マンションの広告にある「病院まで徒歩○分」というフレーズ

新築マンションの広告などを見ていると、「病院まで徒歩○分」と言うような宣伝文句を見かけることがありますね。

果たしてその宣伝文句の本当のメリットはどれほどなのでしょうか?少し考えてみたいと思います。

病院に近いことのメリット

1番のメリットは、体調が悪くなったときに、すぐに病院にいける、と言うことでしょうか。

当然20分歩いて病院に向かうよりも、徒歩2分で病院に到着できた方が、メリットは大きいですよね。

ん、でも、ちょっと考えてみましょう。

あなたは1年に何回病院に行きますか?

ただ、問題は1年に何回病院に行くのか、と言うことです。

がんになって、抗がん剤治療を行うとしても、せいぜい病院に行くのは1週間に1回程度ですし、それ以上の通院が必要な状況になれば、基本的には入院になるでしょう。もちろん例外もありますが・・・。

それ以外の、喘息とか、高血圧とか、糖尿病であれば、せいぜい3ヶ月に1回くらいの間隔で様子をみていくことになりますね。

そう考えてみると、健康に生きている人間が、年に何回病院を利用するかということです。

私もここ1年ほど、患者として病院にかかったのは片手で数えるほどしかありません。

病院よりも近くにあってほしいもの

まず近くにあるべきは、鉄道の駅ですね。駅を利用するか否かに関わらず、これはマンションの資産価値に関わってきます。

スーパーマーケットは、誰でも週に1回か2回は利用するでしょう。それよりもコンビニエンスストアであれば、毎日利用すると言う人がいるかもしれません。

学校も同じです。子供がいる世帯であれば、毎日の子供の通学時間というのは大切になってきますね。

そう考えてみると、スーパー、コンビニ、学校の方が病院よりも利用回数が多く、もっと近くにあってほしいものですね。

どの病院に近いか、が重要

さらに広告の中には、「大学病院まで徒歩3分」と言うような広告をめぐっているところもあります。

今や病院の機能分担がどんどん進み、病院に受診するためには、紹介状が必須になってきています。たとえば慶應病院の例がこちらです。

紹介状がない場合紹介状がない場合、医療費とは別に「選定療養費」として5,400円(税込)をお支払いいただくことになります。あらかじめご了承ください。

慶應義塾大学病院ホームページより結論

そもそも大学病院であれば毎日外来をやっているわけではないですし、上記のように紹介状を持たなければ別途費用が必要です。

ですから、風邪をひいたとか、お腹が痛いと言うだけでは、大病院にかかるのはほとんど現実的では無いのです。

まとめ

マンションの広告で、「病院まで徒歩何分」という広告に関しては、立ち止まって、よく考えてみる必要があります。

その病院は、紹介状なく気軽に受診できる病院であるのか、また1年も何回も病院を利用するような状況であるのかということです。

病院よりも、コンビニエンスストア、スーパーマーケット、ATM、スポーツジム、百貨店、駅、学校、飲食店などの方が利用頻度は高いでしょうから、そちらの方を重要視することも大切です。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

学生がいる飲み会に参加して説教をしてはいけない

学生を交えての飲み会は結構開催される

病院で働いている勤務医であっても、医学部の学生と接する機会はしばしばあります。

大学病院で働いている場合には、病棟実習と称してほぼ1年中学生がやってきますから、当然学生と接する機会が多くあります。

医局でやっているイベントが行われる場合には、自らの医局に興味を持ってもらうために、学生を招待することもあります。

その他学生の歓迎会が個別に行われることもあり、そこでは医局の魅力を学生にアピールすることになります。

一般病院で働いていたとしても、学生と接する機会は少なくありません。

医学部の学生たちは、研修先の病院を決めるにあたって、研修病院の候補となる病院を見学して行きます。

私の診療科にも、少なくとも1ヵ月に2回位は、全国各地から医学部の学生がやってきます。そして時間があるときは、その学生たちと一緒に食事をすることもあります。

学生たちに説教する医者は多い

医学部の学生たちと一緒に食事をしていると、ついつい心配するをして説教したくなるものなのでしょうか。

医者の中には、自分自身の経験に基づいて、学生の考えを批判したり、将来の見通しについて「そんなの無理だと」否定する先生もいます。

学生たちと一緒に食事をしていると、ついつい心配するをして説教したくなります。自分自身の経験に基づいて、学生の考えを批判したり、甘い考えについては否定したくもなります。

