医師の親たちは教育熱心である。だからこそ医学部に合格できるのかもしれない




私が卒業した某国立大学医学部の同級生のうち、両親が医者だったのは30-40%だったでしょうか。

学力的なものなのか、教育環境が影響するのか、医者の子供が医者になりやすいのはある程度理由があるようです。

医師の人口はせいぜい25万人ですから、医学部と言う世界で考えて、将来の医師のうち30〜40%がその25万人の誰かを親に持つと言うのは、人口比で考えれば恐ろしく相関があると言えるでしょう。

医師以外の職業は様々である

さて残りの70%前後の医学生の親の職業はというと、自営業や会社員、公務員や無職など多種多様でした。

とはいっても、裕福な家庭のご子息が大部分で、親が中央省庁の公務員や弁護士、総合商社勤務などで、学生時代はアルバイトをせずに仕送りを20万円もらうような同級生が多くいました。

奨学金をもらって、アルバイトしながらなんとか生活しているという苦学生は10%もいなかったと思います。

医学部で部活をやっているような場合は、アルバイトの時間が制限されるばかりか、合宿費、遠征費などで生活費以外の出費も増えます。

東大生の親の半分は年収1000万円以上というデータがあることも考慮すると、家庭環境と言うのは子供の学歴にも大きく影響するようです。

私立大の医学部の学生の場合はもっと顕著である

この状況は、私立大学の医学部となるともっと顕著になると思われます。

私立大学の医学部は6年間の学費だけで2000-6000万円にのぼります。一番安い慶應大学ですら6年間の学費は2000万円です

さらに親元を離れて一人暮らしするとなれば、トータルで5000万円くらいの教育費、生活費がかかるのではないでしょうか。

働き始めて実感している事ですが、私立大学医学部の学生の両親はほとんどが医者です。

政治家の世襲が批判される現代ですが、私立大学医学部という環境もかなり世襲に近いと思っています。

それだけ経済的な余裕があることで、子供にも様々な教育の機会を与えることができているのかもしれません。

医者の両親は教育熱心である

上記を含めて総合すると、教育熱心な両親が多いと思われます。

都市部であれば中学受験をさせて中高私立一貫高校を狙ったり、公立高校であっても幼少期からいろいろな習い事をさせてという家庭がほとんどですね。

そのような高いレベルの教育を与えても、医学部に入学できる学生はほんの一握りです。やはり狭き門と言えるでしょう。

医学部に合格するために必要なこと。とにかく高い学力が最低条件

2018.03.15

医学部受験における合否は1点の争いになるよという話。厳しい戦いです。

2018.03.21

Sponsored Link







関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。