医学部生・研修医が診療科を選択するときに考えるべきこと

研修医の2年間が終了してはじめて、それぞれの専門性のある診療科を選択することになります。

専門とすべき診療科については、迷う迷うものです。

自らの興味や適正を考えて診療科を選択すべきである

多くの研修医は、自らの興味や適性について考えたうえで、診療科を選択していくことになります。手術が好きであれば外科、そうでなければ内科といったような具合でしょうか。

手技は好きだけれども、手術はちょっと、、、という場合は、比較的内科の中でも手技が多い消化器内科や循環器内科などが候補に上がるかと思います。

これらは病棟実習や、研修でローテーションした診療科の雰囲気をみて、決めていくことが大切です。

QOLも大切な基準になり得る

またどれぐらい、休日があるか、というのも非常に大事になってきます。

つまりは仕事の大変さですね。

特に女性の場合は結婚・妊娠・出産と言うイベントをこなすことが多いですから、あまりにも激務で、休みも中々とれなかったり、毎日夜遅くまで必要がある診療科であれば、家庭と仕事の両立が後々難しくなってきます。

また現実的には、一旦手術となれば10時間くらい平気で手術時間がかかる腹部外科、脳神経外科、心臓血管外科に関しては、女性の場合は体力的にもたないと言う面もあると思います。

私は女性でも外科や救急科などを選択するのは自由だとは思いますが、男性医師と同じ土俵で競争しなければならないのですから、現実的な選択肢をした方が良いでしょうね。

手術時間が短い診療科となると、皮膚科、眼科、耳鼻科(一部)、形成外科、乳腺外科、整形外科なんかでしょうか。つまりは体内臓器に直接的にアプローチしない診療科に限定されるかと思います。

上記のような背景からか、女医さんは眼科や皮膚科、麻酔科等、体力勝負ではない診療科で、比較的オンオフが明確に区分されている診療科を選択することが多いようですね。

開業しやすいか、医局をやめても大丈夫か

もし興味やQOL、それ以上にも考慮する余裕があるのであれば、医局と喧嘩をしてしまった場合のことも考えておいた方が良いですね。

フリーの医師の求人は、内科系であれば引く手数多なわけですが、一部のマイナー科になると働く場所も限られてきます。

「自分は巨大な医局という組織をやめてしまうかもしれない」と考えている研修医諸君は、とりあえずメジャー内科に入局しておけば良いと思います。

自分の親のクリニックや医院を継ぐか否か

その他、自分の親がクリニックや医院を開業している場合には、それらを継承するのかどうか、という問題も出てきます。

医学部の同級生を思い起こしてみると、親が開業医をしている場合には、将来の軽症に備えて、内科医系に進む医師が多かったように思います。

親のクリニックを継承する、というのは医者キャリアの中ではかなりイージーモードですから、継承するかどうかは別として、継承できるように同じ専門分野に進んだ方が賢明ですね。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。