医局と喧嘩別れすることのデメリット。できれば穏便に辞めたほうが良い

大学病院で勤務していたころ、医局を辞める多くの諸先輩方を見てきました。

中には医局に不満をぶちまけて、喧嘩別れしていく先輩医師もいました。

ただし今になって思うのは、医局と仲違いしてやめてしまうのは、あまり得策ではない、ということです。可能ならば良好な関係を保ったまま、医局をやめていきたいものです。

医局と対立した先生は、辞めざるを得なかった

医局に所属していたA先生は、大学病院における給料の面での不満を、医局に何度も言っていたそうです。

ふとした時に、その裏側で上層部がどのようなやりとりをしているかを見聞きすることがありました。

上層部の医師たちが話し合っていたのは、どのようにしてA先生の給料上げるかということではなくて、どのようにして彼の意見を押さえつけるか、反論するかということでした。

つまり医局の上層部の人間は、医局の問題点を解決するということに関しては全く興味がなく、むしろどのように安定的な組織運営を行なっていくか、ということに注力していたのです。

つまりは内部告発からどのように問題を解決するかと言うことよりも、内部告発した者をどのように排除するかということに重点が置かれているようでした。

その不満を述べたA先生は、翌年からの非常に不遇な病院での勤務を命じられていました。

その人事でA先生は、いろいろと思い悩むことがあったのでしょうか、結局医局をやめていくことになりました。

医局をやめていった人たちの3例

2017.10.08

医局とは対立しない方が得策

もしあなたが、今働いている大学病院の医局にとてつもない不満を抱いていたとしても、それを直接言わない方が無難でしょう。

日本人の悪い習慣としてよく指摘される、「自己主張しないで穏便に済ます」とか、「波風を立てないように流される」という風に捉えられてしまうかもしれません。

ただし、医局の中の立ち振る舞いとしては、実際はそちらの方が自らの利益になる場合があるのではないかと思います。

大学病院の医局と言う硬直化した組織は、長年に渡って不動のものであり、いまさら医局員1人の意見で変わるものではありません。

日本全国の大学病院の医局員が、恐ろしいほどの低い給料に不満を吐き続けているにもかかわらず、現状は一向に変化がありません。

21世紀に入ってもはや20年近く経とうとする現在も、大学病院の医師の時給はコンビニバイトと同じようなのが現状です。

大学病院のお給料は不当に安い。その現状

2017.01.27

医局を辞める際にも、穏便に辞めることが大切

医局を辞めた場合にも、医者として働き続けると場合があるかもしれません。

もし同じ専門分野で働き続けるのであれば、学会や勉強会などで、必ずや顔を合わせことでしょう。日本のどこにいても、知り合いの先生とは、何かしらのコンタクトがあるはずです。

医者を辞めて海外に高飛びするとか言うことでなければ、あまり医局の悪口を言わないで、医局と喧嘩別れしないほうが得策だと思います。

絶対に関わることなんてないだろう、と思っていても、あえて人間関係を破壊する必要はないですね。

心の内側には煮えたぎる不満があったとしても、表面上はニコニコしていれば良いのではないかと思います。それこそが医局とうまく付き合っていく秘訣ではないでしょうか。

医局辞めても生きていける、、かも

2018.01.12



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。