医者夫婦の住宅購入について自らの経験を元にかたる

医者夫婦の住宅購入事情について、書いてみたいと思います。

私たち夫婦は5000万円のマンションを購入しました

医者夫婦の場合は、年収が高いので、住宅購入にも余裕があります。私たちは、首都圏の駅近接の5000万円の住宅を購入したわけです。

一般のサラリーマンの家庭では、5000万円という金額は、一生に1度の買い物と言うことになってしまうでしょう。もしかしたら年収を考えると5000万円のマンションを購入するのにも、住宅ローンが組めない人がいるかもしれません。

ただし医者夫婦の場合は少し事情が違ってきます。5000万円のマンションも、一時的なものとして購入できてしまうわけですね。

事実、私たちはこのマンションに住んで、10年くらいでローンを返済して、それと同時に賃貸に出すか、中古で売却するかを考えています。

幸い不動産価格がバブル並になる前に購入できたので、購入価格と同じくらいか、ちょっとマイナスになるくらいで売却できるだろう、と踏んでいます。

5000万円のマンションを購入するためのマネープラン

あまりいろいろと資金計画を練ってマンションを購入したというよりは、いろいろみて回っている中で気に入ったマンションがあったから購入したという感じです。

すごく単純計算ですが、頭金を1000万円、両方の親からの援助を1000万円として、残りの3000万円をローンで組みます。

夫婦どちらかだけの収入で生活していくとなると(それでもまずまず余裕のある生活になりますが)、もう片方のすべての収入をローン返済に回していますから、お互いフルタイムで働き続ければ、だいたい5年くらいで返済できてしまうのではないか、というような算段です。

もちろん、ローンは10-20年くらいで組んでいます。

住宅ローンの審査について

他の医者夫婦には多様なパターンあり

さてそんな医者夫婦の住宅事情ですが、子供の有無にかかわらず、まずは賃貸っていうのは鉄則ですね。

一方で、親からの贈与や資金援助で、研修医と同時に分譲マンションを与えられ夫婦もいます。

確かに私立大学の医学部などに通っている場合には、学費時代で数千万円必要ですから、家庭の経済環境として、マンション1部屋なんてのは、負担ではないのかもしれません。

そのほか私たちのように、賃貸→分譲マンションに行く人もいます。8000万円くらいのマンションを購入した夫婦もいますね。

勤務地の問題をどう捉えるかが、重要

いずれにしても若い夫婦の場合には、医局派遣による転勤の可能性がありますし、医局に所属していなくとも、住んでいる場所が変わってしまうことがあります。

ですからよっぽどのことがない限りは、まずは首都圏では資産価値の維持しやすいマンションを購入するというのが一般的な流れかもしれません。

さて年齢を重ねてきて、40代と50代位になってくると、勤務する病院も固定されてきます。この頃になると、自らクリニックを開業した医師や、医局人事を離れて療養型の病院に就職する場合もあると思います。

そうすれば事実上、人事異動とは無縁の生活になりますから、晴れて一軒家を購入しようかと言う段階になるかと思います

実際に40歳を超えてから、ある程度働く場所に目処がついてから、一軒家を購入する夫婦が多いように思います。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医者夫婦が日々はなしている内容

私たち夫婦はともに医者なので、医学的な会話は全く問題ないですね。もちろんお互い専門性は違うわけですが、研修医レベルの知識があればたいていの話は噛み合います。

仕事のことも結構話す

妻はその日にあった病院の出来事を報告してくるので、私は相槌を打ちながらうんうんと聞いている役割です。

妻がわかりやすく説明しなくても、話を理解できると言う点では私の役割をある程度加工されているといったところなのでしょうか。

私も、妻に質問されるが故に、仕事のことを話すこともありますね。といってもお互い仕事のことばかり話していけば、あまり気分が晴れないので、私はあまり仕事のことを話さないようにしています。

医者の世界は狭いことを実感する

妻の話を聞いていると、医者の世界って本当に小さいんだなぁと言うことを実感します。

私と妻は異なる病院で働いています。

妻の話の中には、医者の個人名も出てくるわけですが、それらを結構な割合で私も知っていたりします。よく友人を5人くらいたどると、世界中の誰にでも到達するといますが、医者の世界では2人ぐらいたどると誰でも到達してしまうのかもしれません。

