主治医を信頼できないときに考えるべきこと

私は普段、がん治療担当しているわけですが、患者さんの中には、今の主治医と合わないんです、と嘆く方もいます。

患者さんの不満の原因

第三者である私には、色々と不満をおっしゃってくれるのですが、その不満は納得できるところもあれば、どうしようもないと思うところもあるわけです。

基本的に主治医の医師としては、患者さんに対して良い情報も、良くない情報も提供していかなければなりません。

そしてがん治療と言うのは、得てして良くない情報の方が圧倒的に多いですね。ですから、どうしても嫌われ者になりやすい状況というのはあるかと思います。

いくら主治医といえども、悪い情報ばかり提供されていては、患者さん側としては信頼できない、という思いが出てくるのも仕方ないのかもしれません。

主治医を変更してもらうのも一考

もしどうしても、今も見てもらっている医者が信用できないと言うのであれば、思い切って主治医を変更してもらうというのも1つの手でしょう。

医者と患者の関係とは言っても、根本的には1対1の人間関係なわけです。

気の合う友人、気の合わない仲間がいるように、医者と患者の間においても、仲の良い悪いがあってしかるべきだと思います。

ですから、その診療科に勤務している医者が複数人いるような場合には、思い切って主治医の変更を申し出るのも1つの方法だと思います。

医療者側からすると、自分のことを気に入らないと言う意思表示なわけですから、当然良い気分はしません。

ただお互いに不信感を持ちながら治療を継続するよりは、最終的には良い結果を生むのではないかと考えています。

病院ごと変更してしまうのもときにはアリ

病院内での主治医の変更が難しければ、病院ごと変更してしまうという方法もあります。

この場合は、診療情報提供書や、画像データなどを用意してもらう必要があるので、若干ハードルが高くなります。

今の時代は、患者がなんでも医者の言うことを何でも聞く時代ではないと思いますので、思い切って自分の主張を伝えることも大切かと思います。

医者と患者の人間関係は非常に大切である

というのも、治療を行う上では、医療者側と患者側の信頼関係が何よりも重要です。

医療者側からすると、信頼している患者の方が気を使わずに自ら考えていることを素直に伝えることができます。

つまり、良い情報も悪い情報も、率直に伝えることができるわけです。

また患者のからも、医者の言葉や治療方針に関してより前向きにとらえることができ、治療もスムーズにいくでしょう。

ですから医師と患者の信頼関係というのは、治療を行う上で最も大切だと思われます。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

病院食はやっぱりおいしくないですよね

入院している患者さんは、当然病院で出される食事、いわゆる病院食を食べるわけです。ただこれを食べない患者さんも結構います。

入院している患者さんの食事量は重要

どの診療科であってもそうだと思うのですが、入院中の患者さんの食事量と言うのは結構重要です。

放射線や抗がん剤などのがん治療をしている場合には、当然食欲が落ちます。

また肺炎や感染症などで治療してる場合にも、体はだるいですから、食欲は落ちてきます。

加えて外科の患者さんで、腹部の手術をしたような場合には、食事をどれだけ食べられるかということが、まさに患者さんの回復の目安にもなってきます。

ですから上に述べたような、入院患者さんの食事量というのは、患者さんの状態を表す一種の大切なバロメーターなわけですね。

ただし、中には病院食はおいしくないから食べたくないと言う人がいます。

病院食を食べない患者さんも多い

基本的には、病院食と言うのは病院の中で調理されているわけですが、入院患者さん向けの料理なので、味を重視しているわけではありません。

塩分は控えめで、味付けも薄めです。

また野菜は多く、肉や魚類は少なく調理されていますので、普段グルメなものを食べ慣れている人にとっては、物足りなく感じてしまうでしょう。

食欲はありますか?とよく聞く

入院患者さんの診察をするときには、挨拶がわりに、

食欲はありますか

とよく聞くようにしています。

出されたものは全部食べてますと言う患者さんもいれば、病院食が口に合わないとはっきりおっしゃる患者さんもいます。

中には、答えにくそうに、食欲はあるんだけれども…と言うようなことをおっしゃる患者さんもいます。

おそらく病院食が口に合わないのだろうと推察します。

食べたいものを食べてください

私自身は、がん治療している患者さんをよく診察するのですが、基本的には食べたいもの食べてくださいと言うようにお話ししています。

今や病院の中には、コンビニエンスストアや、レストランみたいなものが入っていますから、ひとまずそこで食べたいものを食べれば良いと思うのです。

何も食べなければ、体力がどんどん落ちていきますし、必要な治療を続けられないこともあります。

それくらいになるのであれば、少々ジャンクなものでも、どうぞ食べてください、といったところでしょうか。

ただ全員が好きなものを食べれば良いと言うわけではありません。腎臓病の患者さんでは、タンパク質を制限することが必要ですし、糖尿病の患者さんであるが、カロリーを制限することが必要です。

