呼吸器 – おすすめ教科書

呼吸器分野も、「病気が見える」以外には、あまり良い教科書はないかもしれません。

講義や試験対策として使うならば、やはり下記の病気が見えるシリーズが一番、安全安心なのではないかと思います。

★★★ 病気が見える呼吸器

呼吸器分野も病気がみえるシリーズが出版されていますね。詳細はこちらをご覧ください

★★☆ レジデントのための呼吸器内科ポケットブック

知識を詰め込んだというよりは、呼吸器内科ローテーションで知っておくべきことを全体的に浅く網羅したポケットブック。

各疾患について詳細に説明してあるというよりは、診察法や肺雑音の出方などをイラストやテーブルなどを用いて説明する、守備範囲の広いテキストだといえるだろう。

それだけにこの本だけで十分ということはなく、物事を調べる取っ掛かりになるテキストである。

★☆☆ 肺機能テキスト

呼吸器分野で行われる代表的な検査項目について詳細に解説しているテキスト。

肺拡散能など理解がむつかしいところも、詳細にわかりやすく解説してる。150ページほどの薄い本であるが、大きなイラストを用いて説明してあり、視覚的に理解することができる。

また、文章は生理学的なことからはじめて解説してあり、臨床的な知識が不足していても理解することができる。

国家試験が迫っても、各検査の原理原則をよく理解せずに学習が進んでいるがあり、そのような場合は本書の出番である。また、臨床実習でも役に立つ。ただし、最終改訂が若干古いのが惜しい

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。