教授に対する便宜で出世が決まった時代もあったそうです

飲み会の席などでは、先輩の先生方の時代の、お話を聞くこともあります。お金に関して驚くような風習があったことを思い知らされることもあります。

学位審査・取得における教授への便宜

例えば大学院の学位審査・取得においては、学位を取らせてくれてありがとうと言う名目で、所属している医局の教授にお金を包むこともあったようです。

有力大学で多くの関連病院を持っている医局などでは、包んだ金額によって、勤務する関連病院が決まったこともあったようです。

場は、おおよそ軽自動車1〜2台くらいだそうです。厳密に言うと、これらは不正な資金の流れであったかもしれません。

ただお金の移動が、組織の外から中や、中から外ではなく、組織の中で完結してしまうお金の移動であったので、表に出ることが少なかったのかもしれません。

今現在では、このようなお金を包むと言う習慣はほとんど聞きません。

もし裏切り者の医局員がいたとして、この事実をパワハラとして大学の部局や週刊誌などに訴えてしまえば、おそらく金銭に対する無言の強要ということで、相当な処分を受けるでしょう。

今の時代は、なかなかやりにくいのかもしれません。

結婚式における金銭の授受

医局が絡むような結婚式においても、金銭の授受が、その後出世に影響したと言われたこともありました。

よく言われるのは、結婚式でのスピーチをする教授に対して多額の金銭を支払い、その金銭のうちの一部をご祝儀として新郎新婦に渡すと言うやり方です。

このようなシステムを取ることで、忙しい教授が結婚式にやってくる口実になりますし、新郎新婦としても過大な気を使う必要がなくなります。お金で招待しているということですからね。

最近ではそのようなしきたりも下火に

10年位前に結婚した先輩の話を聞くと、そういうようなしきたりはもう既になかったようです。特に医局に対して金銭を支払ったという事実もないようですね。

ただこれが20世紀の、有力な大学病院の医局においては、ごく当たり前に行われていたようです。

この習慣も、お金の流れが組織の内側で完結してしまうので、あまり表に出てくることはないのかもしれません。

崇学位審査のときのお金の流れと同様に、パワハラだと言って本気になって訴えれば、辛くお金を受け取ったのは処分されてしまうでしょうね。

そういう意味では、若手医師にとっては良い時代になったと思います。

医局内の人間関係もゆるやかに

少し前までは、金銭の授受が公然と行われる位でありましたから。医局内の普段の仕事における上下関係というのは、相当なものであったことが想像されます。

勤務する病院や仕事の内容について、医局員が教授や医局長に逆らうことはできなかったでしょうし、治療方針についても同様でしょう。

自由闊達に意見を言えるような環境が求められる

ただ医学というのは、突き詰めるとサイエンスであり、誰もが自由に発言できる環境というのは非常に重要です。

経験があり、知識のある人間の発言というのが必ずしも真実でない事は、多くの歴史や証明してるところがあります。

徐々に変化する時代の圧力を受けて、徐々に変わってきた大学ではありますが、誰もが働きやすい環境を目指して、一段と変革してくれることを望んでいます。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

研修医が東京の病院で働くことのメリット

研修医の皆さんには、ぜひ東京の病院で働くことをお勧めします。

これは、私自身の経験や、地方病院で働いている先生から、東京のど真ん中で働いている先生までの情報を総合したものです。

東京の方が多様な働き方ができる

東京の方が、自由度が高く、多様な働き方が可能です。

2018年現在、全国には医学部が80校近く存在し、東京にはそのうち13校が存在しています。全医学部の15-16%くらいですから、東京の人口比率よりもちょっと多いくらいですね。

