【医師の視点】医学的情報から考えるプラセンタサプリメント。本当に健康に良いのか?




プラセンタ。Placenta。英語では胎盤と言いますね。

女性が妊娠中に胎児に栄養を送り出す場合、この胎盤を介して血液のやりとりが行われます。

そんなプラセンタのサプリメントが大人気のようです。

Amazonの英語版のサイトでは、羊のプラセンタなるサプリメントが売られているようです。

海外でもプラセンタというのはサプリメントにもなり得るようですね。

でも、プラセンタって本当に体に良いんでしょうか?

プラセンタのサプリに関する論文を検索してみる

というわけで、医学情報の集積されたpubmedでplacenta, supplementで検索してみました。

しかし、予想外のことにあまりプラセンタのサプリメントに関する記事はなさそうです。

いちおう「プラセンタ サプリメント」で検索したところ153件ヒットしたとなっていますが、ヒットする論文は純粋な胎盤のサプリに関して調べた研究以外のものが大多数でした。

世界各国ではメジャーなサプリメントではないんでしょうか?

そんななか、毛色は違いますが一つ論文を見つけました。

Nutr Res. 2016 Aug;36(8):872-8.

Human placenta processed for encapsulation contains modest concentrations of 14 trace minerals and elements.

PMID:27440542

2016年にラスベガスから出版されている論文です。

内容をみていきますと

Maternal placentophagy has recently emerged as a rare but increasingly popular practice among women in industrialized countries who often ingest the placenta as a processed, encapsulated supplement, seeking its many purported postpartum health benefits.

「先進国では出産後に自分の胎盤をサプリメントとして愛用する人が多い」と書いてあります。ふむふむ。

次に

Little scientific research, however, has evaluated these claims, and concentrations of trace micronutrients/elements in encapsulated placenta have never been examined.

ただしカプセル化されたプラセンタの効果というのは、これまでの研究のなかでまだよくわかっていないらしいです。

ということで筆者たちは、28のサンプルに関して、14種類のミネラルについて解析したとのことです。

The mean concentrations of potentially harmful elements (arsenic, cadmium, lead, mercury, uranium) were well below established toxicity thresholds. These results indicate that the recommended daily intake of encapsulated placenta may provide only a modest source of some trace micronutrients and a minimal source of toxic elements.

結果はというと、サンプルに含まれているヒ素や亜鉛、銅などの有害な元素は、非常に少なかったとのこと。そして、栄養分に関しては、only a modestということなので、ごく限られた量しか含まれていなかったのとことです。

どうやら彼らの研究を見る限りは、ヒトの胎盤は栄養豊富というわけでもないらしいですね。

ただ一つわかったのは、産後の栄養補給のためなのか、胎盤を食べる、もしくはサプリメントのような形態にして摂取する、ということは、決して全く行われていないということでもないようです。

胎盤を食べることは確かに行われている

例えば、胎盤を食べることについてはwikipediaに下記のような記載があります。

胎盤食は滋養強壮、更年期障害防止、エイジングケア、産後の貧血や抜け毛対策、母乳分泌不全の改善、うつ病対策など様々な効果があるともいわれているが、胎盤食を実行した女性の人数や効果に関する科学的な調査研究結果はない。

野生環境の中で捕食者から出産の形跡を消すために胎盤を食べるともいわれている

(略)

胎盤を崇拝する文化は多い一方で、出産後に胎盤を食べる風習は稀である。

Wikipedia: 胎盤食

Wikipediaの胎盤食というトピックのページですが、胎盤を食べる文化は確かに存在するようです。

しかし「出産後に胎盤を食べる風習はまれ」と書いてありますね。

上に紹介した論文にも、胎盤食についてはrare(レア)と書いてましたので、ポピュラーなことではないんでしょうね。

私も産婦人科で研修している時に、胎盤に触れる機会が何回かありました。

実は帝王切開を行って取り出した胎盤は、何かしらの異常がないか一応のところ病理診断医によって顕微鏡で観察されているんです。

ヒトの胎盤は見た目はグロテスクなんですが、重要な働きをしています。

触ってみると結構弾力があって、硬いスポンジと言った感じです。おそらくは内部に血管が豊富に走行しているからでしょうか。

食べてもとても美味しくはなさそうですが、どちらかといえば肉に近い食感なのかもしれません。

病院の中で行われる病理解剖の概要について。死因を特定するために行われる解剖

2017年12月30日

結局プラセンタサプリって効果あるの?

さて最終的な結論なのですが、申しわけありません。分かりませんでした。

日本や米国の公的機関もプラセンタについては公式な見解がないようです。

もちろんWikipediaに記載のある通り、胎盤を食べることが健康に良い証拠はないのですが、全く効果がないとする証拠もありませんから、なかなか難しいところです。

プラセンタサプリについてはその効果が調べられていない、と解釈する方が正しいのでしょう。

したがって現時点では大多数のサプリメントと同様に、プラセンタサプリは効果なしとして良さそうです。

【医師の視点】ネット上で信頼ある医療情報を得るのはすごく難しい。正しい医療情報を得るために必要なことは?

2017年11月1日

Sponsored Link







関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。