精神医学・精神科 – おすすめ教科書

精神科は臨床の中でも独特で専門性が高い診療科ですね。

精神科以外の医師が、精神疾患のある患者に向き合って、適切な診断や治療を行うのは非常に難しくなっています。

ゆえに、研修医には研修レポートというかたちで、実質的に精神科をローテーションすることが必須とされています。

研修医でもほぼ必ずローテーションする精神科ですから、学生時代から数冊の教科書を持っておくことは、決して無駄にはならないでしょう。

★★★ DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引

精神疾患の病名とその診断基準だけが掲載してある。ガイドライン的な存在である。

外来中には、一通り問診をとった後、診断名を確定するために精神科医師が利用していた。

精神科領域の症状は抽象的で、ある2つの疾患の違いなどは想像しにくいが、本書を読んでいるとだいたい理解できるようになるだろう。

ポケットサイズなので、ポリクリ中にも役立つ。

良書というか、精神科のバイブルであるのは間違いないが、学生実習+研修医くらいなら、必ずしも購入する必要はないかもしれない。

 

★★★ 精神科における予診・初診・初期治療

教科書というよりは文庫本・読み物の色合いが強く、予診 – 初診 – 初期治療の流れで書かれている。

研修医が読むとなると予診の部分が特に役立つと思われるが、初診、初期治療の項目のいても、精神科医はこのような切り口にたって診療をしているのだということが分かって興味深い。

予診で聞くべき事を箇条書きした研修テキスト、というよりは初期診療において特に大切な事を、著者の経験を交えて解説した読み物と捉えるべきだろう。

★★☆ 標準精神医学

精神科領域の疾患は、実際に患者を診なければ想像するのが難しい。

標準シリーズの1冊である本書は、読者がわかりやすいように簡潔にまとめられているの。

薬物療法を説明するところではイラストを交えて、アルツハイマー病の項目ではSPECT所見を加えて説明があり、理解を深めてくれる。

またコラムには精神科領域の疾患を主題にした映画が紹介してあり、読んでいて飽きない。

臨床講義やポリクリで使うには重すぎて、持て余してしまうかもしれない。

★★☆ 現代臨床精神医学

620ページに及ぶ精神科の標準的な教科書で、2012年現在11版まで出版されている。疾患に関する記述は、ICDやDSMに基づいて記載されおり、学生がレベルと比較するとかなり詳細な記述となっている。

イラストやテーブルなども少ない。最後のほうでは、司法精神鑑定についての記述か1ページ分説明してあり息抜きに読むのも良い。辞書的に使うのが良い。

★★☆ こころの治療薬ハンドブック

精神科領域の薬物について解説した本であり、毎年改訂されている。

見開き1ページに1薬物というレイアウトで、薬理作用、副作用、症例、実際の処方量などが解説してある。索引は充実しており、商品名でも一般名でも検索することができるようになっている。

学生実習よりは、研修医のレベルで役立つ本かもしれない。3ヶ月の研修なら持っておいて損はしない。ただし1ヶ月の研修なら微妙なところ

★★☆ 精神科研修ハンドブック

研修ハンドブックとしては第一選択として間違いない。サイズ的にはポケットサイズをさらに一段階小さく薄くしたものだが、短時間でリファレンスするには丁度良い。

各疾患についてはDSM-Vでの定義が主体となっており、病態、診断、治療などが続く。

治療は詳しく、各疾患のところではいくつかの候補の加えて分量まで書かれているのだが、系統だって薬理学的作用、分類、副作用などは掲載されていない。
精神科を1−3ヶ月ローテートするのであれば常にポケットに入れておきたい。

ドクターズマガジンを無料で購読
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。