仕事の会話以外は、いたって普通の会話

仕事以外では、ほとんど一般的な夫婦と変わらない会話をしています。

経済の話題、政治の話題、食事の話題、友人の話題・・・・など。

ただし、お互い忙しくて家事をする時間があまり取れないので、家事の分担に関して喧嘩する事はよくある方だと思います

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医者夫婦は意外と贅沢はしていない

実はこれは私たちのことだと思っています。

医者夫婦の住宅購入について自らの経験を元にかたる

医者夫婦の年収は高いが贅沢することは多くない

夫婦で医者をしていると、世帯演習は2000万円を軽く超えていきます。勤務している病院によっては3000万円近くになるかもしれません。

私たち夫婦は共働きで平日は忙しく働いています。休日はお互いの時間が合うときには外に出かけたりしますが、たいしてお金を使うことはないですね。

百貨店に行ってもグッチやエルメスなどのハイブランドを購入することはまずないですし、外食するといっても、ちょっといい位の居酒屋です。

 

間違ってもコース料理が出てくるようなイタリアンやフレンチには行かないですね。病院の付き合いでそういう店にいくことは何度かありますが、夫婦ではかれこれ3年ぐらいはそういうレストランには行っていないですね。

旅行でも高級旅館やビジネスクラスはなし

旅行に行くとすれば、普通の旅館に泊まりますし、海外旅行に行くとなっても、もちろんエコノミークラスでの移動です。

たまに、ブログで毎回の飛行機移動がビジネスクラスの方を見かけますが、まぁ恐ろしいですね。医者夫婦でさえビジネスクラスが不可なのですから、会社経営以外考えられないですね。

そういうふうに考えてみると、ドラマなどでイメージされるいわゆる医者の奥様の生活よりも、私たちはもっともっと質素な生活を送っていると思います

個人的には医者夫婦であっても、週に1回はフレンチレストランに食事をするとか、ブランド品で味を固めるとか、ビジネスクラスに乗るとかといった生活はとてもじゃないですができないと思っています。

金銭感覚は育ってきた家庭環境に左右される可能性

このような生活になったのは、お互いが育ってきた生活環境と言うことも関連しているかと思います。

私も妻も、育ってきたのは裕福な家庭と言うわけではありませんでした。ですからブランド物には縁がなかったですし、高級レストランで食事をするということにも縁がありませんでした。

ですから今位の生活レベルで、ちょうど居心地がいいというか、無理しないで生きていると言う感じになるのだと思います。

私の同僚にも夫婦で医者として働いている人がいますが、大体おんなじような生活をしているような印象です。

やはり医者夫婦、特に勤務医であるならばそこまでの贅沢はできないのではないでしょうか。

医者夫婦の生活感 車編

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医者にあげるクリスマスプレゼント

医者にあげるクリスマスプレゼントは、どのようなものが良いでしょうか。

医者夫婦の間でのプレゼント

今の妻と付き合い始めてから、そんなに高額なプレゼントってもらったことも、あげたこともないんですよね。

医者ってどこか現実的なところがあって、自分のいないところで高額なアクセサリーとかジュエリーを買ってもらうよりも、自分も一緒に選びたいという意識があるようです。

なので、もし私の付き合っている人が、高額なプレゼントを買ってくれたとしたら、それはそれですごく嬉しいだと思うんですけど、これぐらいの値段だったら当直何回分だーとか考えてしまいそうです。

なので今の妻とは、高いものを買う時はプレゼントかどうかに関わりなく、一緒に選ぶようにしています。

あくまでこれは私たちが結婚して家庭を共にしているからであって、付き合っている段階だと違うのかもしれません。

結婚して時間が経つと、プレゼントの価格にも気を使うようになる

結婚して数年も経つと「宝石をプレゼントしよう」とか「ブランド品をプレゼントしよう」などという気持ちも薄れてきますね。

家計を一緒にしているとなると、プレゼントの値段も結構気を使うようになります。

もらう方にしても「こんな高価なプレゼントなら・・・・もっと別の方に使ったほうが・・」というような気持ちにもなるようです。

やはり結婚というのは現実を感じる瞬間でもありますね。なので、今年は少し軽めのプレゼントとして、今年は妻にロクシタンを送りました。

ロクシタンはプレゼントしてみて思ったのですが、結構ハズレのないプレゼントだなぁと思いました。自分で買うには高価すぎるため希少性があり、ハンドクリーム等であれば使用できる、ということで、女性であればだれにあげてもハズレがないのかなぁと思いました。