私自身は、飲み会の席で説教をする事は百害やって一利なし、だと思っていますので、学生の意見を聞き流すだけにしています。

ただ同僚の先生の中には、厳しく学生さんに接しておられる方もいます。飲み会の席にもかかわらずですね

学生たちのつらい表情

もちろん説教された学生はと言うと、当然反論することができません。人生の先輩でもあり、医師としても先輩である医者のいうことですから、当たり前のことです。

そんな学生たちの表情見ていると、なんとも辛そうなのです。

勇気を出して、気を使って飲み会にやってきたにもかかわらず、自分のことを非難したり否定するような発言を聞かなければならないのは、なんとも苦痛なことでしょう。その気持ちは痛いほどよくわかります。

説教はしてはいけない

説教を聞いていると、医者っていうのがつくづく頭が固い生き物なんだなぁと思います。

人は自分と異なる生き方をする人間に対して、ついつい批判的に捉えてしまいがちです。

医局を辞めてフリーで医者をやっていくとなれば、「おいおい就職先は大丈夫か」と批判的になりますし、医局のコネクションを持たずしてアメリカに留学するとなれば、「おいおい収入の面は大丈夫か」と批判的になったりもします。

事実私はそのような批判を見聞きしてきました。このような批判は羨望や憧れの裏返しであることも多いようですが。

新しいチャレンジには批判がつきものである

人間がが何か新しいことを成し遂げるためには、必ず周囲の批判を乗り越えていかなければならないものです。そして新しいことの成功の影には、誰かしらそれを理解してくれる協力者がいます。

自分と異なる考えを持った医者を、批判するのに終始するのか、それとも理解し協力するかというのは、まさに人間としての器が問われているような気がします。

私は常に学生相手であっても、後者でありたいと思っています。

学生の中には、確かに甘ったれた考えや、現実を無視した行動起こそうとしている医学部の学生がいます。

ただし10年後20年後にはそれが標準になっているかもしれませんし、その理想に向かって努力し続けることで、現実になるかもしれません。

そのように考えてみると、いろいろな考えを否定するのではなく、理解してあげると言う姿勢が重要でないかと思えてきます。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

共働き世帯がAmazon.co.jpを頻用すべき3つの理由

Amazonは、存在感をどんどん強めつつありますね。

私たち夫婦も共働きなわけですが、年々アマゾンで購入する物品・購入する金額が多くなっています。

私たちの生活スタイルとしては、週に1度、お互いのどちらかがお休みの土日に1週間分の食料品を買いだめしています。

この食料品を購入するのも、わざわざスーパーに向かうのではなくて、ネットスーパーで済ましてしまうことも多いです。

アマゾンの1番の利点は、自らスーパーに足を運ばなくとも、たくさんのものが指先1つで購入できてしまうと言う事ですね。

時間を節約できる

共働き世帯にとって重要なのは、お金よりも時間です。

もちろんアマゾンで買うよりも近くのスーパーの安売り品を購入した方が、価格的に少しお得と言う事はあるかもしれません。

ただお互いに時間のない中で、自らがスーパーに赴く時間が、どれぐらいの価値であるかをもう一度問い直してみる必要があると思います。

例えば残業代が1時間3000円とするならば、1時間かけて商品を買いに行くよりは、3000円分高くても、ネットスーパーやAmazonで購入した方が、トータルのコストは安くなると考えるべきです。

