先生、まだ医局辞めてないんですか?

医局やめたって生きていけますよ。最近の飲み会の話題です。。

実は私の妻も、まだ医局にしがみついているのですが、ずっと医局に居続ける事はないだろうなぁと思っています。

医局にいるメリット

医局のメリットと言うのは、若い時にこそ発揮されるものなのかなぁ、と思っています。

ある程度指導を受けられる

たとえば、右も左もわからない研修医の身分にあっても、医局に所属していると言うだけで、上司の医局の先生たちからは、それとなく指導してもらうことができます。

もちろん、医局に所属しているというだけで、今後一生付き合いが続く(という前提)がありますから、やさしくしてくれるのかもしれないですね。

これがいきなり収益重視の民間病院とか、そもそも激務で自分の仕事が手一杯の場合には、雑用ばかり、使い捨てられて終わりです。

以前、働いていた病院は、半分医局、半分は流れ医師みたいな民間病院でした。

そこでは、ほとんどの手術は部長クラスが執刀医で、若手の先生はほとんど手術をさせてもらえていませんでした。

部長クラスの先生からすれば、若手を指導する理由もないですし、手術していた方が楽なのでしょうね。

ただ医局から派遣されて、上司からちゃんとした指導を受けている私としては、他科の若手の先生方が、かわいそうだなぁ、と思ったものでした。

いろんな病院でたくさんの経験が積める

専門医を取得するまでくらいは、いろんな病院に勤務したりとか、大学病院で難しい症例を見た方が、自分の診療の幅は広がりますね。

後は、苦しい時期に同期がいたりして、励ましあったりすることもできるかもしれません。

若いうちは医局にいた方が良いかもしれない

したがって若いうちは、いきなり民間病院に就職して医師として働いていくよりは、医局の傘に守られた医師として研修している方が、周囲の先生たちもよくしてくれるかもしれません。

もちろん低い給料と、医局派遣による転勤と言うことを覚悟しなければならないですが、それを補って余りあるだけのメリットがあると思っています。

大学病院のお給料

ただしこれは、専門医をとって身の回りの臨床業務がひとりでできるようになってくると、状況が変わってきます。

経験を積んでくると、医局にいるデメリットが目立ってくる

医局に入れば、大学の人事で転勤しなければならないですし、大学病院で働いている場合には、給料も低いままです。

専門医を取得して、少し臨床経験したレベルになると、医局人事を離れて外病院で勤務していた方が、転勤もないですし、給料も多くもらえるでしょう。

研究とか論文を書くとか、学位を取るのが好きだあれば大学に行っても良いのでしょうけれど、アカデミックな仕事が好きでないなら、なおさらです。

またこの頃になると、1人の医師として病院側の収益に貢献することができるので、立場としても少し強くなります。

転職サイトを通せば、給与面や当直の面でも譲歩してもらえるかもしれません。いま医師の転職事情は完全な売り手市場ですから、いかようにもなるでしょう。

このように考えてみると、時代は少しずつ変わってきていて、専門医レベルでは、最先端の治療するとか、研究をすると言うことでなければ、医局に入っているメリットはあまり無いように思います。というかむしろデメリットしかないですね。

大学病院時代に勤務していたある40代の男性医師

私が大学病院に勤務していたとき、ある先輩に、40代半ばの医者がいました。

その先生は大学病院で日中忙しく勤務した後に、療養型の病院で当直アルバイトをしていたわけです。そこで同じ位の年齢の常勤医から引き継ぎを受けているわけです。

当然、療養型の病院の先生は当直なんかしていませんし、給料もアルバイト当直なんかしなくて良いくらいもらっているわけです。労働時間と言う点でも、療養型病院の常勤医の方が短いでしょうね。

もちろん療養型の病院と大学病院では、やってる仕事内容が全く違うのでしょうけれども、若い時代の私が感じたのは、当直先の病院の先生のほうが人生楽しいだろうなと思いました。

医局の力は徐々に衰退傾向である

私の近所の大学病院でも、新たに医局の関連病院になったと言うような話は全く聞かないですが、逆にどこそこの病院が〇〇の関連病院ではなくなった、と言うような話はよく聞きます。

