すごくかわいい医学部女子の性格や特徴

医学部の中には、いわゆるマドンナと呼ばれるような、すごく可愛い女性がいます。

男社会の医者の世界、医学部の世界にあって、女性と言うだけでも希少価値があるにもかかわらず、美人な女性と言うのは、男性医学生の憧れの的です。

そのような美人な女性が、医者になってどのような経過をたどるのか、考えていきたいと思います。

美人医学部女子学生の特徴

私が過ごした学生時代にも、医学部ではもちろん、街を歩いている女性と比較してみても美人だと思える女性は、何人かおられました。

皆さんすごく性格が良かったような気がしています。誰とでも分けへだてなく接し、何事にも熱心。

それでいて不平や不満を言うことはほとんどなく、男女問わず友達が多い。美人で頭が良いからこそ、湧いてくる余裕の表れなのでしょうか。

医学部内での扱われ方

医学部と言う狭い社会の中ですから、男子学生は先輩、同級生、後輩など関係なく、みなさん後々の人間関係のことを気にして、最初の方は様子を見るわけです。

いきなりかわいい女性に突撃するようでは、先を読む医師としては失格です。

ですから医学部に入ってすぐの頃は、かわいい女性の争奪戦というのほとんど起きていませんでした。

つまり多くの男子学生は、「あの女性は美人だ」と思っているにもかかわらず、手を出していないように思えるわけです。

ところが、学年が3年目4年目となり上がってくると、事情が少々異なってきます。

興味なさそうに装っていた男子学生たちですが、実はその美人な同級生にアプローチしていた、と言うことが徐々に判明してくるのです。

医学部の男子というのは基本的に幼く、そして常識がない方もいます。

中には、ストーカー的な行為を美人の女性医学生にしていることが判明し、同級生のみんなから総スカンを食っている男子学生もいました。

恋愛事情

私の知っている限りは、そのような美人の女性と言うのは、ほぼ例外なく彼氏がいたように思います

医学部と言う頭脳明晰の持ち主で、美人、しかも周りは男ばかり、と言う環境ですから、むしろ彼氏がいない方が不思議なのかもしれません。

ただ同級生と付き合っているというわけではなくて、医学部の先輩や後輩、はたまた医学部とは全く関係のない男性とお付き合いしている女性もいます。

医学部女子の恋愛事情。医学部女子は男子を選び放題

2018.03.25

美人医学生が卒業して女医になってから

彼女たちも医学部を卒業してからは、当然女性医師として働き始めます。

これまでは美人医学生と言う肩書きだったのが、言うなれば美人女医と言う肩書きになります。

医学部を卒業した時点で結婚していると女性はそこまで多くなく、卒業してからもお付き合いを続けている、と言う美人な女性の方が多かったように記憶しています。

女医さんになってからはもちろん1人の医師として扱われるわけですが、やはり美人であると言う魅力は凄まじく大きいです。

美人女医の希少価値

看護師さんの中では美人な女性はたくさんいますが、医者の世界ではそうではありません。

女医さんになってからは、もちろん1人の医師として扱われるわけですが、やはり美人であると言う魅力は凄まじく大きいです。

ただでさえ若い女医さんとなればチヤホヤされるのが現状ですが、その中でもし美人であったとしたら、その愛され方は半端ではありません。

女医さんが働き始めてから、先輩の男性医師に猛アタックされて結婚していった、というような話はいくらでも聞きます。

また、美人であるが故に、上司の先生に付きまとわれてセクハラ行為を受けているという話も聞きます。

さすがにセクハラやストーカーまでいってしまうと、美人であるということが、災いの元になってしまうのかもしれません。

若い美人女医が得すること・損すること

2018.04.08

美人女医さんも年齢を重ねると・・・

さて、年齢が40歳とか50歳の女性の医師についてお話ししましょう。

もちろん病院の中で働いていると、それらの年代の女性の先生もおられます。

もちろん、それらの先生の中には、学生時代や若い時代には美人だった先生がいるのだと思われます

・・・・ただ、長年臨床現場を経験してきて疲弊しているからなのか、母として、そして妻として毎日忙しく働いているからなのか、黒木瞳さんのように、美人だと思える40代くらいの女性の先生は少ないなあ、というのが正直な感想なのです。

まとめ

美人な女性医学生について 考察してきました。やはり美人というのは正義ですね。

特に人生の若い時代に美人であるというのは、何千万円くらいも得していると思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。