医者からみたブランド病院について

研修病院には、ブランド病院というのが存在していますね。ただブランド病院の定義ということについて、決まりきったものはないと思います。

googleで検索しても、はっきりとした記載はありません。

ブランド病院のぼんやりとした定義

ただ、暗黙の了解のうちにブランド病院における共通の認識としては、以下のような特徴があるかと思います。

  • 全国的に名前が知られている
  • 研修医の教育がしっかりしている
  • 理想の研修病院としてカラッタられることが多い
  • マーチングで第一希望とする学生が多い
  • 英語能力が重視される
  • 著名な医師が研修行っていることが多い

あんまり特定の病院名を書くのは控えますが、千葉県のK病院、東京のS病院、大阪のO病院、沖縄のC病院なんかが、誰もが認めるブランド病院ではないでしょうか。

書いていて思いましたけれど、どんどん浮かんできますね。ブランド病院の数は結構あるかもしれません。

ブランド病院の研修医の特徴

ではそのようなブランド病院に勤務している研修医の特徴とは一体どんなものでしょうか。実は私の大学の同級生も、いわゆるブランド病院で研修を行っていました。

その先生たちを思い浮かべてみて思いつく共通点というのは、高いコミニケーション能力、精神的・肉体的なタフさ、そして医療に対する情熱、人間的な信頼性を持っていることでしょうか。

つまり簡単な話が、理想的な医師と言うことになるでしょうか。

もちろん体力的なものだけでなく、ブランド病院では英語の能力や、高いプレゼンテーションの能力が要求されますので、彼らは非常にクレバーでした。つまり頭が良いのです。

私みたいに医療に対してあまり情熱がなく、人間的にも魅力がないような人間がとてもやっていけるような病院ではありません。

ブランド病院研修医の進路

さてブランド病院で研修を行った研修医は、どのような進路をたどるのでしょうか。

理想的なモデル

もちろん理想とされる進路というのは、米国に臨床留学を行い、素晴らしい業績を上げてアカデミックなポストでがんばることでしょうか。

多くのブランド病院は、外国の医師を招聘したり、英語教育の時間を設けたり、短期留学のプログラムを用意したりして、本格的な臨床留学への道を用意しています。

アメリカに留学するためには、USMLEと呼ばれる米国の国家試験を何段階も突破し、かつ異国の病院で使える英語能力を身に付けなければならないですから、ハードルは非常に高いです。

ですが、そもそもアメリカに臨床留学をするというのは非常に狭き門ですし、留学したからといって、アカデミックなポストにつけるわけではありません。

このような素晴らしい振動キャリアを詰めるのは、ブランド病院の中でもごく一部の研修医と考えたほうが良いでしょうね。

大学の同級生の進路

私の知っている何人かの先生の進路は様々です。

上に書いた通り、ブランド病院というのは非常に精神的・肉体的な体力が要求されます。残念ながら途中でドロップアウトしてしまった先生も存じ上げています。

その他、地元の大学病院の医局に入局した先生、研修したブランド病院で勤務を続けている先生なんかもおられます。

ブランド病院に行く前によく考えるべきこと

ブランド病院で研修を行う事は、確かに一般的な市中病院に比べれば充実する研修を受けることができるでしょう。英語的な能力も、そこらへんの大学病院の研修医に比べれば、アップする可能性はあります

将来的な出世について考える

ただし、これらが将来的な出世につながるかということになると、よく考えてみる必要があります。

ここで言う出世が、論文的な業績を積んで、大学の教授になるということであるならば、必ずしもブランド病院で働く必要はないでしょう。

大学の教授になるということに関しては、充実した研修を受けたかどうかということよりも、いかに基礎研究で業績を積み上げるかや、重要な臨床研究のリーダーになれるかどうかということにかかっています。

前者の場合には、やはり基礎研究の主体である大学の医局や、理化学研究所などの専門機関で研究を行い、業績を積む必要があります。

また後者に関しては、自分1人の力ではどうすることもできないので、基本的にはその時々の医局や専門分野の運とタイミングに左右される部分が多いかと思います。

つまり偶然的に臨床研究のリーダーを任されたということが重要になってくるわけです。

このように考えてみると、大学のアカデミックポストに就くということだけを考えるのならば、必ずしもブランド病院で研修を行う必要はないでしょう。

むしろ、一流雑誌に掲載されるような業績は基礎研究・臨床研究問わず大学以外では不可能に近いので、ブランド病院だけで業績を積むのは非常に難しいでしょうね。

さらにブランド病院にマッチングするための準備や、研修医期間の労働に時間を費やすのであれば、学生時代から基礎研究に注力した方がトータルの費用対効果は良いでしょう。

ブランド病院を経由して米国で業績を積む

もちろんブランド病院を経由して、臨床的な業績を米国で積む、というのが最も素晴らしいルートですね。

日本にも、そのような先生が何名か教授になっていらっしゃいます。ただ、これはスーパーマンみたいなすごくできる先生と捉えた方が良いですね。

ブランド病院を外から見ていて感じること

私の病院の近くにも、毎年マッチングの倍率が2倍とか3倍になるような、全国から研修医が集まるザ・ブランド病院があります。

総合内科なんかは花形で、ご高名な先生が集まっている印象はありますが、近隣の大学医局から派遣されている診療科もあります。

そういう意味では、病院内部で行なっている診療は、特異なものではなく標準的なものとなるでしょうか。

 