おそらくは新臨床研修制度が始まり、入局希望者の減少に伴って、大学病院は関連病院を維持できるだけの人材が揃わなくなってきたと言うことなのでしょう。

首都圏ですらこのような状況なのですから、地方の大学病院では、この動きは顕著なものだと思われます。

最近では医局に所属しない医師も増えてきている

私の時には、初期研修を経てから医局に所属しないまま働き続けている医師がいます。おそらくは医局離れと言うのは今後ますます進んでいくものと思われます。

研修医時代の同期の進路について考察する

もしかしたら20年後ぐらいには、大学病院とごく少数の医局の関連病院、その他の一般病院と言うふうな分類が進んでいくのかもしれません。

実際に医局に入るつもりもなかった私の同期は、医局に入らずに10年ぐらい医師を続けていますが、少しずつ病院を変わりながら専門医をとって、医局に所属している医師と同じように診療しています。

医局の力が弱まりつつある現在においては、市中病院自体が医局派遣だけに頼ることをせず、積極的に自前の研修医の囲い込みを目指しているようです。

もちろん医局に便宜を図る上で、部長や院長等の役職は、医局所属の医師に固定されていますけれども、50歳とか60歳まで最前線で頑張るつもりがないのであれば、全く魅力的ではありません。

医局はやめてもいいんじゃないか

医療崩壊が声高に叫ぶ出ていますが、今最前線でがんばっているのは急性期病院に勤めている勤務医の先生方だと思います。その先生の多くは医局に所属しているのでしょう。

おそらく医局を簡単に止めることができないと言うのは、仲間外れにされてしまうかもしれないとか、目の前の仕事から逃げるとか、スキルアップできないとか、ネガティブな心理が大きいかもしれないですね。

労働条件だけで見れば、医局を辞めて、転職サイトを介して勤務条件を交渉する方が、すべてにとってプラスのような気がします。転職するなら民間医局がおすすめです



おすすめの転職サイトはこちらでご紹介しています。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

 

病院を辞めていく看護師さんって結構多いんです

私が大学病院で働いていた時は、毎年病棟の看護師さんが4人とか5人ぐらい辞めていくようでした。仕事ができる若い看護師さんも辞めていくもんですから、いろいろとびっくりしたもんです。

結婚して病院をやめる看護師さんは多い

病院を辞めていく中で、結婚を機会に看護師さんを辞めていく人は多いですね。

私や妻の同僚の男性医師で、看護師さんと結婚した人はすごく多くいます。その人達の名前を列挙してください、と言われれば、10秒以内に5人くらいのお顔が浮かびます。

とりわけ男性医師と結婚する場合は、経済的にも余裕がありますから、辞めていく看護師さんが多いのかもしれません。

やめていくなんて結構もったいないなぁと思っていたのですが、色々と理由を聞いてみて、合点が行くことばかりでした。

病棟の人間関係がきつくなってくる

 

そもそも看護師さんは女性社会ですから、いくら仕事内容がきつくなかったとしても、年数が経ってくると人間関係の点でどうしても辛くなってくる部分があるのかもしれません。

中学校や高校のクラスでいじめ問題があるのと同様に、職場の人間関係と言う点においても、どうしても軋轢が生まれてしまうのかもしれません。

この点、医者の世界ではあまりないかもしれません。仲の悪い医者同士はもちろんたくさんいますけれども、基本的には大学病院以外は医者の人数が少ないですし、基本的には個人プレーなので、互いに干渉することが少ないように思います。

看護師さんは医者よりも転職しやすい

辞めていく看護師さんについては、勤めている大学病院を辞めて地元の小規模の病院に移ったりお子さんがいる看護師さんは、大学病院を辞めて時間的に都合のつきやすいクリニックに就職すると言うことをおっしゃっていました。

看護師さんは技術職・資格職ですし、今は全国的に不足しています。冒頭の大学病院の話では無いですが、毎年何十人も採用していたとしても、一病棟で毎年4-5人にも病院を辞職していては、いくら採用していても足りないでしょう。

一方で、看護師さんは医者よりもはるかに転職しやすいといえるでしょう。

大学病院で働いている医者の場合には、転職するのはすごく勇気がいります。

基本的に自分の専門性の分野で就職しようとすると、病院や就職口はかなり限られます。基本的には大学医局が関連病院と呼ばれる中規模〜大規模な病院の人事権を握っていますので、自分の意思でこれらの病院に就職するのはほぼ不可能です。

さらに、大学病院勤務の医者の場合には、病院を辞めると言う事はほぼイコール医局を辞めると言うことになってしまいますので、多くの犠牲を払ってしまわなければならない可能性もあります。

専門医取得前の転職であれば、専門医を取ることが難しくなる可能性も考慮しなければならないのです。

一方で看護師さんには医局と言う組織が存在しません。ですから、大学病院を辞めても、すぐ隣の病院に就職、ということも全く可能なわけですね。

さらに細分化された専門性ものは存在しませんので、職場の移動というのがあまり制限ないのかもしれません。

 