病状によっては、非常に厳格な食事のコントロールをする必要が出てくるので、あくまで、食べるものに制限がない人はという前提条件がつくのですが。

点滴も良いことばかりではない

食事が食べられなくなると、臓器の機能を維持するために、点滴を行うわけですが、点滴は良いことばかりではありません。

普段食事を消化している胃腸などの消化管が動かないわけですから、下痢になったり、便秘になったり、感染症になりやすかったりと、食事を食べるのであれば食べたほうが絶対に良いです。

さすがに病院食が食べられなくなって、点滴した人はいないですけどね・・・・。

医者も病院食はあまりおいしいとは思わない

 

私自身も、こちらでも書きましたが、病院食というのはあまりおいしそうに見えません。

当直中に医者が食べているもの

長年病院に勤務していることによって、臭いとか、食事に対してなんとなく受け付けないようになってしまいました。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

電子カルテで有名人のカルテをみてはいけない

病院の中に勤務しているからと言って、好き勝手に電子カルテを見るわけにはいきません。

病院には有名人がたくさんやってくる

病気や怪我と言うのは、人種や性別を超えて、すべての人に起こり得るものです。

私も勤務している病院でも、世間に広く名前の知られた有名人とか、wikipediaに載っているような有名人の診察をする事は、ごくごく当たり前になっています。

中にはスポーツ選手とか、芸能人とか、そのプライベートを見てみたくなる人もいるのは事実です。

ただし、そのような患者さんのカルテがあるからといって、好き勝手に関わりない人の電子カルテをみてはいけません。

電子カルテでの行動は、すべて記録に残る

いまや病院の電子カルテと言うのは、私の知らないところでいろいろな機能が備わっています。

電子カルテと言うのは、カルテや記録を書くにあたっては、病院から発行されている自分固有のIDとパスワードを打ち込んでログインして使用することになっています。

なので、診療に関与しない掃除の人や出入り業者、もちろん患者さんも、事実上はIDとパスワードがなければ、電子カルテはまったく使えないシステムになっているのですね。

これは医者だって同じで、勤務していない近くの病院にいっても、そこのカルテは見れないということになります。

ですから、電子カルテのネットワーク上で、誰がどんな行動とったかと言うような記録が全て残ってしまうのです。

カルテの改ざんも記録に残る

例えば患者さんのカルテを書いたはいいけれど、不都合なことがあったのでこれを削除しようとしたとか、医療裁判になったのでカルテを改ざんしたと言うような事は、残念ながら全てばれてしまいます。

ドラマ白い巨塔では、医療ミスを隠蔽するために、カルテを修正液で消すシーンがありましたが、残念ながら電子カルテではそういうことができません。

カルテを修正した時間とか、以前の文面とかすべてお見通しです。

ですから、話はそれましたが、普段の診療とは全く関係のない患者さんのカルテを閲覧すると言うのは、すべて記録が残ってしまうわけです。

関係ない患者さんのカルテを閲覧するのはご法度

つまり気になる患者さんや、病院に来たスポーツ選手のカルテを見るということも、技術的にはワンクリックでみれてしまうのですが、ばれたらこれは大変です。

実際に、ちょくちょく病院関係者が、知り合いのカルテを無断で閲覧して、その情報を漏らしたなどと言ってニュースになることがありますね。

電子カルテと言うのは、結局のところ個人情報ですから、いくら病院に勤務しているからといって、誰でも好き勝手にみて良いものではないのです。

紙カルテだとどうか?

じゃあ、紙カルテだと閲覧しても問題ないんじゃない?記録残らないし、という疑問もあるでしょう。

 

 

 

もちろん紙カルテには誰がみた、みていない、という記録を残せるはずはないので、有名人のカルテは見放題ですね。

 

 

 

 

ただし、今や全国どこの病院でも、手術をするようなある程度規模の大きい病院では電子カルテが備わっているので、そもそも有名人や著名人が、そのような紙カルテを使っている病院に通院しない、というのが実際のところではないでしょうか。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医者になって感じるのは、今を生きるのがすごく大切ということ

星野仙一さん死去 昨年末に悪化 安らかな表情で…

日刊スポーツより

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201801060000129.html

 

楽天の星野仙一球団副会長が4日午前5時25分に死去した。70歳だった。6日、楽天が発表した。

楽天の発表によると、星野氏は16年7月に急性膵炎(すいえん)を発症したことをきっかけに膵臓(すいぞう)がんであることが判明。その後、体調に波があったものの仕事に支障を来すことなく過ごしていた。昨年12月に行われた野球殿堂入りを祝うパーティーでは元気な姿を見せていたが、昨年12月末から病状が悪化した。

 