 

まとめ

 

結局のところ、何を求めてブランド病院に勤務するのかということになってくるかと思います。

ブランド病院で勤務することは、非常に大変そうです。同期の研修医との競争もあるでしょうし、知力や体力が求められます。

それらを考慮したうえで、充実した研修を受けることを目的とするのか、それともごく一部の臨床留学と言う狭き道を目指すのか、医師として立派な人間になるか、何を求めるかは人それぞれでしょう。

将来のキャリアプランを考慮しながら、考えていく必要がありそうです。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

年末の病院は空いているが年始は混んでいる

病院の営業日はだいたい28日か29日まで

たいていの病院は、12月の28日か29日まで営業していることが多いようです。したがって医者の場合も28日か29日まで働くことになります。

年末の病院は空いていることが多いですね。入院している患者さんで状態が安定している患者さんは、お正月を自宅で過ごすために続々と退院していきますし、逆に特に急がない限りは、わざわざ年末から治療を始めるために病棟に入院してくる人も多くはありません。

また外来の患者さんも徐々に少なくなっていきます。

12月28日や 29日なんかでは、普段の2分の1とか3分の1以下の患者さんしかいないのではないでしょうか。

ただこれはよくあることなんですが、緊急手術が必要になったりする患者さんが入院してきたりもします。年末の飛び込みみたいなもんでしょうか。

年末年始を暦通り休める医者は少ない

医者は年末年始も暦通りには休むことができない

一方で現実問題としては、年末年始を完全に休める勤務医と言うのはほとんどいないでしょう。

病棟に入院患者がいる場合には、その入院患者のために最低1日2回は病院に来なければなりません。これらは大抵当番制であることが多いですが、相当にベテランの医者でなければ、どこかで当番を当てられることになってしまいます。

また外科系の診療科の場合には、術後患者の管理と言う面もあるので、さらに休みにくくなってしまいます。

緊急手術が入れば外科医が呼び出されてしまうのはもちろんのこと、麻酔科医も呼び出されてしまいます。またある程度大きな病院になると、病理解剖を行うために病理医が呼び出されたり、血管を介して出血を止めたりするために、放射線科医が呼び出されたりもします。

この前は、緊急の手術のために、眼科医が呼び出されたりしていました。

ですから年末年始のお休みと言えど、総合病院のほとんどの医者は暦通りに休むことができないのが現実なのです。

病院の開始は1月4日から

また年明けの病院は、ほとんどの場合1月4日から始まることが多いようです。

年が変わると、病院は一気に忙しくなります。患者さんはたくさん入院してきますし、画像や採血検査も年末年始のたまった分がどんどん行われます。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医師が主催する医者のためのホームパーティー

医師の職場関係でもホームパーティーが開かれることがあります。

たいていは大学病院や、総合病院に勤務しているときに、職場の上司に招待されることが多いですね。

医師のホームパーティーといっても中身は普通

医師のホームパーティーと言うと少し格式高く聞こえるかもしれませんが、病院勤務の場合はどこまでいっても勤務医ということになります。

ですから、豪邸と言う事はほとんどありません。またドレスコードが設定されると言うことも滅多にありませんので、普段しているよりもちょっとおしゃれな服装位で良いのではないでしょうか。

夏はBBQとか、冬は奥さんの手料理が振舞われたりするのが定番でしょうか。

ホームパーティーに持っていくべきもの

ホームパーティー持っていくものはいろいろ迷ってしまうかもしれません。

個人的な経験から言うと、ホスト側のおうちでは、有り余る位の料理を準備しています。また招待されたすべての先生が出席できるわけではなくて、病院に呼ばれてしまった場合には、出席できなかったり、早めに家を後にしなければならないこともあります。

ですから、料理系を持っていくのは、よほど珍しいものでないと失敗する可能性があります。

デザートを持っていこうにも、これまた被ってしまうことがあります。また重いデザートであれば、お酒が入って、食事が入って、の後にはなかなか食べにくい場合もありますね。

ケーキを持ってきてしまうと、どうしてもそのケーキを食べて帰らなければならないですし、何個ぐらい持っていけばいいかということでも迷ってしまいます。また長い間保管しておくことができないので、ホスト側にも迷惑がかかるかもしれません。