こういう記事を書いていて、転職ということに関しては看護師さんの方がすごく恵まれているな、と感じてしまいました。

看護師さんにおすすめの転職サイト

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医者が医局を辞めたくなるとき

医者として働いて、医局を辞めて転職したくなるときは何回もあります。

大学病院で働いている時に辞めたくなることが多い

大抵の場合、医局を辞めたくなるのは、大学病院で働いている時に多いかと思います。一般の市中病院で働いているときには、医局の存在というのはほとんど意識することがないので、辞める動機というのは、そうそうあまりありません。

自分の思い通りに診療できない

大学病院では、たくさんの医者が存在するために自分がやりたいようにできないと言う現実があります。

たとえば、一般病院では主治医となってすべての責任を持つような10年目位の医者であっても、大学病院ではすべての検査、治療に関して上司の許可を得なければならないこともあります。

たいていの場合、その上司というのは研究しているかアルバイトしているかで、たいして病棟に顔を出さないにも関わらず、口ばかりだすので、後輩からの評価が高くない場合もあります。

外科などはもっと厳格で、執刀医として自立しているような医者であっても、大学病院にいる限りは、ずっと助手しかさせてもらえないと言うようなありえないことを起きるのです。

結局のところ問題の本質は、大学病院に医者が多すぎると言うことに尽きると思います。したがって経験年数が多くて、役職のある人間しか意思決定権を持っていないのです。

したがってもっと働きたいと思っている医者や、いろんなことを経験したいと思っている医者にとっては、大学病院とはあまり魅力的ではないのかもしれません。

したがってそのような場所で働いているやる気のある医者が、大学病院を辞めたくなってしまうのも当然のことかと思います。

給料が安いことを改めて認識した時

大学病院の給料は驚くほど安くなっています。

大学病院のお給料

全国の大学病院は大抵どこでもそうですが、時給にすると1,000円とか2,000円ぐらいにしかなりません。1ヶ月の給料に直すと、せいぜい200,000円とか300,000円位で、給料が安い大学病院では、100,000円台のところもあるようです。

このようなあまりにも低い収入を補うために、平日のどこか1日とか半日とかで近くの病院に働きに行って、アルバイトと称して収入を確保する方法が伝統的にとられてきました。

とはいってもトータルで考えれば、一般の病院に勤めるよりは大学病院の給料はかなり安くなってしまいます。

同じだけ働いていても給料が安いのですから、大学病院で働くと言うことに積極的なメリットを見いだすことができなければ、医局を止めてしまうのは当然の流れと言えるでしょう。

大学病院で研究をやりたくない

医局に所属して、大学病院で働いている限りは、日々の臨床業務に加えて教育や研究を行うことが必須です。

研究というのは、終わりのない探究活動であり、研究が大好きな人にとってはすごく面白いことが強いのですが、興味のない人にとってはまさに単純労働に過ぎないのです。

これが他者から強制されるようになると、結構きつくなってきます。教授から論文を書け、研究をしろと尻を叩かれると、結構辛いものがあります。

勤務地を自分で決めることができない

医局人事の決まり方

大きな理由のひとつに、勤務地を自分で決定できない面もあります。

医局の言われるがままに、突然地方の病院に出向しなければならない場合もあります。独身であればあまり苦にはならないかもしれませんが、すでにマンションや一軒家を購入している場合や、子供の教育などを考えると、簡単に移動できないことも多いでしょう。

一人前の医師で医局に所属していなければ、ある程度勤務する病院は自分で選択することができます。したがって、医局に所属していることが魅力的にならない場合もあるでしょう。

医局と喧嘩別れしていく人は少ない

以上のように、医局を止めるのには様々な理由がありますが、いずれにしても大学病院に勤務すること、医局に関して不満があるから止めるわけです。

私の周りにも医局を去っていった先生方が何人もいます。さすがに皆さん大人なので、文句をぶちまけて喧嘩別れしていく人はほとんどいません。

心の内には何かしら思うことがありながらも、表面上はそのことを表に出さず、家族の都合とか、一身上の都合等と言う表向きの理由をつけて辞めていきます。

大学病院は給与の面でも、働き方の面でも他の病院とは大きく異なっています。ほとんどの先生方は大学病院の抱える矛盾に目をつぶりつつ、現実の中で折り合いをつけて働いています。

ですから医局を辞めたいと言う考えは、大学病院が大きな矛盾を抱えている以上、ある意味当然なのかもしれません。

先生、まだ医局辞めてないんですか?

