おすすめ教科書・医学書(シリーズもの). 病気が見える、標準医学、STEP、TEXT…




医学書の中には、分野ごとに一冊ごとの医学書になっている、いわゆるシリーズの教科書があります。

シリーズ教科書の良いところは、各分野の教科書において統一性があり、自分にあったシリーズを選ぶことができれば、当たり外れのないクオリティの教科書を読むことができる、安心感が得られる点でしょうか。

ここでは、代表的なシリーズの医学書についてご紹介したいと思います。

★★★ 病気がみえるシリーズ

国家試験対策において多くの参考書を出版している、メディックメディアが出版している医学参考書です。

病気がみえるシリーズはイラスト、画像、グラフが主体となって構成されています。全体的にはコメディカルが読む事も視野に入れて出版されているため、視覚的に理解しやすいようにまとめられています。

シリーズを通して全ページカラーで、とても医学書とは思えないテイストになっています。ダラダラと難解な文章が書かれてあるのではなく、イラストや画像の説明に関する文章がほとんどであると言っても過言ではないでしょう。

気になる内容はというと、決してコメディカルの域には留まらず、基本的な内容であれば医学生、研修医レベルのことまで書かれています。

呼吸生理のページなどでは、標準的な医学書ですら割愛されているような内容が説明されていたります。この辺りは国家試験対策の書籍を出版しているメディックメディア社の強みが出ているような気がします。

講義にやって来る医師の中には「病気が見えるは教科書ではないから、ハリソンを読め」とご高説される方がいますが、同じ内容ならば分かりやすく、効率よく学んだ方が良いですね。無理して正統的な教科書に飛びつく必要もないのでしょう。

創刊されて間もないシリーズでありながら、医学生をはじめとして医療を学ぶ学生・研修医かなりの支持を得ているようで、多くの学生がこの教科書を使っています。

ほとんどの教科書はAmazonでの評価が非常に高く、試験対策、国家試験対策、研修医レベルなどあらゆる場面に使える教科書です。

★★★ 標準医学シリーズ

標準医学と名のつくだけあって、各分野の医学的事項が標準的に描かれています。

どの分野の医学書であっても、一般的な疾患の疫学や背景、病態生理、症状、診断方法、治療法などの順番で解説が加えられています。

標準シリーズ全体の傾向としては文章はやや硬く、視覚で理解すると言うよりは、文章を何度も読んで理解していく形になります。どちらかと言うと文章主体のステップシリーズに近い立ち位置といえます

内容量も、病気が見えるシリーズなどと比較すると、かなり多くなっています。また、書いてある内容も臨床医レベル、専門医レベルであるといえるかもしれません。

以前はイラストやグラフ、写真の割合が少ない印象でしたが、最近になって改訂されたものはそれらのクオリティも高く、医学書としての質は上がってきているように思います。

医学生にとってはかなり難解な内容が含まれている場合が多いですから、辞書的に使うというのが正しい使い方かと思います。

★★☆ STEPシリーズ

海馬書房が出版している医学参考書です。診療科、分野ごとに出版されています。内容量としては標準的な内科学書と同程度でしょうか。

STEPシリーズの特徴は、なんといっても文章主体で構成されていること、口語調で書かれている事の2つでしょう。

STEPシリーズの執筆者は各シリーズとも1~3名となっており、全体を通して統一性があります。

またSTEPシリーズは文章主体で構成されており、図やイラストは最小限に抑えられています。本文は口語調で書かれていますので、文章主体ながらすらすらと読み進める事が出来ます。

全体的に内容量は標準的な教科書だと言えますが、やはり視覚での理解という点に弱点があります。

いくらわかりやすく説明されたとしても、百聞は一見に如かず、ですからね・・・。また文章主体の構成であるため、試験対策には使いにくいかもしれません。

★☆☆ 病態生理できったシリーズ

STEP、病気がみえるシリーズと並んでよく読まれているシリーズです。病態生理の解説を主体に置きながら、要点を絞って書かれてあります。

このシリーズは少数の著者によって口語調で書かれているのが特徴で、統一感のある文体、内容になっています。

イラストや画像などは最小限掲載してある程度で、各項目に対する説明も、教科書的に解説したといよりは、講義調に説明した体裁をとっています。

全体的に内容量は少なく抑えられており、試験対策や講義と平行してというよりは、各分野の導入に使うのが良いかと思われます。

良い教科書のシリーズなのですが、出版されていない領域があったり、改訂のスピードが遅かったりしています。やはり病気が見えるシリーズには及ばない印象です。

★☆☆ TEXTシリーズ(南山堂)

南山堂より出版されているテキストシリーズです。主にマイナー科を中心に出版されているようです。

標準医学シリーズとの比較で考えてみると、本書の方がより文章中心であり、あまり形式張った文体ではない印象です。ぜんたい的に読みやすい流れになっているでしょうか。

また医学生を対象として執筆されており、あまり深く突っ込む事なく必要な事項だけが説明してある印象を受けます。

標準医学シリーズに比較すると知名度は高くなく、また改訂の頻度も遅いため、基本的には標準医学シリーズを購入されることをお勧めします。

Sponsored Link







関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。