腫瘍内科・がん一般 – おすすめ教科書

腫瘍内科の教科書の位置付けは、少々難しいところがあると思います。

各臓器の腫瘍ということになると、どうしても各分野の専門書の方が詳細に書かれていますし、一方ですべての腫瘍をカバーする教科書となると、診断、治療などどうしてもまとめ上げるのが難しくなります。

学生のレベルでは、腫瘍内科分野の教科書というのはあえて揃えておかなくても良いのかもしれません。

★★★ 入門腫瘍内科学

手にとって見ると分かるが、医学部の教科書としては薄い。腫瘍学総論を学習するには医学部・研修医レベルで十分な教科書である。

内容としてはがん一般に関して横断的に解説してあり、最も標準的といえよう。

★★★ がん診療レジデントマニュアル

がん診療一般に利用できるマニュアル。

巻末には代表的な抗癌剤とその副作用等が書かれており、学生実習や研修医レベルでは非常に役立つ。

ポケットサイズであり、あくまで病棟で使うマニュアルである。試験対策や臨床講義と並行して使うには向いていない。

★★☆ 新臨床腫瘍学

医師に向けて書かれたがん薬物療法のテキスト。各癌腫における薬物療法については現在までの臨床試験を紹介し、代表的なレジメンを掲載している。

臨床講義、ポリクリと平行して使うにしても内容が深すぎるため、レポートを書くなどの用途以外には、同じ日本臨床腫瘍学会が執筆している入門腫瘍内科学を購入した方が良いだろう。

臨床試験などの内容は学生にも読みやすい程度にまとめられている。

良書ではあるのだが、がん一般の領域を把握するには詳しすぎるし、かといって専門的な内容となると、各領域の専門書に軍配が上がるであろう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。