加えて、どちらが買い物に行くか、などといって家庭で喧嘩していたら、あまりにもお粗末です。

共働き世帯は若干の金銭的余裕があるでしょうから、積極的にやらなくて良いことは外注しましょう。

重いものでも宅配してもらえる

重いものをスーパーで購入すると憂鬱になります。

それを持って車に積み込み、家に着いてからは車から自宅まで運ばなければならない・・・・。ときには車と家を2往復くらいしないといけない場合もあるかと思います。

重さ、というのは買い物するにあたっては意外と面倒なわけです。

ですから、重いものを購入する場合なんかも、Amazonを利用した方が良いですね。重さのある米やお酒、水などのペットボトル類は、もっぱらAmazonで購入しています。

ヤマト運輸のお兄さんには多大な負担を敷いているかもしれませんが、重いものを自宅まで運んでくれているのですから、配送料をいくらか負担しても全然構わないと思っています。

それだけ重いものを運ぶというのは、価値のある労働ではないでしょうか。楽できるところはなくしようというのが、私たち夫婦のスタンスですね。

Amazonプライムに登録すれば、音楽や映画を楽しめる

さらにアマゾンの良いところが、宅配だけではありません。Amazonプライムに登録すれば、様々な得点を受けることができます。

私たち夫婦はもちろんamazon primeに登録しているわけですが、正直先行発売とか、amazon musicはあまり利用しないですね。

というのも音楽も聴けることは聴けるのですが、スマホにダウンロードして系統的に音楽を聴くとか、プレイリストを作るとか、そういうことをするのが面倒だなと思っています。

その点appleが運営しているitunesだと、クリックひとつで音楽を購入、ダウンロード、さらに他デバイスでも共有できるので、使い勝手はこちらの方が良いようです。

Amazon prime ビデオ

ただ、ひとつprime会員になってよく利用しているのは、amazonビデオですね。

これは、amazonが提供している、映画やテレビ番組の視聴サービスなのですが、これは結構使い勝手が良いように感じています。

あらかじめタブレット端末などに映画をダウンロードしておいて、自宅や移動中にそれを視聴するということも十分可能です。

またアマゾンが発売している、amazon fire stickと言うものを購入すると、家にあるテレビに差し込むだけで、amazonビデオを自宅のテレビで視聴したり、primeビデオを視聴することができます。

実は同様のビデオレンタルサービスは、appleが発売しているapple TVもあるのですが、基本的に視聴できるのは映画だけで、扱っている映画の本数が少ないので、amazon fire stickの方が使い勝手が良いと感じています。

まとめ

いまやamazonは、商品を宅配するだけでなく、色々なものを私たちに提供してくれています。

共働き世帯にとっては、時間と労力の節約になる媒体ですから、是非積極的に利用するのが良いでしょうね。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

 

医者・病院のバレンタインデーとホワイトデー

2月と3月は、バレンタインデーとホワイトデーの季節です。その2つのイベントと医者との関わりについて考えてみたいと思います。

昔はバレンタインデー・ホワイトデーはときめく日だった

小学生とか中学生の頃は、バレンタインデーの日にチョコレートもらえるかもしれない、ことが楽しみでした。

私も小学生の時には、好きな女の子からチョコレートを貰えるだろうかと、ドキドキしたことを覚えています。

大学生になったら、クラスの女の子からチョコレートをもらえるなんてことは、ほとんどなかったですね。低迷期です。

バレンタインデーに連動したホワイトデーというのも同様で、高校生にもなると、チョコレートを貰うのは母親からだけ、ということが日常でした。

社会人になると社交辞令的な儀式になる

病院で医師として働き始めると、これまたチョコレートをたくさん貰うようになるわけです。といってもほとんどは社交辞令的なものなのですが。。

研修医時代には、研修医の同期とか、看護師さんからチョコレートをもらいました。ただし、これにはいわゆる本命チョコは含まれていません。

つまり、社会人になると、バレンタインデーやホワイトデーの意味合いと言うのは、男女の告白という一種のスタイルから、ただお菓子を渡す・貰うと言う実務的なものに変わっていっているような気がします。