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医者が医局を辞める3つのパターン

医師として経験を十分に積むと、診療科によって医局を辞めていく先生もいらっしゃいます。

開業するために医局を辞める

当直や当番など一般病院で働くのは疲れたとか、親のクリニックを継ぎたいとか、金銭的に自由になりたいなど、開業する理由も様々です。

クリニックを開業するからといって、医局と縁が切れるわけではありませんが、医局の人事から外れることにはなります。

つまり、年度が替わるごとに、不本意な地方病院への派遣などから解放されるわけです。これは大きなメリットでしょう。

ですから、開業するというのは厳密には医局を辞めるといっても間違いではないでしょう。

ただし医局の節目のイベントや、新しい教授の就任式などには、招待されることがあるかもしれません。これも欠席しても何もおとがめはないと思いますが・・。

医局の関連ではない病院に移るために医局を辞める

医局の人事を外れて、他の病院に勤務したりするようになる場合も、医局を辞めることになります。

基本的に医局が派遣している病院と言うのは、地域の総合病院だったり、急性期の病院だったりなど、病状が重く、治療を急ぐ患者がいる病院です。

それに伴って当番や当直の回数が多かったり、外来の患者が多かったりと、自分の時間を持つのは難しいこともあります。

したがってある程度経験を積んだ医者の中には、医局を辞めて、比較的ゆったり勤務できる療養型の病院に勤務する先生もいます。

地域にある小規模な療養型の病院は、医局の関連の病院ではないことが多いので、転職サイトや知り合いの医師のコネクションをたどって、勤務することになります。

これはもう医局を辞めていくことになるわけですね。

このほか、自分の出身地に戻るような場合も、医局を辞めることになります。

医局というのはあくまで大学病院がある周辺の病院にしか、医師を派遣していないので、東京から大阪に転居しなければならないような場合は、必然的に医局を辞めることになるわけですね。

医局と喧嘩別れして辞める

医局に不満がある場合には、仕方なく喧嘩別れしてしまうこともあります。

大学病院は組織として大きいので、やはりそれだけ不満を持つ先生も出てきます。

仮に不満を訴えたとしても、小規模な組織であれば意見を吸い上げてくれることもあるかもしれませんが、なにぶん他の人材もたくさんいるため、黙殺されることが多いです。

ゆえに医局に不満がある人間は、辞める、という選択肢しか残されていないのが正直なところです。

新臨床研修制度がはじまって、全国的に医局の力は総体的に大幅に弱まりました。中小病院であれば、もはや医局の力が及ばない現状になっています。

もはや医局にしがみつく時代ではないのかもしれません。

先生、まだ医局辞めてないんですか?

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

 

 

医局をやめていった人たちの3例

大学病院の勤務に疲れたり、市中病院での忙しい毎日に追われたり、そろそろ開業を考える時、医師は医局を辞めていきます。

ここでは私がみてきた、医局を辞めていった3人の事例をご紹介したいと思います。

仕事に嫌気がさした40代医師

ある40代の先生は、大学病院に勤務している時に教授との反りが合わず、長年市中病院に派遣されていました。市中病院では当直や休日の当番などで忙しく働かなければなりません。

あるとき、その先生が医局を辞めると聞いて、医局員一同「やっぱりな」という思いを胸抱きました。その先生は以前より医局とは距離を置いていたのでした。

医局を辞めるにあたって、教授にどのように話をつけたのかということを聞いてみると、「身内に不幸があったので、ゆったり勤務できる病院を探したい」と言うことを、新しい異動先の病院が決まるか決まらないかぐらいの時に言っていたようです。

もちろん身内に不幸があったかどうかは、定かではありません。

医局としては、関連病院に派遣できるいわゆる駒がなくなりますので、医局員の減少は可能であれば避けたいところです。

教授自身はその医師のことを特に何も思っていなかったようですが、さすがに身内の不幸となると力ずくで慰留することもできず、全体的には丸く収めて医局を辞めることができたようでした。

