医者夫婦の年収は高いが意外と贅沢はしていない印象。堅実な人が多い




医者夫婦というと年収も高く、贅沢しているようなイメージがあるかもしれません。

ただ私たち夫婦を含めて、車や身なりにすごくたくさんのお金をかけている先生方って、意外と少ないんではないかと思っているのです。

医者夫婦の年収は高い…のは間違いない

まず押さえておきたいのは、世帯年収は高いってことですね。

夫婦で医者をしていると、世帯年収は2000万円を軽く超えていきます。勤務している病院によっては、世帯年収は3000万円近くになるかもしれません。

また夫婦でクリニックを開業している場合には、相乗効果によってもっと多くの収入を得ることが可能です。それこそ地域でもかなり裕福な家庭になってくるでしょう。

女医さんが産休や育休を取得している場合でも、パートタイム勤務によって常勤医と遜色ないくらいの収入を得ることは十分可能になっているわけです。

ですから、妊娠、出産にはあまり関係なく、奥さんの方も十分な収入を得ることができるというわけです。

共働き医者夫婦の家事分担。夫婦円満に家事を分担するためのコツ

2016.11.23

しかしお金を使う場面は限られている

しかしながら、医者は土日も含めて忙しく働いていますから、お金を使う場面がそんなにないのです。

休日はお互いの時間が合うときには外に出かけたりしますが、たいしてお金を使うことはないですね。

百貨店に行ったとして、間違ってもグッチやエルメスなどのハイブランドを購入することはまずありません。外食するといっても、高級寿司やフレンチに行くことはなく、ちょっといい位の居酒屋です。

病院の付き合いでそういう店にいくことは何度かありますが、夫婦ではかれこれ3年ぐらいはそういうレストランには行っていないですね。

これは決して私たち夫婦に限ったことではなくて、周囲の医者夫婦に当てはまるような印象です。

勤務医同士の比較的年齢が若いカップルであれば、身の丈に合わないブランド品を持ち歩くこともなく、分相応な車に乗っているということもないんです。

このあたりは専業主婦を奥さんにもつ医師家庭よりもよりしっかりしている印象です。医者夫婦の方が、堅実な生活をしている印象がどうしてもあるんです。

医者が所有している車はどんな車?やはり外車が人気のようです

2016.11.25

旅行でも高級旅館やビジネスクラスはなし

もし運良く取得できた休暇を利用して旅行に行くとなったとしても普通の旅館に泊まりますし、海外旅行に行くとなってももちろんエコノミークラスでの移動です。

たまにブログで毎回の飛行機移動がビジネスクラスの方を見かけますが、まぁ恐ろしいですね。

医者夫婦でさえビジネスクラスが不可なのですから、職業は会社経営以外考えられないのが正直なところでしょうか。

そういうふうに考えてみると、ドラマなどでイメージされるいわゆる医者の奥様の生活は、勝手に作り上げられた虚像でしかないと思われます。

個人的には医者夫婦であっても、週に1回はフレンチレストランに食事をするとか、ブランド品で味を固めるとか、ビジネスクラスに乗るとかといった生活はとてもじゃないですができないと思っています。

まあ普段、昼ごはんなんかは口の中にかき込むように食べていますから、レストランに行ったからといってゆったりと食事できるわけでもないですし。

雇われ医師である以上、驚くほどの収入を得るのは難しいのが正直なところです。

金銭感覚は育ってきた家庭環境に左右される可能性

医者夫婦となったとしても、持っている金銭感覚は家庭環境に左右される部分が大きいのではないでしょうか。

私も妻も育ってきたのは裕福な家庭というわけではありませんでした。ブランド物には縁がなかったですし、高級レストランで食事をするということにも縁がありませんでした。

ですから今ぐらいの生活レベルで、ちょうど居心地がいいというか、無理しないで生きている感じになるのだと思います。

私の同僚にも夫婦で医者として働いている人がいますが、みなさん堅実な生活をされている印象です。医者夫婦、特に勤務医であるならばそこまでの贅沢はできないのではないでしょうか。

医者が所有している車はどんな車?やはり外車が人気のようです

2016.11.25

Sponsored Link







関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。