病院の中におけるスクラブとケーシー。どちらを着用するかは医者次第

病院の中でスクラブを着用するか、ケーシーを着用するかは、医者や看護師によって好みが分かれたりします。

1年くらい病院で働いていると、だいたいの先生はどっち派なのかが、分かってきますね。

スクラブ派

スクラブは、ドラマのコードブルーで医師がよく着ている、色のついたシャツのようなものですね。

白のスクラブと言うのはほとんどなくて、たいていはブルーだったり、ブラックだったり、します。

時折、女性がピンクとかワインレッドの色をしたスクラブを着用しているのを見かけることもあって、まさに病院の中のカラーに一色添えてくれています。

スクラブのメリットとしては、何より動きやすいことです。

病棟で処置をする外科系の医師や、検査を頻繁に行うような消化器内科の内科系の医師は、スクラブを着ていた方が色々と動きやすいでしょうね。

それに循環器内科医も結構スクラブに傾いているような気がします。

ケーシー派

一方でケーシーとは、簡単に言うと半袖の白衣といったところでしょうか。

多くの場合は、自分の体の左前にあるチャックを上下させることによって、着脱することが可能になっています。

ケーシーはスクラブに比べると、上半身の動かしやすさ、では劣りますが。

しかしながら作りがしっかりしているので、ポケットにメモ帳や小物類を入れたいときには、上半身が疲れないというメリットがあるでしょうか。

また見た目の清潔感の点では、スクラブが色のついた衣類であるのに対して、ケーシーは白でちゃんとした病院着ですから、清潔感があります。

ケーシーは処置をあまりしない内科医や放射線科、病理診断科の医師などが着用している印象がありますね。

スクラブ着るか、ケーシー着るか

病院の中でどちらを着用するかは、ほとんどの病院では医師個人の裁量に任されています。つまりどっちを着ても良いのです。

おおまかな傾向としては、外科の先生はスクラブを着用する傾向にありますし、内科の先生はケーシーを着用する形なります。

また若い先生がスクラブを着用する傾向があるのに対して、役職のあるベテランの先生方は、ケーシーもしくはワイシャツに白衣といったスタイルをとるイメージがありますね。

60歳を目前にしたベテランの重鎮内科医がスクラブを着ているのはあまりイメージできないですし、これまた若い外科医が、ケーシーを着た真面目そうな姿というのはあまり想像できないのです。

仕事着ですから、おしゃれをして病院の衣類を着ている人はいません。ただし仕事内容などに関連して、皆さんそれなりに好みはあるようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。