耳鼻科 – おすすめ教科書

2018年現在、病気が見えるシリーズは耳鼻科分野が出版されていないようです。

耳鼻科はマイナー診療科のためか、眼科と同様に、これといった教科書がないのが実情です。標準シリーズも、1997年を最後に改訂されていないようです。。。

なかなか教科書選びが難しいのが、耳鼻科領域の実情と言って良いでしょう。

★★☆ STEP耳鼻科

医学部の講義、病棟実習等を考えた際には、消去法でSTEPシリーズがベストな選択かと思います。

★★☆ 新耳鼻咽喉科学

764ページの教科書であり、耳鼻咽喉学を学ぶにおいて最も標準的な和書。耳鼻科医もこの本を推薦していたが、やや文量が多い。

臨床講義で耳鼻咽喉学に当てられる時間は決して多くないので、やる気がありこの分野に進もうと考えている学生以外は不要であろう。

病棟実習や国家試験対策となると、持て余すことは必須である。

★☆☆ 耳鼻咽喉科・頭頸部外科研修ノート

診断と治療社が出版している研修ノートのひとつ。耳鼻咽喉科には学生のための良書が少ない。そんな中で良書の候補の1つとなり得るのがこの研修ノートである。

本書はコンパクトサイズでありながら、箇条書きではなく文章スタイルで書かれている。位置づけとしては標準シリーズの内容をやや減らし、よりコンパクトにまとめたものと考えて差し支えない。

しかし、コンパクトサイズであるがゆえ、やや”詰め込んだ”感じは残る。

研修医向けだけあって検査、治療の項目は充実しているし、各疾患には最低限の画像、イラストが掲載されている。

また研修医向けでありながら、耳鼻咽喉科領域の解剖が説明されているのもうれしい。本書は臨床実習はもちろん、講義と平行しても使える教科書であると思う。

★☆☆ イラスト耳鼻咽喉科

見開き2ページの左側に要点の解説、右側はイラストになっておりタイトル通りイラストが豊富。要点がコンパクトにまとまっており入門やレビューとしては最適な本である。

講義と平行して使うには内容量が少ないか。
Amazonでの講評も参考になる。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。