常勤医の病院当直とアルバイトの病院当直。常勤医師は買い叩かれている!

病院の当直業務と一口にいっても、2種類のパターンがあるわけです。

一つは、ある病院に常勤医として勤務しながら、その病院で夜間休日の当直を行う場合です。

そしてもう一つは、大学病院などに勤務している際に、給料の補填をする目的で療養型の病院で当直をするという勤務多形です。

病院の常勤医が当直を行う場合

これは大学病院や、大きな総合病院では当たり前の事ですね。

常勤として働いている先生が、9時から5時までの通常勤務を終えて、その後に夜間の当直を続けて行うことになります。

夜間当直の忙しさは病院によっても様々です。

普段かかりつけの患者だけに対応する病院もあれば、地域の患者全体を受け入れているような忙しい病院もあります。

後者の場合は、ほとんど忙しくて眠れない夜もあります。

アルバイトの当直医を雇う場合

一方で小規模な病院の場合には、常勤の医師の数が少なくなっていることが多いです。

例えば常勤の医師が8人ぐらいしかいない病院があったとします。

この8人全員が当直業務を行えれば良いですが、実際のところは院長や腹院長といった方々は60歳前後ということも多々あります。

ですから常勤の医師であっても、上層部は当直をするだけの気力も体力もないことがよくあります。実際に労働力として当直を行える当直医が3人とか4人とかになってしまいます。

このようになってしまうと、常勤医だけで当直を振り分けたとき、一人当たりの1ヶ月の当直回数が10回とか、少々無理な割り当てになってしまうことがあります。

このような場合には、当直業務だけをアルバイトの医師に任せるということが行われます。

アルバイトの当直医師は、大学病院から派遣されてくることが多い

このようなアルバイト当直医師は、たいていは大学病院のどこかの医局から派遣されてくることになります。

大学病院の若手の先生は、大学病院での勤務を終えた後、そのまま当直病院に移動します。そして一晩を過ごし、翌朝大学病院に戻って行くという勤務を行うことになります。

移動のことも考えると、大学病院の若手の先生にとっては結構辛い勤務になるのですが、大学病院の給料が低いため、その給料を補うと言う点で、致し方ない面もありますね。

トータルで見ると、小規模な病院にとっては、大学病院の若手労働力が確保できるメリットがあります。

一方で大学病院の若手医師にとっては、収入源となるアルバイト先が確保できると言うお互いにメリットがある関係が生まれます。

アルバイト当直の給料の相場

アルバイト病院での当直料は、平日の夜であれば大体4万円から6万円程度となっています。休日の場合には、24時間の勤務で8万円から10万円といったところが相場でしょうか。

もちろんこれは年末年始の場合にはバブルが起こります。私が今までで見た中で1番高額だったのは、12月31日から1月1日にかけての当直で、24時間ほぼ寝ているだけで15万円と言うものでした。

寝ているだけで時給6.000円という、一般のアルバイト相場からはかけ離れた優良案件なわけですね。ただこれは貴重な正月を病院の中で過ごさなければならないので、なかなか勇気が要る選択であります。

医者が行うアルバイトとはどういうものか。その時給は1万円以上が相場

2018.02.20

こう考えてみると、常勤医は当直に関して搾取されている可能性がある

さてアルバイトへの当直給料はなかなか高額なことを書きましたが、一般病院に勤務している常勤医が、自分の病院で当直をする場合には、当直料はせいぜい1-2万円程度です。

これは一般的な相場からすると、明らかに安く買い叩かれています。たぶん1-2万円で一晩当直業務をお願いします、と求人募集をかけても、間違いなく医者は集まらないでしょうね。

これは裏を返してみれば、総合病院や大学病院の常勤医師は、当直業務と言う名のもとに安く買い叩かれていることになります。

まとめ

常勤で勤務している医師が、その病院にで当直業務を行う場合、不当に安い金額で当直業務を行うことになります。

これは見方を変えてみれば、安く買い叩かれているということになります。

常勤医であっても、自分の行なっている仕事に正当な対価が支払われているのか、ということを十分に意識する必要がありそうです。

常勤とアルバイトだと、アルバイトの方が稼げる医者の不思議

2018.02.21



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。