医者の先生にはどんなプレゼントを贈れば良いでしょうか?




プレゼントを贈るのは、どのような状況でも思案していますよね。誕生日、イベント、お付き合いしていればクリスマスプレゼントなど。

特に贈り物をする相手が、普段接点のない医者であれば迷ってしまいます

医者にはどのようなプレゼント送れば良いのでしょうか。ここでは考えてみたいと思います。

知り合いの場合

まずは知り合いの場合を考えてみます。

ちょっと知っている人、くらいの人間関係からもらったことがあるプレゼントと言えば、調理器具、ハンカチ、ネクタイ、そして食品などになるかと思います。

食品が一番

医者の多くは実用的な考え方をしていますから、金額的に安かったとしても、一番良いのは食品ですね。

大事に使い続ける必要もないですし、かといって捨てる必要もないですし、食品であれば食べて終わりですから、これほど良いプレゼントはありません。

食べ物と言うことになると、何であっても嬉しいわけです。私の同僚の先生たちは、学会等の出張先で見つけたご当地ビールをプレゼントしあっているようです。

お酒をある程度飲む人であれば、全国各地のビールというのはすごく貴重なものですし、もらって嬉しいものですね。

私もカタログギフトなんかをもらった場合には、汎用性のあるビールとか日本酒を頼むようにしています。

贈る側としても金銭的にもあまり負担にならないですので、ビールは食品の中でも結構良いプレゼントかもしれません。

紳士服関係

食品以外のことを考えてみると、紳士服関係なんかは、実用性もあって良いかと思います。

医者の場合は普段スーツを着る事はほとんどないですから、ネクタイやハンカチなどの紳士服用品などを、あまり持っていない医者の方が多数でしょう。

そして普段あまりスーツを着用しないので、ネクタイやハンカチの柄なんかにこだわりがある先生もあまりいないと思います。私も全くこだわりないですし。

さすがにそれなりの地位のある年配の先生にこれをプレゼントするのは、少しギャンブルになってしまいますが、若い先生であれば紳士服関係と言うのも良い選択肢かと思います。

恋人同士の場合

恋人同士の場合は、やはり食べ物・飲み物ではなくて、記念に残る何かちょっと良い品を送っておきたいですね。

アクセサリーはあまりつけない

男性医師の場合、基本的にアクセサリーや時計類は、病院の中ではあまりつけないことが多いと思います。

高級時計を趣味にしている医者はあまりいない。その理由を3つ考える

2018.03.03

特にネックレスやピアスなんかは、感染源にはほとんどならないとしても、診察する患者さんの目に触れる以上、男性医師においてはファッション目的でつけている先生はほとんどいないと思います。

ピアスをつけている男性がちゃちゃらしているとか、信用できないと断定できるわけではありません。あくまでイメージなのですが、医療の場合はこのイメージというのもすごく大切なのです。

指輪に関しては、手術や何かしらの手技をする中で、ほとんどの場合は手技の度に外す必要があります。

仮に手を動かすことの少ない内科医であっても、指輪をしているだけで、その指輪が感染源になってしまいます。

したがって病院の中で指輪をつけると言う行為自体、あまり好ましいものではないかと思っています。

恋人同士の関係でもビジネス用品が良いかも

恋人同士の中であってプレゼントに最適な品物というのは、やはり紳士服関係になるかなと思います。

恋人同士でプレゼントして良いと思うのは、数万円位するようなちょっといいビジネスシューズでしょうか。

通勤に使っている靴はスニーカーや安い革靴などですから、ちゃんとしたビジネスシューズを何足も揃えているという先生はほとんどいないでしょう。

一方で結婚式や学会などに参加する場合は、今度はそれなりのビジネスシューズが必要になりますので、絶対に持っておかなければならないものでもあります。

生活用品

もう少し視野を広げてみると、エアウィーヴの枕、マットレスなどの生活用品は実用性もあって良いなぁと思っています。

独身の医師の場合には、自分の生活用品に関してはあまり関心のない先生が多いのではないでしょうか。

医者に送るプレゼントに関しては、あまりデジタルでないものが良いかもしれません。

男性医師の場合には、パソコンやスマートフォンを仕事上使うのは必須ですし、詳しい先生が多い印象です。

そして、その延長線で家電に詳しい先生も多いですね。ですから家電やパソコンの周辺機器と言うのは、こだわりの多い先生も多くてなかなかセレクトするのが難しいかと思います

まとめ

医者の場合は、経済的な余裕もありますし、プレゼントされる大体のものはがんばって自分で購入しようと思えば、購入できてしまいます。

ですから、かゆいところに手が届く、つまり普段から購入することができるけれども、今ひとつ思いつかない、そんな商品がベストなのかもしれません。

医者にあげるクリスマスプレゼント。どんなプレゼントが良いでしょうね

2017.10.28

Sponsored Link







関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。