医学部の面接試験で問われる医療系質問への正しい答え方




医療系のニュースは、医学部の面接でもよく問われるテーマですね。。

安楽死、尊厳死、臓器移植、チーム医療、再生医療、患者対応、この辺りがよく問われるようなトピックでしょうか。

これらの医療系テーマにどのように回答すれば良いか、医師目線で考えてみたいと思います。

ある大学の教官の一意見

面接というのは、個人の主観的な評価になりますから、評価することに関しては不透明な部分が非常に大きなウェイトを占めるといっても過言では無いでしょう。

ですから受験生としては、面接に関してやきもきしてしまうのは仕方ありません。そこで、医学部で実際に受験生の面接を担当している方にお話を聞いたことがあります。

実際にその教官の先生にお話を聞いてみたところ、家族構成や年齢、容姿などで下駄を履かせたりすることはないと言うことでした。

医学部の教官としては、やはり総合的に優秀な人材が欲しいとのことでした。つまりは可能な限り公平な視点で評価を行う、ということのようです。

ただし、これは教官の一意見であって、本当にこれが実行されているかどうかはわかりません・・。

当たり障りのない回答をすることが大切

医学部に限らず、医療系の学部大学における面接で、医療に関するトピックが問われるのはよくありますね。では、どのように答えるのが正解なのでしょうか。

1つまず間違いないのは、当たり障りのない回答することです。

面接試験となるととにかく印象を残そうとして、奇抜な回答が求められている感じてしまうのですが、実際はそうではありません。

企業に入って何か製品やサービスを開発するとか、研究者として何か創造的なことに従事するのであれば、奇抜な発想や回答も必要になってくるかと思います。

しかし、医学部や看護学部の面接で問われているのは、当たり障りのない人間であることをアピールするための場であります。

例えば面接試験でよく問われる、安楽死や尊厳死テーマについて、まず正解はありません。

専門家たちが、何人も集まって何時間も議論したとしても、いまだに結論が出ていないのですから、その問題の難しさは推して計るべきです。

ですからこれから医学を学ぼうとしている人間が、客観的に見て正しい意見というのを言えるはずがありません。むしろ正解はない、と考えた方が妥当でしょう。

医師が考える医療系学部の面接試験における安楽死への対応方法

2018.01.31

医療現場ではトラブルを起こさない人間が求められている

では、実際の臨床現場ではどのような医療支援が求められているのでしょうか。

それはまさしく、患者や同僚と仲良くチーム医療を遂行できるような、トラブルを起こさない人間です。

つまり当たり障りのない人間と言うのが、病院の中では求められているのです。

病院の中で勤務していて、同僚が安楽死に賛成だからと言って、末期ガンの患者さんをどんどんと積極的に死に追いやっていては、これは大問題になってしまいます。

ですから、慎重で一般的な考えを持った、当たり障りのない医療人が求められているわけです。

元通りの健康な生活を遅れる可能性がほとんどない患者さんが苦しんでいるのを見るのが辛いからとか、医療経済上の問題から安楽死を進めるべきである、と思っていても、面接では、安楽死に関してあまり積極的な発言はしない方が無難でしょうね。

あまりにも積極的に安楽死を擁護しすぎると、トラブルメーカーとして見られてしまう危険があります。

臓器移植を例に

同様に臓器移植についても、どんどん海外での移植を推進すべきとか、子供の臓器移植ができるように基準を緩めるべき、といった、臓器移植を肯定・推進する側の意見は危険な考え、と捉えられてしまう可能性があります。

医学部や看護学部などの医療系学部における面接試験と言うのは、自分の個性を披露する場所ではありません。周囲と摩擦を起こさない人間か、トラブルを起こさない人間か、ということをいかに相手に伝えるべきかを心得る方が良いでしょう。

医学部受験における合否は1点の争いになるよという話。厳しい戦いです。

2018.03.21

Sponsored Link







関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。