医学部受験における合否は1点の争いになるよという話

医学部受験における特色のひとつというのは、 合格ラインの点数に多くの受験生があつまる、というところがあると思います。

つまり、医学部に合格するのも、不合格になってしまうのも、ほんの少しの差で決まってしまうわけです。

どうしてそのような状況になってしまうのか、考えてみたいと思います。

医学部受験の成績開示結果

私が受験した当時の成績開示の結果は、私の医学部受験の合格最低点から+5点でした。

一方で私の点数から合格最低点までは、10人くらいの合格者が含まれていましたので、合格者下位10人は、5点差の中に集約していたということになるかと思います。

ですから、少しでも点数が取れていないければ容易に合格できていなかったことになります。

ん〜受験ていうのは怖いですね。

ギリギリで合格できなかった学生も、決して合格できる学力がなかったというよりは、国語や英語の単語問題を落としたことによって、惜しくも受験に失敗してしまったということになります。

よく医学部の受験では、仕切り直せば店員の下位半分は入れ替わると言われますが、合格ラインへの受験生の密集度を考えるにどうやら間違いではないようです。

数点差で医学部に不合格になり、その後全く違った人生をあゆむ高校生もいることを考えると、本当に人生はささいなところで変わってしまうというか、受験の怖さを感じずにはいられないですね。

医学部の受験では、一点でも多くとってやろう、という強い気持ちがなければ合格に向かうことができないのではないかと思います。

医学部入試で差がつかない原因

このように、合格ラインに多くの受験生が集中してしまう原因は、地方国立大学の入学試験の問題が、医学部の受験生にとっては簡単すぎることに理由の1つあるように思います。

地方国立大学の医学部の場合には、その他の一般学部、つまりは工学部や理学部と入学試験が同じであることがほとんどでしょう。

医学部のためにわざわざ難しい試験問題を作るとかという手間まではかけてられませんからね。

そのような試験問題は、工学部や理学部の受験生において差がつくように難易度が設定されていますから、全体として医学部の受験生にとっては簡単な試験問題、と言うことになります。

ですから医学部を受験するにあたっては得点差がつく事はあまりなく、得点の分布が小さくなる傾向にあるわけです。

医学部受験で心得ること

医学部の受験ではよく言われることなのですが、ミスをないように取りこぼしのないように試験を終えるということが合格する上で大切になってきます。

わからない問題は、所詮は皆わからないですし、簡単な問題に関してはやはり確実に得点できるということが必要になるわけです。

1点の争いになる受験であっても、日頃から勉強をしっかりと行い、試験当日には全力を出し切ることが必要ですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。