医者vs金融マン.どっちが稼ぐ?一見医者の方が高給に思えるが単純ではない




週刊ダイヤモンドに興味深い記事がありました。

医者と金融機関に勤務するサラリーマンでは、どちらの方が収入が良いのか?を検証した記事です。

右図は厚生労働省が実施する賃金構造基本調査のデータを使って、年齢階層別の賃金を大手金融機関と比較したものだ。

一目瞭然なのは60歳以降の賃金水準。金融機関は50~54歳にピークがきて、定年を迎える60歳過ぎには半分以下に急落する。

一方、医師の賃金は50歳代でピークとはなるが、60歳以降も大きく減ることはない。しかも、これまで見てきたとおり、その水準は極めて高い。ここが生涯賃金の決定的な違いとなることが分かる。

ダイヤモンドオンライン 2018.1.30

さて、医者の方がお給料が良いってのは本当でしょうか?

本当に生涯賃金は医者の方が良いのか

グラフを参照する限りは、30代以降は概ね医師の方が平均賃金は高いことになっています。

そしてその差は、金融マンが退職を迎える60歳になると大きく開いていますね。このグラフをみると、なるほど医者の方が生涯賃金は多そうです。

しかし、医者の賃金を考える上で心得ておかなければならないことがいくつかあります。

いろんな事情を考慮すると、給料はほとんど変わらないであろう

医師は時間外労働が圧倒的に多い

医師には時間外労働がつきものです。毎日10時まで残業だけであれば、金融マンと変わらないでしょう。

しかし実際は休日の当番で午前中は病院にいかなければならなかったり、当直で30時間以上連続勤務ということも、しばしばあります。

しかし時間外労働で支給される手当はどこの病院でもせいぜい1時間あたり2-3000円程度ですし、当直に至っては常勤医の場合はかなり安く買い叩かれている現状です。

仮に医師の時間外労働が1万円とすると、一般外科医は週に50時間以上は残業しているでしょうから、給料は+50万円以上となってしまうでしょうね。

毎月50時間残業したからといって、間違いなく50万円の残業手当が出るわけではありません。そんな余裕は病院もありません。

医者の場合には時給換算すると、決して高収入とはいえない医師もたくさんいると思われます。

常勤医の病院当直とアルバイトの病院当直。常勤医師は買い叩かれている!

2018.01.10

医師には退職金がない

勤務医の場合は、医局の意向に従って勤務地を数年ごとに変わります。

医者の世界においても、医局に所属している限りは一つの病院にずっと勤務するということはありません。

したがっって退職金は、生涯を合算しても1年間の年収に満たないケースがほとんどです。

大学病院に5年くらい務めた場合の医師の退職金が、たった10万円という笑えない話もあります。

一方でそれなりの企業に勤務している場合には、数千万円単位の退職金が支給されることでしょう。この辺りが医師と金融マンの差でもあります。

医者の福利厚生は貧弱である

そのほか医者の福利厚生は貧弱です。

特に大学病院に勤務している場合には、せいぜい交通費くらいしか手当がないんです。

転居に伴う引っ越し費用は自費で負担となりますし、医局派遣で地方病院で勤務する場合にも、赴任手当、寒冷地手当はありません。

一方で福利厚生のしっかりした銀行や証券会社ではどうでしょうか。

これらの企業では各種手当はもちろん、企業年金などの福利厚生も充実していることでしょう。

このような種々の福利厚生を考慮すると、医師と金融マンの差は予想されるほどに広くないのが現状かと思います。

勤務医の福利厚生はたいへん貧弱である。えっ、私の福利厚生なさすぎ…

2018.04.30

そもそも60歳まで働きたいか、という疑問

 医師・歯科医師・薬剤師調査という別の調査では、診療所医師の平均年齢が分かるが、なんと59.6歳。

一般企業では定年となる歳が開業医の平均値なのだ。高齢者となっても仕事が待っている。これこそが、医者という職業の最大の魅力であろう。

医者には定年は存在しないですね。

60歳を超えて第一線を退いても、検診や老健施設などでゆるーく働いておられる先生は多くおられます。

60歳以降は医師の方が圧倒的に給与が多いと書いてありますが、そもそも60歳になってまで働きたいでしょうか?

もし現役時代に十分な収入があり、定年後は悠々自適に生活するということが可能であるならば、ほとんどの人は60歳を過ぎてから働くことはないでしょう。

医師として働くことのメリット

ここまで医師の給料は大して高額ではない、というスタンスで書いてきましたが、金融マンよりも医師の方が良い理由もあります。

それは医師の場合は技術職・資格業であり、病院が潰れたとしても再就職先を探すのが容易であること、また医局を離れてフリーランスの医師になれば、ある程度勤務地の選択が自由であること、などが挙げられますでしょうか。

これは企業にはないメリットだと考えています。

医者になって良かったことを6つ列挙してみる。意外と医者になって良いことはあった

2018.02.08

Sponsored Link







関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。