元プロ野球選手の星野仙一さんが亡くなったというニュースが入ってきました。ニュースによると2016年の1月から膵臓癌で闘病されていたとのことです。

膵臓癌と言うのは非常に難しい病気で、病気が見つかったときには、すでに手術は難しいことが多い病気です。

2016年のがん統計では、日本人のがん死亡者数で見ると、男性4位、女性では3位になっています。

膵臓癌の患者で思い出の症例

膵臓癌で心に残っている症例は、ある60歳の男性のことです。その男性は非常に社会的地位のある方でした。私は直接の主治医ではありませんが、その患者さんを診察する機会がありました。

半年ごとにCTの検査をされていたのですが、ある時何気なくCTを撮像したところ、すい臓がんが見つかりました。その時にはすでに手術はできないと言うような状態でした。

半年ごとのCTを見直してみたのですが、どうがんばって半年前のCTを見直してみても、やはりそこには明らかな病気はなく、半年間のうちにみるみる大きくなってきたと言うことが予想される結果でした。

通常がん検診目的にCT検査を行うのは、1年のうちに1回でもやり過ぎな位ですから、半年に1回やってみても病気が発見できない、しかも膵臓癌という病気が発見されたときには根治が望めないと言うことになると、どうやって病気に立ち向かっていけば良いのか、ということを考えたものです。

もちろん毎日、毎週のようにCT検査やPET検査、血液検査をやれば、がんは超早期発見できるかもしれませんが、それは社会全体の医療における費用対効果の面から考えて現実的ではありません。

人間は誰しも死を迎えることが決定してる

したがって、医者になって働いていて思うのは、人間は誰しも、突然に死というものに直面せざるを得ないと言うことでしょうか。

私たちが今生きているのは、まさに病気をしていないという偶然から生まれるものである、ということを改めて認識しなければならないでしょう。ですから、将来や老後のことを考えるのは、病気をしないと言う前提に立って初めて考えられるものであるのでしょう。

幸せな人生を送るためにはどうすればいいか、と言うのは少々哲学的な問いではありますが、私自身の現時点の答えは、今を一生懸命生きることだと思っています。

人間はいつ病気になって死に直面するかわかりません。まずは今を一生懸命生きると言うことが幸せの近道なのかもしれません。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

患者さんから現金をもらってしまった

私はどちらかと言うと内科系の医師なのですが、患者さんからいろいろなものをもらってきました。

公立病院では医師は何も受け取ってはいけない

私は公立病院で勤務していますので、オフィシャルには金銭を受け取れないことになっています。病棟にも「贈り物はダメです」といったような張り紙がされています。

ただし実際には患者さんから、何かもらいそうな状況になると、断りきるのは結構難しいものです。

よくある「いやいや」「是非」「いやー」「まぁまぁ」といったやり取りになって、最終的には何かしら頂いている先生が多いのではないでしょうか。

また患者さんもそのことを知ってか知らずか、医者に直接渡すのではなくて、看護師さんや他の病院職員経由で渡してくる方もいます。こうなってしまうと送り返すこともできず、お手上げです。

お菓子はよくいただく

よくいただくのは、お菓子でしょうか。患者さんが退院したり治療が終了したりするするときには、そのご家族からお菓子の詰め合わせをいただくことがあります。

また外来で経過観察している患者さんからは、不意にコンビニで売っているようなスイーツやドリンクをもらったりします。これいくらいなら気兼ねなく受け取れるので、受け取りやすいのですが。

もちろんこのようないただきもののは、医師個人のものとするのではなく、診療科の医師全体や、病棟全体で共有するようにしています。

現金ももらったことがある

またあまり大きな声では言えませんが、現金をいただいたこともあります。

私が研修医の時でしたが、ある入院患者さんのところに毎日回診に行っていました。当然研修医と言う立場ですので、治療方針や処方に関して何の決定権もなく、ただ患者さんとお話ししているだけでした。

その患者さんの治療が無事終了し、退院すると言う段階になって、ご家族の方から数万円の現金をいただきました。いただいたというか、無理矢理ポケットに突っ込まれました。

指導医に相談したところ、「無下に断ったり、返したりするのも失礼だから、もらっておきなさい」と言われました。私がもらっているくらいですから、直接の主治医である当時の指導医も現金をもらっていたのでしょうね。

当時の自分は、その患者さんに対して何も貢献できていなかったですし、研修医としてちゃんとお給料もらっていましたので、むしろお金をもらったことに対する申し訳なさの方が大きかったことを覚えています。

さすがにそのもらったお金で飲み食いすることもできないので、医学書を購入させていただきました

外来で経過観察していた患者さんから頂いたこともあります。。

外来から終わって医局に戻ろうとしたところ、看護師さんから「〇〇さんから先生にです」と言って、突然封筒を差し出されました。嫌な予感がしたのですが、その封筒の中には現金が入っていました