その先生自体は今の病院でゆったり勤務できることにすごく満足されているようでした。

理由もなく医局をやめた30代の医師

ある30代の先生は、非常に仕事のできる先生でしたが、突然医局を辞めると言うことを話されました。

どうやら奥さんや子供、両親など家族の人間関係のことで凄く悩まれていたようでした。

その先生は突然医局を辞めるとおっしゃったので、私たち医局員は非常にびっくりしました。

医局を辞めるとお話しされたときには、すでに新たな勤務先が決まっていたようでしたので、おそらく転職サイトを利用して新たな勤務先を決められたのだと思います。

本当に家族のことが原因で転職したかどうかはわかりません。プライベートなことまでグイグイ質問できるような状況でもありません。

このように、静かに医局を去っていく先生もいるわけですね。

キャリアアップを目指して医局を辞めた20代の医師

これは私が市中病院に勤務していたときの話ですが、研修医を終えたばかりの20代の男性医師が、転職サイトを利用して、都内の保険会社に就職したと言う話を聞きました。

彼は研修医としてすごく仕事のできる人間でしたが、どうやら病院と言うものをもっと高い視点から見ているらしく、大きな活動がしたいと言うようなことを話していました。

民間病院に勤務しながら、何か別のことをやると言うのは難しいので、自分の時間を持つために保険会社に就職したのかもしれません。

若くして自らのキャリア形成を考えるのはなかなか難しいことですが、彼は医局を辞めては保険会社に勤務すると言うことに関して迷いはあまりなかったようです。

次の勤務先を探すのは、やはり転職サイトが有用

というわけで、実際に医局を辞めるとなった場合には、転職先を自分で探さなければなりません。

一つ一つの病院にアポイントメントを取るのも、有用な方法かもしれませんが、給与や待遇などの条件を自ら交渉するのは非常に骨の折れる作業ですし、良い条件が引き出せるとも限りません。

そういう意味ではそのような条件を交渉してくれると言う点で、医師転職サイトはきっと役に立つでしょう

先生、まだ医局辞めてないんですか?

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医局に入るのは簡単だが辞めるのは難しい

大学病院の各診療科に存在している医局という組織。

循環器内科であれば循環器内科の医局、外科であれば外科の医局というのが存在しています。大学病院=会社と例えるならば、営業部とか、総務部とか、そういったものにあたるでしょうか。

医局への入り方はすごく簡単である

私自身も医局に所属していますが、医局と言う組織は本当によくわからないものです。

多くの先生方は、研修医1年目や2年目で、自分の入りたい医局に、「医局に入りたいです」と言う宣言をします。これがいわゆる入局宣言というやつですね。

東大とか慶応の一部の人気医局は、入局する研修医の数に制限をかけていることもあるようですが、基本的に拒否する医局というのはほとんどないので、宣言した時点で直に入る、すなわち入局したことになります。

ではこの入局に従って契約書が存在するかと言うと、そういう事は全くないわけですね。契約書がないにもかかわらず、あっちの病院へ行けと言われたり、こっちの病院で働けと言われては、言われた通りに動かなければなりません。

実は契約書はちゃんとあるんですが、これは大学病院や市中病院との契約書であって、医局との派遣契約ではないんですね。

医局をやめるのは難しい

医局は入るのは簡単ですが、出るのは非常に面倒です。

医局を辞めると言うのは、大部分がネガティブなイメージを持っています。

教授と人間関係が合わないとか、仕事が辛くてやめるとか、研究が面倒でやめるとか、あまり良いイメージはありません。

クリニックを開業するために辞めるとか、親の介護や後継で地元に帰るために医局を辞めると言うのであれば、寿退社のように円満に医局を辞めることができるのですが、人間関係が悪いとか、仕事が辛いから辞めたいと言うのは、なかなか受け入れられません

したがって多くの先生方は、家族の都合とか、一身上の都合とか、角が立たないように色々と理由をつけて医局を辞めていきます。

医局の辞め方は大切

医局や教授と喧嘩してやめてしまうと、その後の生活にも支障が出てしまうかもしれません。いわゆる医局と喧嘩別れってやつです。

狭い医者の世界ですから、研究会や学会で顔を合わせることもありますし、医局の息のかかった病院では勤務できなくなってしまうかもしれません。

新幹線や飛行機を使って引っ越すような場合は、医局と喧嘩別れするのも悪くないかもしれませんが、少なくとも同じ都道府県内で働く限りは、医局とは良好な関係を保っておきたいものです。

そう考えてみると、医局というのはまさにヤクザのような組織です。入るのは簡単だが止めるのは難しい、仲が悪くなってしまうと命を狙われるかもしれない、なんとも医者の世界はめんどくさいものです。

最近医局をやめていった30代の男性も、一身上の都合の一点張りで、本心を医局には明かさなかったようです。まっ、それが正しい医局のやめ方かもしれませんね。

先生、まだ医局辞めてないんですか?

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?