妻からは特にプレゼントがなかったんですね・・・といってもまぁそんなものかな、と思います。

医師彼氏→彼女の間のでプレゼント

おつきあいをしている段階の彼氏 – 彼女の関係だと、医師側も奮発して高価なプレゼントをあげているようです。

私の友人は、クリスマスプレゼントとして高級ブランドの品の40万円もするバッグをプレゼントしていました。これで結婚できなかったら・・・すごい損失になりそうです。

その他、宝飾品や一緒に買い物に行って会計を持ってあげるなど、プレゼントの金額としては10万円〜くらいが相場のようです。さすがに独身男性医師はプレゼントにも気合が入っています。

医者にあげるプレゼントはちょっとした高級品が良い

医師側は金銭的に余裕があるので、彼女の立場でクリスマスに彼氏にプレゼントをあげるとしたら、すごく高額なものでなくても全然いいと思います。

私もそうですが、10万円のプレゼントをあげたとして、10万円のリターンは求めていません。喜んでくれるだけでいいんです。患者さんへの医療行為と同じです。

ほとんどの医者はそれなりに稼いでいますから、少し背伸びすれば、高いものを購入できてしまいますからね。

あとは医者は現実的なところがあるので、思い出の品とか置物とかよりは、実用的なもののほうがいいですね。

例えば病院の中で何かをメモしたりとか何かの書類にサインしたりするときにはボールペンを使います。

だいたいの先生は製薬会社からもらった、薬の名前なんかが入ったボールペンを使っているわけですが、高級なボールペン、万年筆なんかがあると、いいなぁ、と思うことがあります。実用性は絶対ありますしね。

他には紳士服関連の贈り物も良いと思います。医者はスーツには縁遠い生活をしているので、ネクタイ、ハンカチ、他のビジネスグッズをほとんど持っていないように思います。そもそもたくさん持っている必要もないですしね。

なので、ちょっと高級なネクタイ、ハンカチあたりは、外れがないんじゃないかなぁ、と思います。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医者夫婦の共働きでの家事分担

私たち夫婦は医者として共働きで毎日忙しく働いています。

どこの共働き世帯でも同じことだと思いますが、夫婦がお互い忙しく働いていると、家事分担はなかなか難しい問題です。

私たちも以前は家事をうまく分担することに非常に苦労しました。

家事の分担

妻もフルタイムで働いていると、女性に家庭をまかせるとか、男は稼いでくればいいなどと言う悠長なことは言ってられません。

積極的に家事に参加し、家庭が円滑に進むように努めなければなりません。

最近私たちの夫婦では、明確な家事の分担は行わずに、お互いが気づいたときに家事をやるというのが暗黙のルールになりました。

お互いの分担をはっきり決めて家事をすると言うのは合理的な方法ではありますが、どちらかが負担を感じたり、仕事の関係でうまく家事がうまくまわらなかったりすることも考えられます。

こうなってしまうと、比較的時間の余っている方が何も仕事をせず、切羽詰まっている方が自分の任された家事を行わなければならない、といういかにもストレスが発生しやすい状況が生まれてしまいます。

