医者・病院のバレンタインデーとホワイトデー

2月と3月は、バレンタインデーとホワイトデーの季節です。その2つのイベントと医者との関わりについて考えてみたいと思います。

昔はバレンタインデー・ホワイトデーはときめく日だった

小学生とか中学生の頃は、バレンタインデーの日にチョコレートもらえるかもしれない、ことが楽しみでした。

私も小学生の時には、好きな女の子からチョコレートを貰えるだろうかと、ドキドキしたことを覚えています。

大学生になったら、クラスの女の子からチョコレートをもらえるなんてことは、ほとんどなかったですね。低迷期です。

バレンタインデーに連動したホワイトデーというのも同様で、高校生にもなると、チョコレートを貰うのは母親からだけ、ということが日常でした。

社会人になると社交辞令的な儀式になる

病院で医師として働き始めると、これまたチョコレートをたくさん貰うようになるわけです。といってもほとんどは社交辞令的なものなのですが。。

研修医時代には、研修医の同期とか、看護師さんからチョコレートをもらいました。ただし、これにはいわゆる本命チョコは含まれていません。

つまり、社会人になると、バレンタインデーやホワイトデーの意味合いと言うのは、男女の告白という一種のスタイルから、ただお菓子を渡す・貰うと言う実務的なものに変わっていっているような気がします。

病院の中のバレンタインデー

では2月14日・バレンタインデーの日の病院とはどうなっているのでしょうか。

例えば、2月14日に病院に行ったりする、病棟とか、カンファレンスルームとか、外来とかにはチョコレートが置いてあるわけです。

どこにいってもチョコレートです。これは看護師さんとか、事務の方とか、女性陣からの男性に対する贈り物なわけですね。

病棟に足を運ぶ男性の大部分は医師なわけですから、つまりは看護師さんたちから医者に対する贈り物というわけです。

チョコをもらうのは看護師さん全体からであることが多い

チョコレートをもらうのは、看護師さんとか、事務の人とか、稀ですが女医さんからとか、いわゆる集団からになります。

個人的に1対1でチョコレートをあげたり・もらったりと言う事はなくて、たいていは看護師さん全体から、ということになります。

1対1でやりとりがあるとすれば、これはもう愛の告白ですからね。いや、若い先生の中には、ひっそりとチョコレートをもらっている羨ましい輩がいるのかもしれません。

もちろん、看護師さんの方も統率が取れてるのかどうかわからなくて、たまに個人的に看護師さんが自宅で作ったチョコレートやケーキなんかを頂くこともあります。

小規模な病院だと十分あり得るようなはなしです。。

どんなチョコレートを貰うと医師はうれしいか

働いて疲れているときには、甘いものは非常に良いので、ついつい食べてしまいます。ですから、なんでも良いです。

男性側からすると、バレンタインデーのチョコレートは、あったらラッキーくらいにしか思っていないですから、そのブランドまでは見ていませんね。

たぶんキットカットが大量に置いてあったとしても、喜んで食べると思います。

2018年にもらって嬉しかったというか、感動したのは獺祭のチョコレートですね。

値段を調べてみてびっくりしましたが、相当に高価なチョコレートです。普段は自ら購入することなんてないでしょうから、贈り物としてあげるとバレンタインデーに限らず喜ばれるのではないでしょうか。

贈る方の女性は大変そう

別にバレンタインデーのチョコレート位なくても大して気にしないのですが、送る方の女性からすると結構大変なようです。

私の妻は、当然男性社会である医者の世界で働いているわけですが、バレンタインデーの日は毎年大変そうですね

百貨店やお菓子屋さんに、普段グルメな医者が食べないであろう、上質なチョコレートを買いに行き、それをいろんなところに配らなければならないんです。

外来、病棟、検査室などなど、いろんなところに配らなければならないので、出費もちろんですが、量もかなり多くなります。

最初のほうはチョコレート選びに楽しんでいた妻も、最近ではこのイベントに少々嫌気がさしているようですね。

まあ男性の立場からすると、女医さんからチョコレートをもらえなかったくらい全然気にしないわけですが。

2018年バレンタインデーの報告

2018年のバレンタインデーの病院の状況についてお伝えしたいと思います。

女性医師である妻の動向

まず妻は、職場の男性諸君にチョコレートをいくつか買って持っていきました。

流石に舌の肥えた男性陣ですから、コンビニエンスストアで売っているような安いチョコレートを持参していくことはできません。どうやら前の週末に百貨店であらかじめ購入していたようです。

病院で働く女性にとっては、職場のバレンタインデーというのは毎年恒例の事なので、もはやルーチンとなっているようです。

それにしても自腹で職場の男性にチョコレートあげないといけないなんて、もはや経費として落としてもいいような気がしますが…。

2018年にもらったチョコレート

さて、男性である私が個人的にもらったチョコレートはもちろんありません。

ただし、看護師さん一同からは、医師のみなさんへ、ということでそこそこ良いチョコレートをもらいました。また普段そこそこ付き合いのある検査室の技師さんからも、申し訳ないといった感じで、最小限のチョコレートをもらいました。

検査室の技師さんに関しては、女性も少ないですし、私たち男性医師との関わりが多いわけでは無いですが、体裁を維持するために仕方なくチョコレートをくれたりしている印象があって、なんとも申し訳ない気持ちになります。

金額的には、看護師さん検査技師さんの割合は1対5ぐらいですから、看護師さんからいただいたチョコレートの方が値段が高そうです。

ただこれをホワイトデーにお返しをするとなると、どのような割合にしてお返しすれば良いのかというのが悩みどころですね。

同じ種類・量のお菓子とかクッキーをお渡しすれば、看護師さんの方から不満が来そうですし、かといって傾斜配分するのも考えものです。

うむ、ここは若い先生に任せておきましょう。

病院の中のホワイトデー

チョコレートをもらってばかりではいけません。お返しをしなければならないわけです。それが3月14日のホワイトデーですね。

上にも書きましたが、バレンタインデーの日に、チョコレートを1対1でもらうと言う事はほとんどありません。

ですからホワイトデーのお返しと言うのは、診療科の医師全体から外来の看護師全体とか、病棟の看護師全体と言う形になります。

お返しを選ぶのは結構大変

私が大学病院で働いていたときには、1番下層の人間として、バレンタインデーのお返しを買いに行くことがありました。

看護師さんは、お返しを期待しているのであろうという推測の元、かなり上質なお菓子を買っていかなければなりません。

私のセンスだけでなく、先輩医師のメンツもかかっているわけですから、そりゃもう必死です。妻に相談して、いま流行りの店で買っていったりしました。

ある年には、総額1万円以上ホワイトデーのお菓子を買い込んだこともあります。もちろん領収書は勤務している大学病院の医局費から落としました。

最近はネットを積極的に利用

ホワイトデーのお返しを買いに行くのも面倒ですし、どれにすれば良いか、といろいろ迷うのも大変です。

ですから、最近はもっぱらAmazonで購入するようになりました。 商品の送り先を病院に設定すれば、自分で荷物を持っていく必要もありません。

クッキーなんかにしておけば、日持ちもしますし、手で掴んで食べることもできますし、最適なのではないかと思っています。

結局のところバレンタインで得するのは企業だけだろう

結局のところ、バレンタインデー・ホワイトデーと言うイベントで、病院関係者はお菓子をあげる側・貰う側いずれも疲弊しているわけです。

もらった方も、もらいっぱなしで終了、というわけにはいかないですからね。

このバレンタインデーとホワイトデーで笑顔になっているのは、お菓子業界だけかもしれません。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。