病院の中のバレンタインデー

では2月14日・バレンタインデーの日の病院とはどうなっているのでしょうか。

例えば、2月14日に病院に行ったりする、病棟とか、カンファレンスルームとか、外来とかにはチョコレートが置いてあるわけです。

どこにいってもチョコレートです。これは看護師さんとか、事務の方とか、女性陣からの男性に対する贈り物なわけですね。

病棟に足を運ぶ男性の大部分は医師なわけですから、つまりは看護師さんたちから医者に対する贈り物というわけです。

チョコをもらうのは看護師さん全体からであることが多い

チョコレートをもらうのは、看護師さんとか、事務の人とか、稀ですが女医さんからとか、いわゆる集団からになります。

個人的に1対1でチョコレートをあげたり・もらったりと言う事はなくて、たいていは看護師さん全体から、ということになります。

1対1でやりとりがあるとすれば、これはもう愛の告白ですからね。いや、若い先生の中には、ひっそりとチョコレートをもらっている羨ましい輩がいるのかもしれません。

もちろん、看護師さんの方も統率が取れてるのかどうかわからなくて、たまに個人的に看護師さんが自宅で作ったチョコレートやケーキなんかを頂くこともあります。

小規模な病院だと十分あり得るようなはなしです。。

どんなチョコレートを貰うと医師はうれしいか

働いて疲れているときには、甘いものは非常に良いので、ついつい食べてしまいます。ですから、なんでも良いです。

男性側からすると、バレンタインデーのチョコレートは、あったらラッキーくらいにしか思っていないですから、そのブランドまでは見ていませんね。

たぶんキットカットが大量に置いてあったとしても、喜んで食べると思います。

2018年にもらって嬉しかったというか、感動したのは獺祭のチョコレートですね。

値段を調べてみてびっくりしましたが、相当に高価なチョコレートです。普段は自ら購入することなんてないでしょうから、贈り物としてあげるとバレンタインデーに限らず喜ばれるのではないでしょうか。

贈る方の女性は大変そう

別にバレンタインデーのチョコレート位なくても大して気にしないのですが、送る方の女性からすると結構大変なようです。

私の妻は、当然男性社会である医者の世界で働いているわけですが、バレンタインデーの日は毎年大変そうですね

百貨店やお菓子屋さんに、普段グルメな医者が食べないであろう、上質なチョコレートを買いに行き、それをいろんなところに配らなければならないんです。

外来、病棟、検査室などなど、いろんなところに配らなければならないので、出費もちろんですが、量もかなり多くなります。

最初のほうはチョコレート選びに楽しんでいた妻も、最近ではこのイベントに少々嫌気がさしているようですね。

まあ男性の立場からすると、女医さんからチョコレートをもらえなかったくらい全然気にしないわけですが。

2018年バレンタインデーの報告

2018年のバレンタインデーの病院の状況についてお伝えしたいと思います。

女性医師である妻の動向

まず妻は、職場の男性諸君にチョコレートをいくつか買って持っていきました。

流石に舌の肥えた男性陣ですから、コンビニエンスストアで売っているような安いチョコレートを持参していくことはできません。どうやら前の週末に百貨店であらかじめ購入していたようです。

病院で働く女性にとっては、職場のバレンタインデーというのは毎年恒例の事なので、もはやルーチンとなっているようです。

それにしても自腹で職場の男性にチョコレートあげないといけないなんて、もはや経費として落としてもいいような気がしますが…。

2018年にもらったチョコレート

さて、男性である私が個人的にもらったチョコレートはもちろんありません。

ただし、看護師さん一同からは、医師のみなさんへ、ということでそこそこ良いチョコレートをもらいました。また普段そこそこ付き合いのある検査室の技師さんからも、申し訳ないといった感じで、最小限のチョコレートをもらいました。

