病院の中の警備体制はかなり緩い。だから危ない




病院の中の警備体制はゆるゆるなんです。

21世紀に入ってからいくつもの悲惨な事件が起きた学校では、誰でも自由に出入りできる、というわけではなくなりました。

病院でも同様に、医療従事者が巻き込まれる事件が起きていますあら、今後は病院の出入りも厳格に制限されてくるかもしれません。

事件も多く起きている

病院の中ではいろいろな事件が起こっています。

診察中の医師が患者に危害を加えられたり、入院患者が危害を加えられるというニュースもありますね。

25日午後2時10分ごろ、名古屋市中川区尾頭橋、藤田保健衛生大坂文種報徳会病院から「男が医師の首を何かで刺した」と110番があった。

中川署によると、男はE棟1階の外科診療室で40代とみられる男性医師の首を刃物のようなもので刺し、逃走。医師は命に別条はないが重傷のもよう。県警が殺人未遂容疑で男の行方を追っている。

産経WEST 2018.1.25

このような感じで、悪意を持った人間が病院内で働く職員に危害を加えるのは実に簡単というわけです。

どうしてこんなにも簡単に侵入できてしまうのでしょうか。

病院は人の出入りの制限がない

病院には毎日、たくさんの患者さんがやってきます。それに見舞客もやってきます。

さらには薬を売りに来る業者の営業マンや、配送業者等も出入りしていると言って良いでしょう。

これらの人の手入りを、頑張ればテレビ局やオフィスビルのようにチェックすることができるかもしれませんが、いかんせん人の出入りが多いですから、そこにかかる労力は半端ではありません。

ですから実際のところ、病院において人の出入りを一人一人チェックしているところと言うのはないでしょうね。

見舞客もチェックないことが多い

見舞客に関しても、ノーチェックで病棟まで行けてしまう病院がほとんどでしょうね。

もし入院している患者に強い恨みを持った人間がいたとするならば、見舞客を装って入院患者に危害を加えることもできてしまうでしょう。

さすがに夜間の間は出入り口が1カ所に制限され、警備員の目がありますから、自由に出入りすることができません。

しかし外来がオープンしている日中であれば、誰でも問題なく病院にアクセスできてしまうのです。

警備員も監視もゆるい。そもそも少ない

病院の中には、何かトラブルが起こった場合に対処するために、警備員を雇用しています。

これはあくまでトラブルが起こった場合に対処を行う役割であり、外来のブースのそばにまで立って監視の目を光らせていると言うわけではありません。

あくまで何かあった場合に出てきて対応する、ということが主な役割になっているような感じです。

これは危害を加えようとする側からすると、全く抑止する力が働いていないことになりますね。

Sponsored Link







関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。