でも理想的な人事異動が行われるわけではありません。

医局長に気に入られておくのは大切

人事権を持った人が、特定の医局員を快く思っていない場合には、快く思われていない医局員は、遠く遠くの地方病院に飛ばされてしまうかもしれません

一方で自分と仲の良い医局員がいれば、自分のそばに置いておきたいと思うがゆえ、人事を優遇するかもしれません。

女優さんやグラビアアイドルでも、仕事を獲得するために自らの体を得ることもあるようですから、女医さんも色仕掛けに出ているかもしれません。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?