東京では医局に入って関連病院を転々とすることも可能ですし、自ら就職先を探して勤務することも可能です。

また東京都では、東京医師アカデミーとよばれる独自の研修システムを採用しており、医局に入らずとも公立病院で専門医研修が行えるような制度が存在しています。

ですから東京では、いろんな大学から医局を選ぶことができ、また専門医研修も必ずしも医局に入らなくても可能というわけです。

求人数が多い

東京で働くとということのメリットに、求人数が多いという事実があります。

当然東京の方が人口も多く、病院の数も多いですから、必然的に求人数は多くなりますね。

医局を辞めた場合の再就職とか、家庭の事情で時短勤務をしなければならない場合などは、求人数が多い方が自分にあった条件の勤務先を探し出すことができるでしょう。

また女性医師が妊娠出産を経験する場合には、フルタイムで働くことが難しくなるので、非常勤と言う勤務形態をとることが多くなるかと思います。

特に医局に所属しないでフレキシブルな勤務形態を探す上では、当然病院の絶対数が多い東京の方が多様な働き方を選択することができます。

勤務医以外の求人が多い

産業医、生命保険会社で勤務する保険医の求人と言う点においても、東京の方が有利です。

大抵の保険会社は、東京、大阪、名古屋などの大都市での勤務を前提としています。また産業医として働くにあたっても、事業所の数が多い東京の方が圧倒的に有利でしょう。

転居のリスクが少ない

東京の方が、地方都市と比べて人口密度が高いのは当然のことです。

そして病院の数と言うのは、人口に比例して増えていきますから、当然人口の多いところの方が、病院は密集して立地しています。

この事実は、医局派遣による病院異動の際に重要になってきます。

地方都市であれば、病院と病院の距離は遠いことが多いので、病院を異動するとなれば、引っ越しは必然になることがあります。

病院を変わるごとに引っ越ししなければならないと言うのは、非常に辛いです。また家族がいれば、妻や子どもなどに負担をかけることにもなってしまいます。

一方で東京に立地している病院は、病院ごとの距離が離れていないことも多いかと思います。また交通網が発達しているので、通勤に便利という面もあります。

ですから、病院異動に伴って引っ越しをするリスクと言うのを減らすことができます。

医者夫婦の場合

医者夫婦であるならば、これはさらに重要です。

病院異動に伴って、どちらかが単身赴任しなければならないとか、別々に暮らすなければならない、と言うようなリスクを最小限に抑えることができます。

したがって異動に伴う転居のリスクを抑えると言う点では、東京の大学医局に所属する場合の方がベターでしょう。

さいごに

研修医を終えた時点では、特定の大学病院の医局に入ってずっと働き続けるということを考えることもあるかと思います。

「私は地方大学の医局で一生生きていくわ!」なんて考えている先生もいるかもしれません。

ただし人生と言うのは不確定要素が多く、何が起こるかわかりません。そのような不確定性を考えるとき、多様な働き方が準備されている東京の方が、有利ではないかと思います。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医局に入る時に心得ておくべきこと

初期研修の2年間を過ごす間に、どこの大学病院に入力するかということを決定していくケースが多いかと思います。

ここでは大学病院の医局に入る際に、心得ておくべきことを書いておきたいと思います。

困ったときには誰も助けてくれない

いきなり失望させるような文言で申し訳ありません。医局とは共同体であるわけですが、残念ながらあなたが困っているときには、周囲の人間は助けてくれません。

例えば自分の仕事が忙しいときには、周りの人が助けてくれる事はありません。

また評判の悪い関連病院に異動になったとしても、「大変だね」と言ってくれるだけで、手を差し伸べてくれる事はありません。周囲の人間が冷たいと言うよりは、みんな自分自身のことでいっぱいなのです。

