病院の中におけるスクラブとケーシー。どちらを着用するかは医者次第

院内における2大仕事着といれば、スクラブかケーシーですね。

どちらを着用するかは、病院が定めている服装や、医者や看護師によって好みが分かれたりします。

服装が自由の場合には、完全に好みによって選択できることになります。

スクラブ派

スクラブは、ドラマのコードブルーで医師がよく着ている、色のついたシャツのようなものですね。

白のスクラブはほとんどなくて、たいていはブルーだったり、ブラックだったりします。

時折、女性がピンクとかワインレッドの色をしたスクラブを着用しているのを見かけることもあって、まさに病院の中に花を添えてくれます。

スクラブのメリットとしては、何より動きやすいことです。

病棟で処置をする外科系の医師や、検査を頻繁に行うような消化器内科や循環器内科の医師は、スクラブを着ていた方が色々と動きやすいでしょうね。

デメリットはあまりないように思います。

あえて言うならばカラーが白でないですから、医者=白衣のイメージを持っている患者さんにしてみれば、少しばかり信用力が落ちてしまうかもしれません。

ケーシー派

一方でケーシーとは、半袖の白衣といったところでしょうか。

多くの場合は、自分の体の左前にあるチャックを上下させることによって、着脱することが可能になっています。

ケーシーはスクラブに比べると、上半身の動かしやすさでは劣ります。

しかしながら作りがしっかりしているので、ポケットにメモ帳や小物類をたくさん入れておくことができます。

また見た目の清潔感の点では、白でちゃんとした病院着ですから清潔感があります。

ケーシーは処置をあまりしない内科医や放射線科、病理診断科の医師などが着用している印象があります。

スクラブ着るか、ケーシー着るか

病院の中でどちらを着用するかは、ほとんどの病院では医師個人の裁量に任されています。

つまりどっちを着ても良いのです。

おおまかな傾向としては外科の先生はスクラブを着用する傾向にありますし、内科の先生はケーシーを着用する形なります。

また若い先生は動き回る必要がありますから、スクラブを着用する傾向があるのに対して、役職のあるベテランの先生方は、ケーシーもしくはワイシャツに白衣といったスタイルをとるイメージがありますね。

60歳を目前にしたベテランの重鎮内科医がスクラブを着ているのはあまりイメージできないですし、これまた若い外科医がケーシーを着た真面目そうな姿というのはあまり想像できないのです。

看護師の場合には、病院ごと・部署ごとに決まりがあるようですね。

仕事着ですからおしゃれをして病院の衣類を着ている人はいません。

ただし仕事内容などに関連して、皆さんそれなりに好みはあるようですね。

スクラブやケーシーを洗濯する機会は圧倒的に不足している

医師が病院の中で着用するスクラブや、白衣。もちろん毎日着ていれば汚れます。

誰の持ち物かわかるようにスクラブや白衣には自分の所属とお名前を書くことが決まりになっています。

これらは病院側で洗濯してくれることになっているのですが、その頻度が少なすぎて、圧倒的に足りていないのです。

病院の洗濯は週に一回が基本

洗濯の頻度は週に1回であることがほとんどなのですが、残念ながら十分とはいえません。

病院の中ではシャツの上にスクラブや白衣を着用するような形になりますから、1日着用しただけでもかなり汗臭くなってしまいますね。

病院の中は季節に関係なくおおよそ一定温度に保たれていますから、じっと座っている内科医であっても、それなりに発汗してしまうものです。

その他患者さんの処置をする場合には、スクラブに細菌が付着して、感染源になってしまう可能性も十分に考えられます。

したがってスクラブや白衣=下着と考えて、本当は毎日洗濯するのが望ましいと言えるでしょう。

汚いと思いながらスクラブや白衣を着ていることは多い

しかしながら、現実的に毎日スクラブを取り替えるのは難しいですね。

スクラブや白衣を洗濯に出したとしても、これが洗濯された状態で手元に帰ってくるのは、おおよそ1週間程度かかります。

もし毎日スクラブを新しいものにとりかえようとすると、洗濯から戻ってくる期間も含めて15着位は持っていないといけない計算になります。

ほとんどの病院では病院内で着用する衣類の配布枚数には制限がありますから、15着も用意するとなると、経済的な負担もあります。

家に帰って毎回洗うのも選択肢の一つな訳ですが、話を聞く限りは毎回自宅まで病院の衣類をもって帰っている職員はほとんどいなそうです。

したがって多くの医療従事者は、自らのスクラブや白衣を汚いと思いつつも、仕方なく連日着用しているのではないでしょうか。

スクラブや白衣をなるべく清潔に着用する方法

このような現実の中で、医療者側にできる手段は限られています。

・スクラブや白衣をたくさん用意する

これは手っ取り早いですが、お金がかかりますね。

・スクラブや白衣をやめて私服にする

周囲の目を考えると現実的ではありません。医者も難しいですし看護師さんなどは不可能です。

毎日ファブリーズなどで除菌する

これくらいしか対応がありません。

どれも根本的な対策にするのは難しいでしょうから、洗濯する機会を伺いながら、なるべく上手にスクラブや白衣をローテーションさせるしかないようです。

【勤務医の視点】医者が病院で履いている靴。サンダルこそが至高

2018年8月9日

Sponsored Link

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。