生理学 – おすすめ教科書

生理学も非常に重要な科目かと思います。ホルモン、内分泌、心臓、肺などの働きを論理的に捉えるためには、生理学を深く学ぶことが必要になってきます。

短期的な視点では、頭にたくさん知識を詰め込まずに試験を突破するためには、効率よく生理学を体型的に学ぶのが近道でしょう。

もちろん、生理学で学ぶ論理的な考え方というのは、実際の臨床の現場でも間違いなく必要となる考え方です。

★★★ ギャノング生理学

ギャノング先生が執筆されている生理学書です。

訳本ではありますが、日本語に読みにくい部分は特になく、また数年ごとに改訂されているので内容も常にUp To Dateなものに保たれています。

位置付けとしては標準生理学のように辞書的な使い方が主となるような気がします。ギャノング生理学の特徴として、標準生理学との比較で考えてみると

図表が豊富で的確、理解しやすい
*臨床の観点から生理学を記述するというよりは、生理学の切り口から臨床的な内容に踏み込んでいる

ということが挙げられると思います。

原書で読むならganongですが、内容量は標準生理学と大差なく、また訳本ということを考えるとどちらを選択しても問題ないでしょう。

★★★ 心臓病の病態生理―ハーバード大学テキスト

循環生理から入って各疾患の病態まで説明する流れで書かれているので、深い理解が得られます。

なぜ、どうして、という疑問を持ったとき、本書に立ち戻る事でかなりの部分は解決できるでしょう。全体的に、臨床講義で学ぶ循環器としては適当な内容量になっていると思います。

唯一の欠点を挙げるとするならば、イラストや病理所見が少ないことでしょうか。

また通読に向いているとはいえ説明は長いので、直前の試験対策本には向いていないでしょう。講義と平行して読み進めるという使い方が向いているといえます。

原著は”Pathophysiology of Heart Disease”というタイトルで出版されています。

★★☆ 標準生理学

標準といわれるだけあって、生理学で学ぶほぼすべての内容が網羅されている。

日本語原著の生理学書の中では一番よくまとめられている印象。数年ごとに改訂されており、研究のトピックスも書かれているのはうれしい限りである。

使い方としては、1から読み進めるのではなく、辞書的な使い方が適している。

内分泌などは臨床に直結する分野のために、学年があがってからも使える。

★☆☆ clinical生体機能学

イオンチャネルを専門とする著者が執筆しているテキストです。

心臓の電気生理の項を読んでみると、非常に分かりやすく書かれています。この項目だけでも読む価値は十分あると言えます。

★☆☆ 生理学テキスト

ある程度内容のまとまった生理学書であるが、生理学の基礎から書かれており理解しやすい。

これを6年間使い続けるには少し物足りない感じがしますが、小テスト対策ぐらいならなんとか使えるかな、という文章量で構成されている。

標準生理学を辞書的に使うとすれば、この本は通読に向いていると言える。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。