ドクターカーとは、医者を乗せた救急車のことである

ドラマでもしばしば登場するドクターカーという存在。

救急患者さんの救命率を上げるために、全国都市部のいろいろなところで普及が進んでいます。

ドクターカーとは?

救急車に乗るのは主として救急救命士さんの役割ですが、医者だって乗る場合があるんですね。

主に都市部の地域では、ドクターカーと呼ばれる医者が乗車する救急車が運用されています。

このドクターカーの目的は、患者が病院に搬送されてくるのを待つのではなく、患者が倒れた場所に医者自ら到着し、一刻も早く救命処置を始めると言うものです。

そういえば、そんなタイトルのドラマがありましたね。

実際にやること

実は私も研修医時代に、ドクターカーに乗車したことがあります。勤

務していた研修病院の近くに救急車と救急救命士が待機しており、ドクターカーの要請があれば私たち医者が走っていって、救急車に乗って現場に向かうと言うものでした。

出動要請は病院内の無線で連絡がくるわけですが、出動要請があってからは、短距離走のスタート並みにダッシュするわけです。

もちろん現場に向かう場合には、特にすることもありませんので、現場に着いてからやるべきことの準備をしています。

呼吸が止まっている患者であれば、気管内挿管の準備、大量出血していると言う情報があれば、点滴の準備、ハチに刺されて血圧が低いと言うことであればアナフィラキシーショックを疑い、アドレナリンの準備をしたりします。

運転手さんの運転は荒い

救急車と言うのは、誰でもテンションが上がるもので、それは運転手も同じです。

ある救命士の運転手さんは、どけどけーと言いながら恐ろしいほどのスピードを出して現場に向かっていました

職務ですから、特に問題はないのでしょうが・・・

救急車はサスペンションがあまり備わっていないのか、道路の振動がダイレクトに伝わってきますので、少し道路状況が悪いところを通ると、恐ろしいほど揺れていたことを覚えています。

現場に向かっている間にも、患者さんの情報が指令室を通じて伝えるできます。その情報を逐一把握しながら、次の一手を準備するのです。

現場に到着したら、処置を開始する

いざ現場に到着してからは、時間との勝負です。

患者さんの状況を一瞬で把握し、必要な処置を開始します。

私は研修医と言う身分でしたので、もっぱら点滴のために針を刺したりとか、心臓マッサージをしたりとかを行う役目でした。

ドクターカーが要請されているような案件ばかりですので、基本的には生死をさまよっている方ばかりです。現場では最低限の処置しか行わず、まず病院まで搬送することを常に第一に考えます。

 

患者さんをドクターカーに乗せてから

患者さんを救急車に乗せてからは、搬送先を選定します。

もちろん自分の勤務している病院に搬送するのも選択肢なのですが、それよりも近い病院にベッドの空きがあれば、そちらに指令所を通じて受け入れを要請します。

いざ受け入れ先が決まれば、一目散に患者さんを搬送していきます。

救急車の中では必要な処置を行っていきます。

しかし挿管とか、点滴の針を刺したりとかは動いている車内ではかなり難易度が高いので、実際のところは救急車の中では、薬を追加で投与したりとか、換気のためにバックを押したりとか、ある程度簡単な作業に限られてしまいます。

患者さんを病院に送り届けてから、本格的な処置が始まります。

必要な検査を行い、患者さんに発生している状態を把握し、治療を開始します。

自分の勤務している病院に搬送された場合には、私もチームの一員として患者さんの診療に当たっていました。

近くの大学病院や救命センターに搬送した場合には、必要な情報の引き継ぎを行ってから、自分の勤務する病院に戻っていくことになります。

救急での研修の思い出について

ドクターズマガジンを無料で購読。医師賠償保険の加入なども
先生まだ医局辞めてないんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。