ですからホームパーティーにもっていくお土産の選びと言うのは難しかったりします。

したがって、一番無難で当たり障りのないのは、アルコール飲料なのかもしれません。珍しい地ビールなどであれば、その日のパーティーで残ったとしても、その自宅に置いてこれば良いですし、ホスト側が気をきかせて乾杯のビールに使ってくれるかもしれません。要は使い方がたくさんあるといったところなのでしょうか。

ホームパーティーの最後の方はなんとも言えない雰囲気にあることが多い

参加する人々は、関係する医師のほかにその家族、病棟の看護師さんなども招待されることがあります。日頃の職場の関係を超えて和気あいあいとしたホームパーティーなることが多いですね。

ただしこのホームパーティーにも問題があって、たいていは最後のほうになると話題がなくなって自然的な流れでお開きとなることが多いです。

原因はいくつか考えられるのですが、医師の家族が参加するとなると、どうしても会話の話題が限られてきます。またいくら毎日顔を合わせている医師同士であっても、先輩後輩の関係を超えてざっくばらんに話すと言うのは難しいですし、そもそも男性同士だとおしゃべり好きではない、ということもあるでしょう。

これまで私も職場のホームパーティーに何度かお邪魔させていただきましたが、最初のほうは楽しいのですが、最後のほうになるとなんとも言えない雰囲気になってしまうのです。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

病院によって診療のレベルは異なる

残念ながら、病院によって自臭のレベルが大きく異なっていると思います。

大きな病院は診療レベルが高い

もちろん例外はありますが、一般的には大きな病院の方が、診療のレベルを全体的に高い傾向にある、かと思います。東京にある大学病院は、設備も人も潤沢に揃っていますし、それだけ高度な医療を行うことができます。

たとえば他の病院で手術ができないとされた患者、これ以上治療法がないとされた患者であっても、なにかしら望みある治療を受けることができるかもしれません。

一方でスタッフの数も最先端の医療機器も足りていない地方の小規模な病院では、そのような医療受けることが難しいでしょう。最先端の医療をもってすれば治療できるような病気、状態にあっても、諦められてしまう場合もあると思います。

ただしこれらの現実は、どうしようもないものです。まずは日本全国どこにいても、最低限の医療を受けることができるようにすること国や厚生労働省の責務として必要なことです。

どうしても住んでいる場所で医療レベルに格差が出てしまう

日本全国どこにいても最先端の医療を受けるようにすることは、実際問題無理な話でしょう。

おそらく東京のど真ん中で心筋梗塞で倒れた場合、日本の田舎の遠く離れたところで心筋梗塞で倒れた場合には、生き延びる確率が2倍以上は違うと思います。

ただ、これはもうどうしようもないもので、現実的に考えて日本のどこにいても同じく等しい高度な医療が受けられるように、医療のインフラなどを整えるのは不可能です。

実際にあった格差を目の当たりにした例

私が大学病院に勤務していたときには、いくつか驚くようなこともありました。

他の病院では手術できない、と断られた患者が大学病院に紹介されてきました。そのような患者であっても、大学病院の外科医の基準に当てはめると手術可能で、どんどんと手術されていく患者さんは何人も目にしてきました。やはり設備や医師の揃っている大学病院の方が、より高度な医療ができるようです。

また、他の病院ではあるがんと診断された患者さんが、実際は大学病院でよく調べてみるとがんではなかった、ということもありました。

さらに胃がんと診断されていた患者さんが、実は血液の病気で、これらの治療法が全く異なっていた、というようなこともあります。

大学病院や大規模な病院での検査、治療が必ずしも優れているというわけではありません。ただし、患者さんにとって良い結果になっている症例はいくつもみてきました。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

総合病院で外来が遅れるのは日常茶飯事である

みなさんも近所の総合病院で何時間も待たされた経験はありませんでしょうか?
私も外来をしていて、「何時間待たせるんだ!!」「予約時間の意味はなんなんだ!!」などとお叱りを受けるのは日常茶飯事です。

患者数が多いので遅れる

昨今の医師不足もあり、担当する外来患者の数が自分の能力以上に多くなっている現実があります。

私の外来では9時から始まった再来外来で、40人ほどを診療しなければならない曜日があります。9時から12時までで40人ですから、単純計算で一人当たり4.5分になります。

定期的に通院している患者と言えども、カルテをざっと見直してこれまでの経過を頭に浮かべ、患者を招き入れてお話を聞き、何か症状の変化があれば処方薬を変更する。患者が出て行ったところでカルテをまとめあげ、書類の記入を済ませる

。この流れを4.5分で40回休みなく行い続けるのは、はっきり言って不可能です。おしゃべり好きのご老人なら会話しているだけで5分は簡単に過ぎてしまいます。

 

