医者の喫煙率はやっぱり低い。しかし喫煙者は確実に存在している




健康に害のあるタバコですが、病院の中でも多くの職員がタバコを吸っています。

特に患者に対して禁煙指導することの多い医師に関しては、本来はタバコを全く吸わないようにすべきですが、タバコを吸っている医師は確実に存在しています。

そのような医師の病院の中での行動、周辺の情報などについて考えてみましょう。

日本の喫煙率の推移

こちらは2017年のJT全国喫煙率調査のグラフです。2017年度の調査では喫煙率は男性27.2%、女性9.0%となっているようです。

女性の喫煙率はここ何十年も横ばいであるのに対して、男性は一貫して低下傾向です。特に昭和40年ごろには男性の喫煙率は80%近くもあったようですから、今の感覚からすると驚きですね。

しばしばタバコを吸って病気になるのは自己責任、同情の余地なし、なんていう意見を聞きます。

しかし喫煙率80%の時代にタバコを吸っていた男性が高齢になり、がん患者となって病院にかかったとしても、時代背景を考えると簡単には、「あたながタバコを吸ったから悪い」とは言えないですよね。

体感的な医者の喫煙率

では医者の喫煙率はどれくらいなのでしょうか。残念なことに、医者であってもタバコを吸う先生方というのは確実に存在しています

これらの先生方は、病院で業務がひと段落するとふらっとどこかに行ってしまい、戻ってくると凄く強いタバコの匂いがすることがあります。

その後に先生方と話したりすると、特に口に出すわけではありませんが、心の中で「あーこの人はタバコ吸ってきたんだな」と感じるのです。

普段病院にいると、タバコの匂いに接する事はまずありませんから、このような匂いに関してはすごく敏感になります。

医者の喫煙についてということに関しては、体感的にはおそらく10人に1人とかそんなところだと思います。

特に女医さんに関しては、タバコを吸っている先生というのは出会ったことがないかもしれません。それくらい低い印象です。

コメディカルでは吸っている人は多い

一方で病院で働いているコメディカルの場合には、タバコを吸っている方というのはちらほら見かけますね。

勤務中に病院の外に設置してある喫煙ルームにふらふらと歩いていく白衣を着た男女はよく目にします。

看護師さんや検査技師さんなどにおいては、飲み会の席などでタバコを吸っている様子も時折見受けられます。

タバコ吸う・吸わないは仕事にはあまり影響しないかも

当然のことながら、タバコを吸う人間は自らの健康を害しているわけですが、仕事のできる・できないに関してはあまり差がないように思います。

喫煙者の先生ですごく患者さん思いの先生、看護師からの評判も良い先生もいる一方で、タバコは全く吸わないけれども怒りっぽく、周囲からの評判が悪い先生もいます。

タバコを吸っている先生の評判を総合する限りは、特段に仕事ができないというわけでもないようです。

ただしニコチン依存に陥っている大部分の喫煙者は、ニコチンの有無にいよって精神的な安定性が変化してくるでしょうから、性格的な部分を除けば喫煙者が非喫煙者よりも精神的に安定していることはなさそうです。

対応が面倒な患者がいて、ニコチンが切れかかっている状況で自らの感情をコントロールするのは難しいでしょうね。

病院側は患者や医療者の喫煙にはすごく厳しい

今や病院の中でタバコを吸うと言う事は非常に難しくなりつつあります。

どこの病院でもそうですが、病院内部ではタバコを嗜むというのはほぼ不可能です。さすがに喫煙室ある病院はないでしょう。

多くの病院では、病院の敷地の隅っこのほうに、プレハブ小屋があったりとか、または屋外に灰皿だけ置いたようなスペースがあります。

そして病院の職員や一部事情をよく知った患者さんの間で、どうしてもタバコ吸いたい人はそこでタバコを楽しむような流れになっています。

このようなスペースを病院側も認めているのかどうか明らかではありませんが、とにかく病院の職員はそこでタバコを吸っているようなのです。

冬のすごく寒い時期に、ダウンジャケットを着ながらタバコを吸っている病院職員を見ると、やはりタバコというのが依存性のある嗜好品であることを強烈に印象付けられます。

飲食店は全店禁煙にした方が良い。タバコは百害あって一利なし

2017.03.06

Sponsored Link







関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。