その患者さんには、自分でもよくやった、と思うようなファインプレーをしていたのは事実ではありますが、まさか金銭をいただくとは思っていませんでした。

おそらくその患者さんなりの感謝の気持ちの表し方だったと思うのですが、その患者さんに対応しているのは私だけでなくて看護師や他の医師も同様ですので、ありがたく忘年会の席で使わせていただくことにしました。

外科の先生などはもっともらう機会があるだろう

内科医の私ですら何らかの形で金銭的なものいただいているので、手術などのより重要な場面を担当する外科の先生方であれば、もっとたくさんの贈り物もらっているが気がします。

あまり外科の先生とそのような話をしたことがないので定かではありませんが、結構もらっているんじゃないかと想像します。

患者から医師への贈り物は不要

あくまで私の考えなのですが、贈り物されてしまうと、その患者さんに対しては親切な対応をしなければならず、少々めんどくさい部分もあります。それによって、通常の診療方針が揺らぎ、それがよくない結果に繋がる場合もあるでしょう。

当然ですが病院で働いている医師は、生活していくためには十分な給料をいただいているので、金銭そのものをもらうことに対するうれしさ、というのはあまりないのが正直なところです。もちろん1000万円とかもらえれば住宅ローンの返済に充てるとか夢も広がりますが、あくまで現実的な範囲での話です。

上に書いたように、医師と患者関係の間に金銭と言うものが介在することによって、多少やりにくくなることが多いのではないでしょうか。

したがってもし言葉以上の感謝を示すのであれば、お菓子の詰め合わせなど、金銭的にあまり負担のならない範囲で、受け取る方も気軽にいただけるモノの方が良いかと思います。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

患者さんが医者に言ってはいけない3つの言葉

日々患者さんを診察していると、患者さんに悪気はなくても、傷ついてしまうような言葉を言われてしまうことがあります。

知り合いの偉い先生に聞いたんですけど

このような知り合いの医者の言葉を持ち出してくるタイプの患者さんは結構多いですね。

患者さんの中には、純粋に質問している方もいれば、権威のある医師の言葉を持ち出して、診察している医師より優位に立とうとしている患者さんもいるように感じます。。

ただし大抵の場合、偉い先生と言うのは大したことがなく、患者さんへのアドバイスも間違っていることが多いです。

だいたい本当に知り合いの偉い先生の言っていることが正しいければ、目の前に座っている私のような医者ではなく、その偉い先生が診察していることが多いですからね。

こういう言葉をかけらると、ほとんどの医者は快く思わないでしょう。したがってこの言葉は禁句ですね。

ところで先生私は・・・

初診の患者さんに多いです。聞かれたこと以外のことを延々と話されると、こちらはすごく困ってしまいます。

どこの病院でも、どこの診療科でもそうですが、外来と言うのはまさに時間との勝負です。私たちは患者さんから必要な情報だけを抜き取って、その情報から必要な検査や処方を考えだし、最短ルートで実行しようと試みています。

したがって、聞かれていないことを答えたり、関係ないことを延々と話したりする患者は、迷惑以外の何者でもありません。

もちろん医師-患者関係のこともあるので、表面上はニコニコ聞いていますが、関係ない話をされると、うんざりしてしまいます。

医者の中には、「聞かれたことだけ答えください」という勇気ある先生もいるようですが、私にはそこまでの勇気はありません

どうしてこんなに待たせるんだ

外来で診察をしているとよくある発言です。外来ですごく待った患者さんに不満を述べられることがあります。

外来診察というのは大抵予定時間通りに行かないものです。

人間を相手にしている以上、いろいろと予想外のことが発生します。予定していた検査が後ろに遅れる、5分で終わる予定だった診察が、以外な検査所見が見つかって20分かかるなんてことはよくあります。また、予約外で患者さんがやってくれば、それらも診察しなければなりません。

そもそも、患者の絶対数が多いために、あらかじめ無理な予約が組まれていることもあります。

 

ある知り合いの地方病院では、30分に6人の予約が入っていました。単純計算で1人5分と言うことになります。

患者さんの診察に5分、処方に1分、カルテ記載に3分としても、一人あたり9分間かかってしまいます。そもそもこの間に電話したり、患者の出入りがあったりするわけで、この想定自体が無理なわけですが、それでも一人当たり4分の遅れがすでに発生しています。

これはすべての患者さんが極めてスムーズに診療を終えた場合の時間であって、これが他にもしイレギュラーなことが起きれば、どんどん遅れは長くなっていきます。そもそも無理な予約が組まれている場合は、必然的に遅れが発生します。

私たちだって、なるべく遅れが出ないようにフル回転で診療しているわけですが、それでも仕方なく遅れてしまうわけです。そこを責められてしまうと、すごく悲しい気持ちになってしまいますね。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?