想定外の事態がおこる

もちろん人間のことですから、想定外の事態が多々発生します。

いつもはお元気だった患者が予約外でやってきて、「体調が悪いので入院させてくれ」と言ってきたり、外来中に入院患者が急変してしまったり。

外来の予約時間というのはそもそもかなり無理な設定になっていますから、少しでも不足の事態がおこると10分、20分と遅れが出て、それらが重なると60分単位の遅れになってしまいます。

電子カルテの入力

電子カルテの入力もすごく時間がかかります。

検査結果を見て、話したことを書いて、処方を入力して・・・となると、診察している時間と同じくらいかそれ以上に時間を要します。

だれかキーボードを入力してくれる医療クラークさんがついてくれるといいのですが、病院側も余裕がなくできないようです。

この他にも雑多な理由はありますが、一番大きいのはやはり外来で担当している患者数が多すぎる事でしょうか。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

病院の中のMR(エムアール)という存在

病院の待ち合い室にいると、スーツを着ていかにも仕事ができそうなビジネスマンに出会う事があります。

MR(エムアール)とは

彼らは院内ではMR(エムアール)と呼ばれています。MRとはメディカル・リプレゼンタティブ(Medical Representative)の頭文字をとったもので、医薬品メーカーの医薬情報担当者のことを指すようです。

頭の画像を撮影したりするMRIとは違いますので注意してください。

MRの主な仕事というのは、自社の販売する内服薬、点滴薬をはじめ、注射器や診察器具をはじめとしたあらゆるデバイスを病院に売り込むことです。

早い話が、病院の営業マンということですね。

病院に売り込むということはすなわち医師、とりわけ各診療科の責任者に営業してまわるということになります。

実際には比較的手の空く夕方頃にMRからアポイントの依頼があり、新薬や最新機器の説明を受けるという事になります。

かつてはMRによる過剰な接待があったそうな

MRと医師の関係において立場は医師の方が優位になりますから、かつてはMRの過剰な接待があったようです。

高級レストランで食事のあと夜の街で豪遊しても、すべて製薬会社が負担してくれた時代があったようです。

このような望ましくない関係を改善しようとする関係団体の働きかけによって、現在は接待とよばれる行為すらなくなりました。

毎回の薬の説明会ではお弁当が出される

というわけで、私が医師になってからは、せいぜいお弁当が出されるくらいです。

薬の説明会は昼か夕方ごろに行われるのですが、流石に時間だけとって売り込みをされても困るので、同時に結構良いお弁当が提供されるのが慣例になっています。

一般的には百貨店とかホテルの弁当で、市場価格は2000円くらいと予想されます。それを説明を聞く医師の人数分+αくらい、用意してくれるわけです。

で、それらを食べながら、私たち医師は説明を聞くわけですね。

歴代の弁当の内容

最近はあまり製薬会社から提供されるお弁当を食べてないのですが、過去にはたくさんの種類の弁当を食べてきました。

ローストビーフ、中華、寿司屋の出前・・・など、いろいろとありました。

高価な薬をたくさん使用する内科系の診療科では、毎週のようにお弁当が提供されているんでしょうね。

ボールペンもたくさんもらえる

そのほか、製薬会社のロゴが入ったボールペンもたくさんもらえます。

薬の説明会では、当然その薬の資料が入っているわけですが、同時にロゴの入ったボールペンも封入されています。

ボールペンなんて病院内で使い切ることはそんなに多くないですから、どんどんと溜まっていくわけです。

というわけで、家の中や病院の自分の机は、製薬会社のボールペンで溢れかえっていきます。私も常に4本くらいボールペンを携帯していますが、すべて製薬会社からの貰い物です。

もちろん時価にすると大したことはないのですが、意外なところで役立ったりするので、重宝しています。

MRの営業に対する医師の考え方

MR側は自社製品の売り込みに必死なので、何回も長い時間にわたって医師とアポイントを取ろうとしているようです。

医師サイドからすると、考え方はひとそれぞれのようです。

製薬会社の出す新薬の情報を簡潔に得たり、すでに市場に出ている薬であっても新たに判明した副作用などを知るにはMRが不可欠である、と考える医師もいれば、MRの無駄話を聞く暇があれば仕事をすすめたい、と考える医師もいます。

適当にあしらう先生もいれば、すごく懇意にして、良好な関係を築く医師もいます。どちらの考えもよくわかります。

MRさんの収入はすごく良い

そんなMRとよばれる職種の方々。あまり知られていない事ですが、年収は医師と同等がそれ以上あるようです。

ただし早朝から医師を待ち受け、邪険に扱われながらもくらいつき、夜遅くまで病院にいなければならないのは、医師である私から見ていてもつらそうな仕事です。

また、薬の説明会などでは、医師から辛辣な言葉を浴びせられることもありますから、相当に精神的に強くないと務まらない仕事なのでしょう。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?