検査室の技師さんに関しては、女性も少ないですし、私たち男性医師との関わりが多いわけでは無いですが、体裁を維持するために仕方なくチョコレートをくれたりしている印象があって、なんとも申し訳ない気持ちになります。

金額的には、看護師さん検査技師さんの割合は1対5ぐらいですから、看護師さんからいただいたチョコレートの方が値段が高そうです。

ただこれをホワイトデーにお返しをするとなると、どのような割合にしてお返しすれば良いのかというのが悩みどころですね。

同じ種類・量のお菓子とかクッキーをお渡しすれば、看護師さんの方から不満が来そうですし、かといって傾斜配分するのも考えものです。

うむ、ここは若い先生に任せておきましょう。

病院の中のホワイトデー

チョコレートをもらってばかりではいけません。お返しをしなければならないわけです。それが3月14日のホワイトデーですね。

上にも書きましたが、バレンタインデーの日に、チョコレートを1対1でもらうと言う事はほとんどありません。

ですからホワイトデーのお返しと言うのは、診療科の医師全体から外来の看護師全体とか、病棟の看護師全体と言う形になります。

お返しを選ぶのは結構大変

私が大学病院で働いていたときには、1番下層の人間として、バレンタインデーのお返しを買いに行くことがありました。

看護師さんは、お返しを期待しているのであろうという推測の元、かなり上質なお菓子を買っていかなければなりません。

私のセンスだけでなく、先輩医師のメンツもかかっているわけですから、そりゃもう必死です。妻に相談して、いま流行りの店で買っていったりしました。

ある年には、総額1万円以上ホワイトデーのお菓子を買い込んだこともあります。もちろん領収書は勤務している大学病院の医局費から落としました。

最近はネットを積極的に利用

ホワイトデーのお返しを買いに行くのも面倒ですし、どれにすれば良いか、といろいろ迷うのも大変です。

ですから、最近はもっぱらAmazonで購入するようになりました。 商品の送り先を病院に設定すれば、自分で荷物を持っていく必要もありません。

クッキーなんかにしておけば、日持ちもしますし、手で掴んで食べることもできますし、最適なのではないかと思っています。

結局のところバレンタインで得するのは企業だけだろう

結局のところ、バレンタインデー・ホワイトデーと言うイベントで、病院関係者はお菓子をあげる側・貰う側いずれも疲弊しているわけです。

もらった方も、もらいっぱなしで終了、というわけにはいかないですからね。

このバレンタインデーとホワイトデーで笑顔になっているのは、お菓子業界だけかもしれません。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医者夫婦の住宅購入について自らの経験を元にかたる

医者夫婦の住宅購入事情について、書いてみたいと思います。

私たち夫婦は5000万円のマンションを購入しました

医者夫婦の場合は、年収が高いので、住宅購入にも余裕があります。私たちは、首都圏の駅近接の5000万円の住宅を購入したわけです。

一般のサラリーマンの家庭では、5000万円という金額は、一生に1度の買い物と言うことになってしまうでしょう。もしかしたら年収を考えると5000万円のマンションを購入するのにも、住宅ローンが組めない人がいるかもしれません。

ただし医者夫婦の場合は少し事情が違ってきます。5000万円のマンションも、一時的なものとして購入できてしまうわけですね。

事実、私たちはこのマンションに住んで、10年くらいでローンを返済して、それと同時に賃貸に出すか、中古で売却するかを考えています。

幸い不動産価格がバブル並になる前に購入できたので、購入価格と同じくらいか、ちょっとマイナスになるくらいで売却できるだろう、と踏んでいます。

5000万円のマンションを購入するためのマネープラン

あまりいろいろと資金計画を練ってマンションを購入したというよりは、いろいろみて回っている中で気に入ったマンションがあったから購入したという感じです。

すごく単純計算ですが、頭金を1000万円、両方の親からの援助を1000万円として、残りの3000万円をローンで組みます。

夫婦どちらかだけの収入で生活していくとなると(それでもまずまず余裕のある生活になりますが)、もう片方のすべての収入をローン返済に回していますから、お互いフルタイムで働き続ければ、だいたい5年くらいで返済できてしまうのではないか、というような算段です。

