生化学 – おすすめ教科書

医学部で学ぶ生化学は、細胞の分子機能、臓器の生化学的な動きなど幅広くなっています。

臓器の生化学的側面については、臨床医となってからも必須の知識となってきます。

どのような臓器からどのような酵素がでているか、インスリンの作用機序などは、専門外の分野に進んでも必須の知識となるでしょう。

一方で細胞の分子生物学などは、臨床にすすんでしまうとやや遠ざかってしまう分野でもあります。

★★☆〜★ 細胞の分子生物学

分子生物学の名著で、生物系を専攻する学生や研究者に読まれている。

生物系の基礎系大学院であれば、ほぼ全ての学生が持っているであろうバイブルである。医学部の学生であれば是非持っておきたい。

本書は辞書的に使うことが想定されるが、そのような使い方に適したように、1トピックがおおよそ1/2ページの分量で書かれている。

したがってある1つの内容を理解するために、ページを遡って読み始める必要がない(もちろん前提となる知識があってのこと)。

ただ、このThe cellはあまりも量が膨大なので、1500ページにも及ぶ分子生物学の辞書的存在であり、通読するのは不可能である。学生レベルで分子生物学を学ぶのであれば、ちょっと量が多い(★★☆)

であるから、上記の要点をまとめたEssential 細胞生物学の方がおすすめである(★★★)

★★★ リッピンコットシリーズ イラストレイテッド生化学

米国のUSMLE Step1対策に書かれた教科書の訳本で、原著は非常に高い評価を得ている。

原著の方が安いので、気力とやる気がある方には、是非こちらをおすすめする。

本の内容はというと、ハーパー生化学の7割くらいの内容量でまとめられている。

本書の特徴としてはイラストが豊富で、視覚的に理解しやすいところにあると思う。また原著が医学部生向けに書かれているので、本書も臨床に直結するような内容が豊富に取り込まれている。

分子細胞生物学の分野についてもさらっと記述されており、CBT程度の知識を補完するには十分な内容となっている。

通読するには少し文量が多いが、最適な本である。初学者にも既習者にも使いやすい。

★★☆ ハーパー生化学

医学分野のみならず、幅広い分野にわたって有名な生化学書である。
本書の特徴としては、図や表が豊富に掲載されていることにあると思います。

本書に掲載されている内容はどれも重要なものですが、生化学の講義期間中に暗記するには分量が多すぎます。したがって辞書的な使い方にならざるを得ないでしょう。

私が初めて訳本を読んだとき、ほとんど頭に入りませんでしたが、Amazonでの評価は非常に高いテキストです。

★☆☆ シンプル生化学

コンパクトにまとめられている割には、重要な代謝経路などは図になっている。

入門書としては良いが、エッセンスしか書かれていないために、理解して読み進めるのが難しいかもしれない。初学者は手を出さない方が無難。

生化学を一通り学習し終えてレビューしたい人には最適だと思われる。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。