医療の高度化と専門分化がもたらしたもの。専門外の分野が分からない

今の医療ってすごく高度化していますよ。

毎年のように各分野から新しい薬が発売されますし、普段診療しながら片手間に勉強しているだけでは、とてもじゃないですが他の専門分野の内容まで追いついていく暇がありません。

医療が高度化するに従って、医師ひとりでできる医療の範囲はどんどん狭まってきています。ここでは、医療の高度化が今の病院や医療にもたらしたものについて書いてみたいと思います。

責任を持って診察できる範囲が狭くなる

現在行われている医療というのは、非常に高度に発達しています。

病気や疾患が細く分類されるに従って、耳鼻科や眼科と一口にいっても、最先端の医療を提供しようと考えるのなら、一人の医師がそれらの全てをカバーするのは難しくなってきています。

大学病院などでは、ある診療科に属しているにもかかわらず、ひとつの病気しかみない、というような風潮が生まれて来ているわけです。

つまり一口に消化器内科といっても、大腸の専門家と肝臓の専門家では医者が違ったりするわけです。

大学病院というのは研究を主体にして医療の発展を担う診療科なわけですから、専門家を養成するという意味では、これはこれで合理的と言えるのです。

もちろん特定の病気しか診察しないと言うのは、その病気の治療法や診断方法を発展させるには非常に大切なことです。

ただしそれ以外の領域の疾患となると、とたんに疎くなってしまうというリスクもあるわけです。

専門的な医療しか提供しない傾向

専門外の病気や疾患に関しては、責任を持った治療ができないと判断されて、他の診療科に紹介される場合がよくあります。

糖尿病の薬が1種類の時代には、外科医も内科医も少し勉強すれば、どのように対処すれば良いかは容易に学ぶことができました。

しかし糖尿病の薬が何十種類にも増えてくると、専門外の医師だけでは対応できなくなってきている現実があります。こうなってしまうと糖尿病内科医にコンサルトしなければならないのです。

最高水準の医療が求められる

このような医療の高度化を背景として、すべての疾患や病気で、最高レベルの医療が求められるようになっています。

例えば地方病院と都会にある大学病院では、医療の設備や医者の数、看護師等のスタッフの数が大きく違います。

医療は高度化し、大学病院ではさらに高度な医療が行われるに従って、ある病気や疾患に対する標準治療と言うのは、どんどん高度化していきます。

一方でヒト・カネ・モノが限られた地方病院では、都会の大学病院と同様の水準の診療行っていくのは困難です。

そのような背景があるにもかかわらず、地方病院であっても、難しい病気が適切に診断・治療されなかったという理由で、容易に裁判に発展してしまう傾向がみられます。

都心部の大病院の方が診療のレベルは高い。しかしこれは仕方ない事実である

2017.12.20

都市と地方の医療格差

本来は日本全国すべての病院に置いて、同様の水準の医療が行われるべきなのです。

しかし、それは非常に難しい話です。

日本全国どこの都市でも、一流のアーティストによるライブを行うのが難しいのと同様に、一流の医療を提供するのは最初から不可能なのです。

都市と地方の医療格差について、限られた医療資源を用いてどのように少なくしていくか、またどのように理解を得ていくとかということが求められいてるような気がします。

リスク回避の医療の風潮へ

このような風潮は、一部の医療に影を落としつつあります。

例えば少しでもリスクのある治療法を行うことを試みれば、治療がうまくいかなかったり、思いもよらぬ副作用が出現したりすることにより、訴訟のリスクを抱えてしまいます。

ですから今の医療では、医師と患者の間に相当な信頼関係がない限りは、積極的な治療を行わない風潮が出てきていると思います。

以前は患者さんの「お任せします」で住んでいた医師と患者の関係が、医師の治療に関して厳しく評価される時代になったと言っても過言ではないでしょう。

まとめ

医療の高度化、専門分化に伴って、医者や患者の考え方も大きく変わって来ました。

全体的には医療者にとって働きにくい状況に変わりつつありますが、時代の流れとしてなんとか乗り越えていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。