放射線科・画像診断 – おすすめ教科書

★★★ 血管造影のABC

Interventional radiology (IVR) 領域の基本事項について、20のトピックに絞って解説してある。

研修医と指導医間の対話形式で書かれており、ストレスなく読み進めることができる。大腿動脈穿刺の基礎やシース抜去後の止血方法など、研修医向けというだけあって非常に基礎的な事項に重点をおいて書かれてある。

★★★ 腹部CT診断120ステップ

腹部・骨盤CTを読影する上でのエッセンスを詰め込んだ教科書といえる。

Helical CTの理論、嚢胞や腫瘤の定義、造影効果とは、などからはじまってDynamic CTでの肝病変の読み方、胃癌におけるリンパ節の読み方など、基本的な事項に的を絞って解説されている。

放射線診断科をローテートする際に読み込めばかなりの知識が身に付くだろう。

★★★ 腹部のCT

腹部、骨盤のCT読影にあたって、最も詳細で標準的な日本語の教科書。

本書の冒頭部分ではCTの基本原理や腹部領域におけるCTスライス上での解剖を示している。残りの部分では肝胆膵をはじめとして、腹部、骨盤内の臓器に関して、疾患ごとに各画像所見を含めて解説してある。

放射線専門医、またはそれ以上を目指す医師向けの教科書であるので、文章主体の構成で、肝細胞癌の項目だけで20ページくらいにわたって解説されている。

学生や消化器内科をローテーションするするくらいなら宝の持ち腐れになりそうだが、放射線科をローテーションするならば持っておいて損はないと言えよう。

★★★ 胸部のCT

上記の腹部のCTの胸部バージョンである。肺がんや肺炎など、胸部CTで異常を呈する疾患に絞って解説が加えられている。

4-5センチほどの分厚い教科書であり、辞書的に使うのが必須である。

放射線科をローテーションする際には、読影レポートを書く上で必要な情報が詰まっており、持っていて損は無いであろう。

 

★★★ 肝胆膵の画像診断―CT・MRIを中心に

肝胆膵領域は、CTだけでなくMRIも多く撮像される。

胆道系疾患ではMRCPが撮像されるし、肝腫瘍の診断のためには、EOB-MRIが撮像されるのが現在のスタンダードとなっている。

本書は肝胆膵領域の CT、MRIにおける診断においては最もスタンダードな教科書といえよう。

消化器内科医や消化器外科医にとっては持っていて損は無いであろう。また研修医でも放射線診断科をローテーションする際には、持っておいて損は無いと言える。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。