輸血を拒否する患者さん。自己決定権をどこまで尊重するか悩ましい




患者さんの中には、宗教的な信仰に基づいて輸血を拒否される方がいます。

このような患者さんへの対応は、すごく難しいのです。

実際に経験した輸血拒否の症例

私もある病院で勤務していた頃、輸血を拒否する患者さんを担当したことがありました。

その患者さんは侵襲的な処置が必要だったのですが、一通りその処置の説明をして最後のところで、私が輸血が必要になる場合と話したところ、

(私は宗教上の理由で輸血はできません)

と言われてしまいました。

こうなると非常に困ってしまいます。

どんな治療だって、輸血に至るほどのリスクがないものはありませんから、輸血拒否となってしまえば侵襲的な治療をすることができません。

一方で患者が治療を拒否したのだから、治療せずに死んでも仕方がないとするのは簡単ですが、果たしてそのような考えが受け入れらるかは大いに疑問です。

どこからともなく親戚が現れて、医療裁判になってしまえば、医療者側の正当性を主張するのは相当に疲れそうです。

どうすれば良いか迷う

当時私が勤務していた病院にはそのようなマニュアルがなく、私1人の判断で動かなければならない状況でした。

それに医師になってまだ数年しか経過していないような状況でしたし、上級医に相談しようにもあまり真剣に取り合ってもらえず、すごく困った記憶があります。

無理やり輸血することに同意させるのは、難しい話だとなんとなく理解していましたし、かといって輸血をしないで死にゆく患者さんをただ傍観しているのは倫理的にありえない話です。

最終的には私の判断、勤務している病院で対応できる案件ではないと考え、近隣の総合病院に搬送することにしました。

どうやら輸血拒否の患者さんを積極的に受け入れる病院がいくつかあるそうで、患者さんの中ではある程度知られているようです。

輸血拒否に関する判例

このような輸血拒否の意志を示される患者さんの対応は、実に注意しなければなりません。

生命を救う目的で輸血を行なったにも関わらず、裁判で敗訴した事例があります。

エホバの証人輸血拒否事件(エホバのしょうにん ゆけつきょひじけん)とは、宗教上の理由で輸血を拒否していたエホバの証人の信者が、手術の際に無断で輸血を行った医師、病院に対して損害賠償を求めた事件。輸血拒否や自己決定権について争われた法学上著名な判例である。

WIkipedia: エホバの証人輸血拒否事件

これは輸血拒否の方針をとっている患者の手術で、明確な同意を得ることなく輸血を行なったが故に、精神的な苦痛を理由に病院側が提訴され、敗訴した事例です。

この裁判は非常に有名な裁判なのですが、医療者側にとっては衝撃的です。命よりも自己決定権が尊重されているのです。

輸血拒否と医療者側の葛藤

輸血拒否をされる患者さんにおいて、果たして本当に自己決定権が優先されるべきか、生命の維持が優先されるべきかは、難しい問題です。

患者さんの自己決定権が優先されるべきなのは間違いありませんが、だからと言って患者さんを見殺しにしても良い訳ではありません。

早く死にたい」と病院でおっしゃる患者さんに、安楽死を勧めることはありえないことです。

一方で輸血拒否の信条が宗教的理由に由来している場合には、その考えが尊重されてしまうのですから、なんともわからないところです。

輸血拒否の患者に対する最近の病院の傾向

生命に危機が及ぶ場合にどのように対処するのかは難しい問題なのです。

現在では上記の判例を参考にして、十分な説明と同意のもとに輸血を拒否するという患者の自己決定権を尊重するような流れがあるようです。

現在私が勤務している病院においても、輸血を拒否する患者さんが治療を受ける場合には、十分な説明と同意のもとに、何がっても輸血をしない方針となっているようです。

しかしながら緊急自体の場合には、患者さんに十分な説明を行うことも、同意を得ることの余裕もないでしょうから、いつか必ず乗り越えなければならない壁が発生するでしょう。

生命に危機が及ぶ患者さんに向けて「血しますか?」なんて質問しなければならない事態が発生するでしょう。

医者が行うインフォームド・コンセントの概要。どんなことを話しているのか

2017.09.18

Sponsored Link







関連する記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。