もちろん、ローンは10-20年くらいで組んでいます。

住宅ローンの審査について

他の医者夫婦には多様なパターンあり

さてそんな医者夫婦の住宅事情ですが、子供の有無にかかわらず、まずは賃貸っていうのは鉄則ですね。

一方で、親からの贈与や資金援助で、研修医と同時に分譲マンションを与えられ夫婦もいます。

確かに私立大学の医学部などに通っている場合には、学費時代で数千万円必要ですから、家庭の経済環境として、マンション1部屋なんてのは、負担ではないのかもしれません。

そのほか私たちのように、賃貸→分譲マンションに行く人もいます。8000万円くらいのマンションを購入した夫婦もいますね。

勤務地の問題をどう捉えるかが、重要

いずれにしても若い夫婦の場合には、医局派遣による転勤の可能性がありますし、医局に所属していなくとも、住んでいる場所が変わってしまうことがあります。

ですからよっぽどのことがない限りは、まずは首都圏では資産価値の維持しやすいマンションを購入するというのが一般的な流れかもしれません。

さて年齢を重ねてきて、40代と50代位になってくると、勤務する病院も固定されてきます。この頃になると、自らクリニックを開業した医師や、医局人事を離れて療養型の病院に就職する場合もあると思います。

そうすれば事実上、人事異動とは無縁の生活になりますから、晴れて一軒家を購入しようかと言う段階になるかと思います

実際に40歳を超えてから、ある程度働く場所に目処がついてから、一軒家を購入する夫婦が多いように思います。

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

医者だと毎朝NHK連続テレビ小説をみるのが難しい

NHKの朝の連続テレビ小説は毎朝8時から放送されていますね。

普通の医者はNHK朝の連続テレビ小説を見ることができない

私はたいてい朝起きると、テレビをつけてNHKにチャンネルを合わせます。

そしてだいたいニュースを見ているわけですが、午前8時からはNHKの朝の連続テレビ小説がはじまりますね。

ただ、医者の場合は、たいていどんなに遅くても8時までには家をでなければなりません。ですから、通常はNHKの連続テレビ小説を見ることができないわけです。

病院の始まる時間

たいていの病院では、9時前位から外来が始まりますから、病棟の患者さんの回診や朝のカンファレンスに出席しようとすると、どうしても8時半前ぐらいには病院についてなければなりません。

病院が自分の家の隣にあれば、8時からはじまる、連続テレビ小説を全部見てから病院に行くと言うことも可能かもしれません。ただ現実的には無理でしょう。

また外科系の医師の場合は、もっともっと朝早く行かなければならないので、仮に病院が家の隣にあったとしても、NHKの連続テレビ小説を見る事は無理でしょうね。

まあもしかしたら朝早く病院に行って、病院で連続テレビ小説をみるというウルトラCもあるかもしれませんけど、それはあまり聞いたことがないですね。

梅ちゃん先生だけ少し見たことがある

以前違う病院に勤めていた時は、自宅と病院がほとんど離れていなかったので、家を出たらすぐ病院と言うような状況でした。

その時には連続テレビ小説のオープニングテーマだけ聞くことができていました。確か、今は引退した堀北真希主演の、梅ちゃん先生が放映されていました。

梅ちゃん先生は、東京の下町の医師の生い立ちを描いたドラマなんですが、これがまた当時の自分と重なっていて、なんともタイムリーなドラマだったわけです。

うめちゃん先生のテーマ曲を聞くと、当時のつらいことなんかが思い出されます。

 

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?