医局に入るのは簡単だが辞めるのは難しい。辞める時には慎重な対応が求められる

大学病院の各診療科に存在している医局という組織。循環器内科であれば循環器内科の医局、外科であれば外科の医局というのが存在しています。

大学病院=会社と例えるならば、営業部とか、総務部とか、そういったものにあたるでしょうか。

この医局という組織は、入るのは簡単なのですが、辞めるのはすごく気を使います。

医局へ入るのはすごく簡単である

私自身も医局に所属していますが、医局と言う組織は本当によくわからないものです。

多くの先生方は、研修医1年目や2年目で、自分の入りたい医局に、「医局に入りたいです」と言う宣言をします。これがいわゆる入局宣言というやつですね。

東大とか慶応の一部の人気医局は、入局する研修医の数に制限をかけていることもあるようです。

しかし大学病院に人が集まらない昨今では、基本的に拒否する医局というのはほとんどないので、宣言した時点で医局に入る、すなわち入局したことになります。

医局に入る=教授とがっちり握手をすることである。飲み会の席での勧誘は注意すべし

2018.05.08

ではこの入局に従って契約書が存在するかと言うと、そういう事は全くないわけですね。

契約書がないにもかかわらず、あっちの病院へ行けと言われたり、こっちの病院で働けと言われては、言われた通りに動かなければなりません。

実は契約書はちゃんとあるんですが、これは大学病院や市中病院との契約書であって、医局との派遣契約ではないのです。

医局・大学病院にいると不満がたまる

大学病院に在籍していると、徐々に不満が蓄積してきます。

学会活動など華やかな医学の最先端とは裏腹に、の医局は組織が大きいゆえ、面白くない仕事や雑用を誰かが行わなければなりません。

それは下っ端の仕事であったり、また中堅レベルの先生で仕事のできる先生だったりします。

長年大学病院にいる先生で、病院を変わりたいという医師はたくさんいようとも、大学病院で長く働きたいと思う先生はほとんどいないでしょう。

同僚や先輩医師との治療方針の対立など、長く勤められる現場ではないのが大学病院なのかもしれません。

医局をやめるのは難しい

医局は入るのは簡単ですが、医局を出るのは非常に面倒です。

具体的には教授と関係が合わないとか、仕事が辛くてやめるとか、研究が面倒でやめるとかの理由になるわけですが、あまり良いイメージはありません。

クリニックを開業するために辞めるとか、親の介護や後継で地元に帰るために医局を辞めるというのであれば、寿退社のように円満に医局を辞めることができるのです。

したがって多くの先生方は、家族の都合とか、一身上の都合とか、角が立たないように色々と理由をつけて医局を辞めていきます。

医者が医局を辞める4つのパターン。正当な理由から喧嘩別れまで

2017.10.29

医局の辞め方は大切

医局や教授と喧嘩してやめてしまうと、その後の生活にも支障が出てしまうかもしれません。いわゆる医局と喧嘩別れってやつです。

狭い医者の世界ですから、専門分野が同じ限りは研究会や学会で顔を合わせることもありますし、医局の息のかかった病院では勤務できなくなってしまうかもしれません。

新幹線や飛行機を使って遠い場所に引っ越すような場合は、医局と喧嘩別れするのも悪くないかもしれませんが、少なくとも同じ都道府県内で働く限りは、医局とは良好な関係を保っておきたいものです。

そう考えてみると、医局というのはまさにヤクザのような組織と表現することができるかもしれません。

入るのは簡単だが止めるのは難しい、仲が悪くなってしまうと命を狙われるかもしれない、なんとも医者の世界はめんどくさいものです。

最近医局をやめていった30代の男性も、一身上の都合の一点張りで、本心を医局には明かさなかったようです。それが正しい医局のやめ方かもしれませんね。

医局辞めても生きていける、、かも

2018.01.12



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。