医師向けメディアに設置してある贅沢品の広告。医者はそんなに金持ちではない




世の中には、医師だけが利用できる情報サイトがいくつかあります。

最新の医療情報や、薬の副作用などを紹介する医師向けのメディアなのです

そのようなメディアには医師だけを対象としたサイトとして、色々な広告が用意されています。

しかしこれらの広告、掲載されているモノやサービスが高すぎて、明らかに勤務医向けではないんです。

医者向けの広告にしては高すぎる

これら医療者専用のメディアは結構面白くて、高級外車や高級マンションの宣伝も多く見かけます。

それも数百万、数千万の高級車やマンションではなく、さらに桁が一つ上の一千万円単位の高級車や、一億円に届きそうなマンションが広告されているんです。

確かに販売する側にしてみれば、医師だけに効果的に広告を出すことができるので、費用対効果が優れているのだろうと想像できます。

一方で私のような、しがない勤務医からしてみれば、出ている広告の品々がちょっと高すぎるような気もするのです。

高級車の広告が高すぎる

ベンツ、BMWをはじめとして、掲載されている広告に登場してくる輸入車は軒並み1000万円近くです。

一介の勤務医にとても手の届くような金額ではありません。

確かに医者の場合は外車を所有している人も多いですが、勤務医レベルだとせいぜい低いグレードの輸入車な訳です。

ちょっちょ、普通の勤務医じゃ手の届かない金額ですよ、と教えたくなってしまいます。

【医師の視点】医者が所有している車はどんな車?やはり外車が人気のようです

2016年11月25日

マンションの情報も高すぎる

マンション情報に関しても、勤務医の手が届かないような超高級マンションだけが広告されています。

23区で売り出し中の上記のマンションは、全部1億円に届きそうな価格設定です。

東京大学病院から徒歩5分」なんとかいって、1億円近い値段の割には広くもない新築マンションが掲載されています。

おせっかいかもしれませんが、大学病院に勤務している医者が1億円ものマンションを楽々購入できるわけがありません。

プラチナカードのインビテーション

広告は車やマンションだけにおさまりません。クレジットカードの広告もあります。

一般的にプラチナカードといえば、年収2000万円以上で、企業経営者とか役員、企業弁護士など、極一部に限られた人だけが持つクレジットカードかと思ってしまいます。

医療系メディアではこれらのクレジットカードの広告が掲載されいてるのですが、とても一般の勤務医が所持できるような代物ではないでしょう。

年会費が8万円とか10万円とか、一晩のアルバイト当直よりも少し高いくらいです。

クレジットカードの年会費のために一晩当直するなんて、そりゃ無理です。

医者向けサイトの優待制度も数多くあり

このほかにもいろいろな優待制度が用意されていて、高級宿を割引予約できたりとか、高級な腕時計の案内とかがあります。

いずれも普段宿泊するような宿とか、普身につけている腕時計の値段とはかけ離れた値段が見られます。

個人的にはとてもとても手の届くような金額ではないのですが、開業医の先生にしてみれば安い買い物なのでしょうか。

それとも一介の勤務医であっても見栄を張って購入してしまうのでしょうか。

【医師の視点】高級時計を趣味にしている医者はあまりいない。その理由を3つ考える

2018年3月3日

Sponsored Link







関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。