医局辞めても生きていける、、かも




医局やめたって生きていけますよ。最近の飲み会の話題です。。

あ、もちろん医局の外での飲み会ですよ。流石に医局内での飲み会で、教授がいるような前で「医局やめる、やめたい」系の話題は禁物です。

実は私の妻も、まだ医局にしがみついているのですが、ずっと医局に居続ける事はないだろうなぁと思っています。

医局にいるメリット

医局のメリットと言うのは、若い時にこそ発揮されるものなのかなぁ、と思っています。

ある程度指導を受けられる

たとえば、右も左もわからない研修医の身分にあっても、医局に所属していると言うだけで、上司の医局の先生たちからは、それとなく指導してもらうことができます。

もちろん、医局に所属しているというだけで、今後一生付き合いが続く(という前提)がありますから、やさしくしてくれるのかもしれないですね。

これがいきなり収益重視の民間病院とか、そもそも激務で自分の仕事が手一杯の場合には、雑用ばかり、使い捨てられて終わりです。

以前働いていた病院は、おおよそ半分の医師は医局派遣、半分は医局に所属しない流れ医師みたいな民間病院でした。

そこでは、ほとんどの手術は部長クラスが執刀医で、若手の先生はほとんど手術をさせてもらえていませんでした。

部長クラスの先生からすれば、若手を指導する理由もないですし、手術していた方が楽なのでしょうね。

ただ医局から派遣されて、上司からちゃんとした指導を受けている私としては、他科の若手の先生方が、かわいそうだなぁ、と思ったものでした。

いろんな病院でたくさんの経験が積める

専門医を取得するまでくらいは、いろんな病院に勤務したりとか、大学病院で難しい症例を見た方が、自分の診療の幅は広がりますね。

後は、苦しい時期に同期がいたりして、励ましあったりすることもできるかもしれません。

若いうちは医局にいた方が良いかもしれない

したがって若いうちは、いきなり民間病院に就職して医師として働いていくよりは、医局の傘に守られた医師として研修している方が、周囲の先生たちもよくしてくれるかもしれません。

もちろん低い給料と、医局派遣による転勤と言うことを覚悟しなければならないですが、それを補って余りあるだけのメリットがあると思っています。

ただしこれは、専門医をとって身の回りの臨床業務がひとりでできるようになってくると、状況が変わってきます。

経験を積んでくると、医局にいるデメリットが目立ってくる

医局に入れば、自ら就職活動をする必要はありません。

黙っていても、医局側が勤務する病院を与えてくれます。

ただし、勤務命令の出た病院が、必ずしも地理的に、給与的に、人間関係的に恵まれているとは限りません。

むしろ医局人事であるがゆえ、特に勤務時間の面では忙しい病院の方が多いでしょう。

加えて大学の人事で転勤しなければならないですし、仮に大学病院で働いている場合には、給料も低いままです。

ですから専門医を取得して、少し臨床経験したレベルになると、医局人事を離れて外病院で勤務していた方が、転勤もないですし、給料も多くもらえるでしょう。

研究とか論文を書くとか、学位を取るのが好きだあれば大学に行っても良いのでしょうけれど、アカデミックな仕事が好きでないなら、なおさらです。

またこの頃になると、1人の医師として病院側の収益に貢献することができるので、立場としても少し強くなります。

転職サイトを通せば、給与面や当直の面でも譲歩してもらえるかもしれません。

いま医師の転職事情は完全な売り手市場ですから、いかようにもなるでしょう。

時代は少しずつ変わってきていて、専門医レベルでは、最先端の治療するとか、研究をすると言うことでなければ、医局に入っているメリットはあまり無いように思います。

というかむしろデメリットしかないですね。

大学病院時代に勤務していたある40代の男性医師

私が大学病院に勤務していたとき、ある先輩に、40代半ばの医者がいました。

その先生は大学病院で日中忙しく勤務した後に、療養型の病院で当直アルバイトをしていたわけです。

そこで同じ位の年齢の常勤医から引き継ぎを受けているわけです。

当然、療養型の病院の先生は当直なんかしていませんし、給料もアルバイト当直なんかしなくて良いくらいもらっているわけです。

労働時間と言う点でも、療養型病院の常勤医の方が短いでしょうね。

もちろん療養型の病院と大学病院では、やってる仕事内容が全く違うのでしょう。

けれど若い時代の私が感じたのは、当直先の病院の先生のほうが人生楽しいだろうなと思いました。

医局の力は徐々に衰退傾向である

私の近所の大学病院でも、新たに医局の関連病院になったと言うような話は全く聞きません。

一方で、逆にどこそこの病院が〇〇の関連病院ではなくなった、と言うような話はよく聞きます。

新臨床研修制度が始まり、入局希望者の減少に伴って、大学病院は関連病院を維持できるだけの人材が揃わなくなってきたと言うことなのでしょう。

首都圏ですらこのような状況なのですから、地方の大学病院では、この動きは顕著なものだと思われます。

最近では医局に所属しない医師も増えてきている

私の時には、初期研修を経てから医局に所属しないまま働き続けている医師がいます。おそらくは医局離れと言うのは今後ますます進んでいくものと思われます。

研修医時代の同期の進路について考察する。どんな生き方をしているか

2018.01.08

もしかしたら20年後ぐらいには、大学病院とごく少数の医局の関連病院、その他の一般病院と言うふうな分類が進んでいくのかもしれません。

実際に医局に入るつもりもなかった私の同期は、医局に入らずに10年ぐらい医師を続けています。

少しずつ病院を変わりながら専門医をとって、医局に所属している医師と同じように診療しています。

医局の力が弱まりつつある現在においては、市中病院自体が医局派遣だけに頼ることをせず、積極的に自前の研修医の囲い込みを目指しているようです。

もちろん医局に便宜を図る上で、部長や院長等の役職は、医局所属の医師に固定されていますけれども、50歳とか60歳まで最前線で頑張るつもりがないのであれば、全く魅力的ではありません。

医局はやめてもいいんじゃないか

医療崩壊が声高に叫ぶ出ていますが、今最前線でがんばっているのは急性期病院に勤めている勤務医の先生方だと思います。

その先生の多くは医局に所属しているのでしょう。

おそらく医局を簡単に止めることができないと言うのは、仲間外れにされてしまうかもしれないとか、目の前の仕事から逃げるとか、スキルアップできないとか、ネガティブな心理が大きいかもしれないですね。

労働条件だけで見れば、医局を辞めて、転職サイトを介して勤務条件を交渉する方が、すべてにとってプラスのような気がします。

転職するなら民間医局がおすすめです。

Sponsored Link







関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。