研修医などにみられる”ゆるふわ女医”の傾向。男性上司の評価は高い




ゆるふわ女医とは、ゆるっとして、ふわっとした女医さんのことですね。

イメージとしては、雑誌に出てくるような若くて、ファッショナブルで、スタイルの良いおおよそ病院にはそぐわない女性が、医者として働いている感じです。

このようなゆるふわ女医というのは、必ずや病院の中で目にしますから、その特徴と対策を知っておきましょう。

ゆるふわ女医は服装が派手

ゆるふわ女医の特徴の1つには、服装が派手な場合が多いかと思います。

普通は上下白が基本なのですが、ゆるふわ女医の傾向として、ワンピースとタイツの上に長白衣を着ているだけという場合もあり、とても病院の中の服装にはそぐわない人も多いです。

また髪の毛も派手であって、色を染めているのはもちろんのこと、派手なパーマをかけていたりもします。

さらには香水をつけている先生もいたりして、吐き気のある患者さんの吐き気がさらに増強するという悲劇も起こり得ます。

仕事ができない傾向がある

このようなゆるふわ女医の先生方と言うのは、概して仕事があまりできないことが多いかと思います。あまり外見だけでレッテルを貼ってはいけないのですが、やはり仕事に集中していない傾向はあるように思います。

そもそも仕事に熱心でないからこそのゆるふわ女医であるわけであって、真面目に一生懸命いろんなことを頑張る先生はあまり多くはいません。

外来では第三者からみていて全く理解できない薬を処方していたり、患者さんに対して適当な対応をしていることもお見かけします。

研修医の場合だと、病棟の業務が終了していないのにも関わらず病院からいなくなっていたりとか、遅れて病院にやってくるなんてこともよくあります。

仕事を依頼してもやんわりと断られてしまったり、自分の仕事の範囲はきっちりと区切りをつけているような印象なわけです。

ですから、ゆるふわ女医の周辺で発生する仕事の雑用部分は、男性医師や真面目な女性医師がフォローする羽目になるのです。

診療科の傾向。マイナー診療科に多い

そんなゆるふわ女医たちが比較的多く存在しているという診療科もある程度限られてきます。

内科や外科など、一般的に忙しい診療科では、身だしなみに気を使ったりとか、ファッションや趣味に時間を割くことも制限されてきますから、どうしても時間的に余裕のある診療科にゆるふわ女医が多くみられることになります。

やはり絶対的な数が多い診療科ということになると、皮膚科や眼科など、麻酔科などのオン・オフがはっきりしている診療科になるでしょうか。

そこからさらにゆるふわ度が進んだ女医さんということになると、美容皮膚科とか老人ホームとか、第一線を退いたところで働いている女医さんということになるでしょうか。

上司への対応はうまい

このようなゆるふわ女医は、同僚からの評判は芳しくありません。

一方で彼女たちはそのふわふわ加減をもってして、診療科の部長など良い年したおじさん連中からは良い評価を得ていることもあります。

研修医の場合には、得てして仕事で評価される部分はあまりないですから、飲み会で楽しく会話ができるかどうか、容姿が良いかどうかなどの女性としての部分が評価される傾向にあります。

ゆるふわ女医はこのあたりは得意ですから、つまりは女の武器をフル活用して、上司からは高評価を得ていることが多いかと思います。

若い美人女医が得すること・損すること。良いことばかりではない

2018.04.08

しかしゆるふわ女医の対応はうまい

おじさん医師たちからアプローチを受けるゆるふわ女医たちですが、彼女たちは男性の対応には長けています。

同世代の男性との交友関係も多く、恋愛経験も豊富ですから、男性たちをうまく手玉にとる方法は心得ています。

女性の本質的な部分がみえていない男性医師などは、状況を顧みずにアタックしたりしていますが、もはやゆるふわ女医の思う壺なわけです。

総合的には賢く生きている

同僚たちよりも仕事をせず、自由に気ままに生きているゆるふわ女医なのですが、お給料はちゃんともらっています。彼女たちは少ない仕事量で、同僚の医師と変わらない給料を得ているわけです。

にも関わらず、若い女性であることでおじさん医師たちの評判は良いわけですから、総合的には賢く生きていることになるでしょうか。

すごくかわいい医学部女子の性格や特徴。天は二物を与えてしまった

2018.03.01

Sponsored Link







関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。