トラブルがあったとき

病院内部でトラブルが起こった場合には、その傾向が顕著になります。

医局のブランドが汚れてしまう場合には、全力で守ろうとしてくれるかもしれません。

ただし個人を切り捨てることで問題が全て解決するような場合には、そのミスに関連する個人が容易に切り捨てられてしまいます。

つまりはトカゲの尻尾切りのような状況が生まれてしまうわけです。

働く場所を選べない

既にご存知の事ですが、医局に入ってしまっては、自ら勤務先を選ぶことができません。すべて教授や医局長の指示通りに動かなければならないのです。

私も医局に入る際に、妻の勤務地を考慮してもらえますか、と聞いたことがありました。もちろんその時の教授の答えはノーでした

このような事実を、医局の人事だから仕方ないと割り切るか、より良い待遇を求めて民間病院に勤務するかは、各個人の先生の判断によるところなのでしょう。

上にも書きましたが、医局は個人の希望よりもずっと、組織としての利益を追求します。ですから下っ端医局員の希望なんぞまったく考慮していません。

大学病院に勤務しなければならないと言う事実

医局に入ったからには、当然大学病院で何年かは勤務しなければなりません。大学病院で勤務することのデメリットについては、他の記事で書きましたのでここでは割愛します。

今ひしひしと感じるのは、わざわざ大学病院で働かなくても、一般的な臨床医になるということに関しては、医局に入る必要はほとんどないと言うことです。

今や医局の権力と言うのは衰え、医師の労働市場は非常に流動的になっています。

医師の転職を斡旋する企業も、大手から小さいところまで乱立状態です。

ですから、専門医をとって一般的な臨床能力を身に付けると言うことを目標にするのであれば、必ずしも医局に入る必要は無いかもしれません。

ひとつだけ思いつくメリット

もし1つメリットを挙げるとするならば、女性医師が産休や育休取得する際には、大学病院というのは良い場所であるかもしれません。

大学病院に勤務している医師と言うのは数が多いですから、誰かが休んだ場合には、容易に勤務を交代してもらえるというメリットがあります。

また、同時に周囲の人間の負担がそこまで大きくならないので、気を使わないこともメリットですね。

たとえば当直に関しても、多くの医師で分担して行なっているわけですから、残された医師たちの当直の回数が1.5倍とか2倍になるといった事態をさけることができるわけです。

まとめ

以上が医局に入る前に知っておくべきことでしょうか。

もし、医局で一生働き続ける自信がないのであれば、とりあえずのところ東京の病院で勤務することをおすすめします。

研修医が東京の病院で働くことのメリット

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医局の弱体化と関連病院の自立

私が医者になってすぐの頃は、医局と関連病院というのは、まさに主従関係にあるものと思っていました。

ここでいう関連病院とは、つまり医局の関連病院ということになりますね。

これまでの医局と関連病院の関係

医局と言う人材派遣会社が、大学の内部と関連病院の人事権を全て掌握しており、医局の独断と偏見によって人材派遣が行われると言うものです。

その強い人事権に従って関連病院側は医局に様々な働きかけを行い、優秀で豊富な医師を派遣してもらうようにお願いすると言うのが慣例になっていました。

この制度にはもちろん問題点がたくさんありましたが、都道府県単位、地域単位の医療を安定的に支えるといった意味では有用であったかもしれません。

また様々な症例を医師に強制的に経験させることで、ある程度自立した医師を育てるということに関しては有意義であったと思います。

ただし状況はどうやら少しずつ変わってきているようなのです。

関連病院からの医局の撤退傾向

最近私がよく見聞きするのは、関連病院からの医局の撤退と、それに伴う関連病院の自前のでの医師確保です。

新現職研修制度が始まって長らく経過し、一部の大学病院を除いては、そもそも医局にはいる研修医がどんどんと減っているようなのです。

私の知っているある大学の内科系の医局は、関連病院に勤務する医師の数に比較して新人の入局員があまりにも少ないため、どんどん関連病院から手を引いていると言うことでした。

正確にいうと、関連病院を維持するだけのコマがないといったところなのでしょうか。

医局から関係を断ち切られるほどの優先度の低い関連病院の事ですから、当然フリーランスや他の大学病院から医師は集まるまでもなく、診療科の多くは、出張医師体制か、診療科の閉鎖の状態に追い込まれることが多いようです。

これは決して地方病院の問題だけではありません。

都市部に位置している病院で、毎年医局から人材の派遣を受けている病院にあっても、やはり医局全体の規模の縮小に伴って、満足のいくだけの医師の派遣を得られにくくなっているようです。

自前で医師をリクルートする病院もあると聞きます

そこで、病院の中には研修医を自前でリクルートする病院も現れてきました。

主従関係にある関連病院の中で、関連病院側が医局の人事とは全く関係のない人間を採用する事は、ご法度のように思えてしまいます。

ただ実際のところは、これは医局側も黙認しているようであり、私の知っているある都市部の総合病院では、すべての診療科が大学病院の医局の関連病院であるにもかかわらず、一方で自らリクルートした医師を雇用しています。

つまり、医局から派遣されている医師と、直接雇用されている医局と関係のない医師が一緒に勤務していることになります。

部長職をだれにするか

もちろん医局から派遣を受け続けるためには、各診療科の部長というのは、医局に所属する医師にする必要があるのでしょう。

そうでなければ、医局が関連病院に医師を派遣するメリットがなくなってしまいますからね。

このような病院の医局離れというのはどんどん進んでくるでしょうし、医局が病院に対して十分あ人材を派遣するのはもっとも難しくなってくることが予想されます。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

先生、まだ医局辞めてないんですか?

