医局に入る時に心得ておくべきこと。これを知らずに医局に入ると後悔するかも

初期研修の2年間を過ごす間に、どこの大学病院のどの診療科に入局するかということを決める必要があります。

医局に入るべきかどうかも含めて、慎重な検討が必要になるかと思います。

ここでは医局に入る際に、心得ておくべきことを書いておきたいと思います。

困ったときには誰も助けてくれない

いきなり失望させるような文言で申し訳ありません。医局とは共同体であるわけですが、残念ながらだれか困っているときには、周囲の人間は助けてくれません。

例えば自分の仕事が忙しいときには、周りの人が助けてくれる事はありませんし、面倒な仕事を代わってくれるわけでもありません。

また評判の悪い関連病院に異動になったとしても、「大変だね」と言ってくれるだけで、手を差し伸べてくれる事はありません。

周囲の人間が冷たいと言うよりは、みんな自分自身のことでいっぱいなのです。

ですから、医局に入れば誰かの助けを得られるとか、仕事をやってもらえるかもしれないといった考えは捨てた方が良さそうです。

トラブルがあったときは要注意

病院内部でトラブルが起こった場合にも注意が必要です。

患者さんとのトラブルがあり、例えば医局のブランドが汚れてしまう場合には、全力で守ろうとしてくれるかもしれません。

ただし個人を切り捨てることで問題が全て解決するような場合には、そのミスに関連する個人が容易に切り捨てられてしまいます。

つまりはトカゲの尻尾切りのような状況が生まれてしまうわけです。だからこそ、医師個人責任賠償保険に加入しておくことは必須となるわけです。

給料が安い

これも大学病院の定番ですが、大学病院からもらえる給料は安いですね。

低すぎる給料を補うために、若手の医師は近隣病院での当直業務をすることが多いですし、ある程度の経験を積んだ先生であれば、週に1日だけアルバイト勤務として外来業務などを行なっていくことになるでしょう。

大学病院のお給料は不当に安い。その現状について考察する

2017.01.27

働く場所を選べない

既にご存知の事ですが、医局に入ってしまっては、自ら勤務先を選ぶことができません。すべて教授や医局長の指示通りに動かなければならないのです。

私も医局に入る際に、妻の勤務地を考慮してもらえますか、と聞いたことがありました。もちろんその時の教授の答えはノーでした

このような勤務先を選ぶことのできない事実を、医局の人事だから仕方ないと割り切るか、より良い待遇を求めて民間病院に勤務するかは、各個人の先生の判断によるところなのでしょう。

上にも書きましたが、医局は個人の希望よりもずっと、組織としての利益を追求します。ですから下っ端医局員の希望なんぞまったく考慮していません。

医局に所属している場合は人事によっていろいろな病院で勤務する必要がある

2017.01.13

大学病院に勤務しなければならない

医局に入ったからには、当然大学病院で何年かは勤務しなければなりません。

今ひしひしと感じるのは、わざわざ大学病院で働かなくても、一般的な臨床医になるということに関しては、医局に入る必要はほとんどないと言うことです。

今や医局の権力と言うのは衰え、医師の労働市場は非常に流動的になっています。

医師の転職を斡旋する企業も、大手から小さいところまで乱立状態です。

ですから、専門医をとって一般的な臨床能力を身に付けると言うことを目標にするのであれば、必ずしも医局に入る必要は無いかもしれません。

大学病院のお給料は不当に安い。その現状について考察する

2017.01.27

女性医師にとっては働きやすいかもしれない

もし1つメリットを挙げるとするならば、女性医師が産休や育休取得する際には、大学病院というのは良い場所であるかもしれません。

大学病院に勤務している医師と言うのは数が多いですから、誰かが休んだ場合には、容易に勤務を交代してもらえるというメリットがあります。

また、同時に周囲の人間の負担がそこまで大きくならないので、気を使わないこともメリットですね。

たとえば当直に関しても、多くの医師で分担して行なっているわけですから、残された医師たちの当直の回数が1.5倍とか2倍になるといった事態をさけることができるわけです。

女性医師における妊娠と出産の難しい問題。キャリア or 家庭のジレンマ

2017.08.24

まとめ

以上が医局に入る前に知っておくべきことでしょうか。

もし、医局で一生働き続ける自信がないのであれば、とりあえずのところ東京の病院で勤務することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。