ゆえになんとなく、どちらか気づいた方が家事を行うという方針になりました。

食料の買い出しをどうするか

基本的に週末にまとめて買い出しに行き、1週間分の食材を買い込むようにしています。

週末で時間がないときには、積極的にネットスーパーを利用するようにしています。

ネットスーパーは食材を受けるとるために家になければいけないと言う制約があります。

一方で水やコメなどの重いものでも宅配してくれますし、店頭と同じ価格でほとんどのものを手に入れることができるので、私たちの家庭ではかなり利用させてもらっています。

お互いのストレスを軽減できるように、利用できるものはどんどん利用しよう、というスタンスです。

食事をどちらが作るか

これが共働き世帯の家事分担の中でも一番大きな問題かと思います。

食事に関しては、お互い家に帰ってくる時間が一定では無いですし、そもそも当直で帰ってこないこともあります。

基本的にはどちらか早く家に帰ってきた方が食事を作るようにしています。

どうしても気分が乗らないとか、食事を作るのが億劫な場合は、家に常備してあるちょっと高級なレトルト食品+αで済ますようにしていますね。

以前はコンビニ弁当に頼っていたのですが、コンビニ弁当は流石に何回か食べるだけで飽きがきてしまうので、取りやめになりました。

そのほかの家事

掃除なども、負担を軽減するために、可能な限り毎日ルンバできれいにしてもらうようにしています。

お互いあまりほこりなどは気にならないため、ルンバでも掃除が行き届かない部分にだけ何日かに1回掃除機をかけるようにしています。

ゴミ捨て等に関しても、袋がいっぱいになり次第お互い気づいた方が捨てるようにしています。

私たちのように医者で共働きだと、買い物に行く時間も惜しいです。

土日も完全に休みだといいんですが、学会、当直などで二人とも完全オフっていう日は月に1回あるかないかくらいです。

となると、車に乗ってでかけて、重たいものを買ってというのも時間的に厳しかったりします。なので、私は食料品以外はAmazonをヘビーユーズするようにしています。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医者夫婦の家計管理

医者夫婦の金銭管理も結構議論になるところです。私たちの夫婦の間では、基本的にはお互いを監視しながら、好きなようにお金を使っても良いことにしています。

給与明細をスキャン

以前は私たちの間でも、家計簿アプリを使って支出と収入を細かく把握していたのですが、さすが全部は記載し切れないのと、妻がめんどくさくなってしまったので、数年前に止めました。

したがって今は結構ドンブリ勘定になっています。

支出に関してはクレジットカードで決済したものはデジタルデータで閲覧できるので、それをスクリーンショットしてevernoteに貼り付けています。

収入についてはアルバイトをしているとは言う物の、給料を出してくれる病院は結構限られてくるので、Evernoteで給与明細書を共有したり、紙媒体のものはスキャンスナップなどでスキャンしてEvernoteにこちらも共有するようにしています。

お小遣い制でない場合のメリット・デメリット

この制度にはメリットもデメリットもあります。

メリット

良いところは、お互いの許可を得なくても、好きなものを購入できることです。

普段生活していると必要なものがどんどん出てきます。日々の臨床や、それに関連した勉強、また学会に行くときには交通費等も必要になります。

そのような細々とした経費をいちいち報告し合うのは面倒なので、その辺は自由に使えるようにしています。

もちろん10万円前後のするような高額なものを購入するときには、お互い報告し合うようにしています。

デメリット

この制度のデメリットは、お金が溜まりにくくなることです。

やはりお小遣い制と違ってどうしても何かを買うにあたってストップがかかりにくい状況なので、お小遣い制に比べればお金の溜まるスピードが遅くなってしまうかもしれません

お小遣い制は夫に辛い・・・

専業主婦の女性と結婚した大学の同級生は、ほとんどの家庭でお小遣い制が導入されているようです。

お小遣い制度も結構幅があって、学会費や教科書代までお小遣いに含めて厳格に運用している家庭から、一ヶ月分に数万円をお小遣いとして支給し、学会の参加費用や、教科書代をなど、足りない分は随時支給するという家庭もあるようです。

ただ、たくさん給料を稼いでいるのは紛れもなく夫なわけで、自分が自由に使えるお金を制限されてしまうなんてなんとなくつらそうです。僕には無理です。

この仕組みは結構厳しくて、後輩と飲み会に行けば奢らざる得ないこともありますし、アルバイト先の当直病院に間に合わないとなると、どうしてもタクシーを使わざるを得ない状況もあります。

 

 

経費で落ちない分、結構仕事関連の出費が増えたりするもんなんですよね。

つくづく医者っていうのは余分な出費が増えてしまうものだなぁと感じます。

そういう意味ではお小遣い制も僕には合わないなと思ってしまいます(笑)妻がどう思っているかどうかわかりませんが

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?