医局やめたって生きていけますよ。最近の飲み会の話題です。。

実は私の妻も、まだ医局にしがみついているのですが、ずっと医局に居続ける事はないだろうなぁと思っています。

医局にいるメリット

医局のメリットと言うのは、若い時にこそ発揮されるものなのかなぁ、と思っています。

ある程度指導を受けられる

たとえば、右も左もわからない研修医の身分にあっても、医局に所属していると言うだけで、上司の医局の先生たちからは、それとなく指導してもらうことができます。

もちろん、医局に所属しているというだけで、今後一生付き合いが続く(という前提)がありますから、やさしくしてくれるのかもしれないですね。

これがいきなり収益重視の民間病院とか、そもそも激務で自分の仕事が手一杯の場合には、雑用ばかり、使い捨てられて終わりです。

以前、働いていた病院は、半分医局、半分は流れ医師みたいな民間病院でした。

そこでは、ほとんどの手術は部長クラスが執刀医で、若手の先生はほとんど手術をさせてもらえていませんでした。

部長クラスの先生からすれば、若手を指導する理由もないですし、手術していた方が楽なのでしょうね。

ただ医局から派遣されて、上司からちゃんとした指導を受けている私としては、他科の若手の先生方が、かわいそうだなぁ、と思ったものでした。

いろんな病院でたくさんの経験が積める

専門医を取得するまでくらいは、いろんな病院に勤務したりとか、大学病院で難しい症例を見た方が、自分の診療の幅は広がりますね。

後は、苦しい時期に同期がいたりして、励ましあったりすることもできるかもしれません。

若いうちは医局にいた方が良いかもしれない

したがって若いうちは、いきなり民間病院に就職して医師として働いていくよりは、医局の傘に守られた医師として研修している方が、周囲の先生たちもよくしてくれるかもしれません。

もちろん低い給料と、医局派遣による転勤と言うことを覚悟しなければならないですが、それを補って余りあるだけのメリットがあると思っています。

大学病院のお給料

ただしこれは、専門医をとって身の回りの臨床業務がひとりでできるようになってくると、状況が変わってきます。

経験を積んでくると、医局にいるデメリットが目立ってくる

医局に入れば、大学の人事で転勤しなければならないですし、大学病院で働いている場合には、給料も低いままです。

専門医を取得して、少し臨床経験したレベルになると、医局人事を離れて外病院で勤務していた方が、転勤もないですし、給料も多くもらえるでしょう。

研究とか論文を書くとか、学位を取るのが好きだあれば大学に行っても良いのでしょうけれど、アカデミックな仕事が好きでないなら、なおさらです。

またこの頃になると、1人の医師として病院側の収益に貢献することができるので、立場としても少し強くなります。

転職サイトを通せば、給与面や当直の面でも譲歩してもらえるかもしれません。いま医師の転職事情は完全な売り手市場ですから、いかようにもなるでしょう。

このように考えてみると、時代は少しずつ変わってきていて、専門医レベルでは、最先端の治療するとか、研究をすると言うことでなければ、医局に入っているメリットはあまり無いように思います。というかむしろデメリットしかないですね。

大学病院時代に勤務していたある40代の男性医師

私が大学病院に勤務していたとき、ある先輩に、40代半ばの医者がいました。

その先生は大学病院で日中忙しく勤務した後に、療養型の病院で当直アルバイトをしていたわけです。そこで同じ位の年齢の常勤医から引き継ぎを受けているわけです。

当然、療養型の病院の先生は当直なんかしていませんし、給料もアルバイト当直なんかしなくて良いくらいもらっているわけです。労働時間と言う点でも、療養型病院の常勤医の方が短いでしょうね。

もちろん療養型の病院と大学病院では、やってる仕事内容が全く違うのでしょうけれども、若い時代の私が感じたのは、当直先の病院の先生のほうが人生楽しいだろうなと思いました。

医局の力は徐々に衰退傾向である

私の近所の大学病院でも、新たに医局の関連病院になったと言うような話は全く聞かないですが、逆にどこそこの病院が〇〇の関連病院ではなくなった、と言うような話はよく聞きます。

おそらくは新臨床研修制度が始まり、入局希望者の減少に伴って、大学病院は関連病院を維持できるだけの人材が揃わなくなってきたと言うことなのでしょう。

首都圏ですらこのような状況なのですから、地方の大学病院では、この動きは顕著なものだと思われます。

最近では医局に所属しない医師も増えてきている

私の時には、初期研修を経てから医局に所属しないまま働き続けている医師がいます。おそらくは医局離れと言うのは今後ますます進んでいくものと思われます。

研修医時代の同期の進路について考察する

もしかしたら20年後ぐらいには、大学病院とごく少数の医局の関連病院、その他の一般病院と言うふうな分類が進んでいくのかもしれません。

実際に医局に入るつもりもなかった私の同期は、医局に入らずに10年ぐらい医師を続けていますが、少しずつ病院を変わりながら専門医をとって、医局に所属している医師と同じように診療しています。

医局の力が弱まりつつある現在においては、市中病院自体が医局派遣だけに頼ることをせず、積極的に自前の研修医の囲い込みを目指しているようです。

もちろん医局に便宜を図る上で、部長や院長等の役職は、医局所属の医師に固定されていますけれども、50歳とか60歳まで最前線で頑張るつもりがないのであれば、全く魅力的ではありません。

医局はやめてもいいんじゃないか

医療崩壊が声高に叫ぶ出ていますが、今最前線でがんばっているのは急性期病院に勤めている勤務医の先生方だと思います。その先生の多くは医局に所属しているのでしょう。

おそらく医局を簡単に止めることができないと言うのは、仲間外れにされてしまうかもしれないとか、目の前の仕事から逃げるとか、スキルアップできないとか、ネガティブな心理が大きいかもしれないですね。

労働条件だけで見れば、医局を辞めて、転職サイトを介して勤務条件を交渉する方が、すべてにとってプラスのような気がします。転職するなら民間医局がおすすめです



おすすめの転職サイトはこちらでご紹介しています。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

 

医局と喧嘩別れすることのデメリット

大学病院で勤務していた時、医局を辞める多くの諸先輩方を見てきました。ただ、医局と喧嘩別れするのは、あまり得策ではないと感じている次第です。

医者が医局を辞める3つのパターン

医局と対立した先生は、辞めざるを得なかった

医局に所属していたA先生は、大学病院における給料の面での不満を、医局に何度も言っていたそうです。ふとした時に、私はその裏側で上層部がどのようなやりとりをしているかを見聞きすることがありました。

それは、どのようにしてA先生の給料上げるかということではなくて、どのようにして彼の意見を押さえつけるか、反論するかということでした。

つまり医局の上層部の人間は、医局の問題点を解決するということに関しては全く興味がなく、むしろどのように安定的な組織運営を行なっていくか、ということに注力していたのです。

つまりは内部告発からどのように問題を解決するかと言うことよりも、内部告発したものを、どのように排除するかということに重点が置かれているようでした。

その不満を述べたA先生は、翌年からの非常に不遇な病院での勤務を命じられていました。その人事でA先生は、いろいろと思い悩むことがあったのでしょうか、結局医局をやめていくことになりました。

医局とは対立しない方が得策

もしあなたが、今働いている大学病院の医局にとてつもない不満を抱いていたとしても、それを直接言わない方が無難でしょう。

こう言ってしまうと、日本人の悪い習慣としてよく指摘される、「自己主張しないで穏便に済ます」とか、「波風を立てないように流される」という風に捉えられてしまうかもしれません。

ただし、医局の中のポジションとしては、実際はそちらの方が自らの利益になる場合があるのではないかと思います。

大学病院の医局と言う硬直化した組織は、いまさら医局員1人の意見で変わるもんではありません。

日本全国の大学病院の医局員が、恐ろしいほどの低い給料に不満を吐き続けているにもかかわらず、21世紀に入ってもはや20年近く経とうとする今現在も、大学病院の医師の時給は、コンビニバイトと同じようなのが現状です。

先生、まだ医局辞めてないんですか?

医局を辞める際にも、穏便に辞めることが大切

医局を辞めた場合にも、医者として働き続けると場合があるかもしれません。

もし同じ専門分野で働き続けるのであれば、学会や勉強会などで、必ずや顔を合わせことでしょう。日本のどこにいても、知り合いの先生とは、何かしらのコンタクトがあるはずです。

ですから、医者を辞めて海外に高飛びするとか言うことでなければ、あまり医局の悪口を言わないで、医局と喧嘩別れしないほうが得策だと思います。

そちらの方が、後々のためになるでしょうね。

心の内側には煮えたぎる不満があったとしても、表面上はニコニコしていれば良いのではないかと思います。それこそが医局と付き合っていく秘訣ではないでしょうか。

おすすめアルバイト、スポット勤務、転職サイト

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?